• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【境界通信室】謎のAMAIM「ゴースト」の新たな姿を紹介&プラキット情報!【境界通信室】謎のAMAIM「ゴースト」の新たな姿を紹介&プラキット情報!【境界通信室】謎のAMAIM「ゴースト」の新たな姿を紹介...

【境界通信室】謎のAMAIM「ゴースト」の新たな姿を紹介&プラキット情報!

2021.12.25

境界通信室 月刊ホビージャパン2022年2月号(12月25日発売)

境界戦機通信室

進化する漆黒のAMAIM

 SUNRISE BEYOND×BANDAI SPIRITSによる新作ロボットアニメーション『境界戦機』に関するさまざまな情報をお伝えしていく「境界通信室」。今回は謎のAMAIM「ゴースト」の新たな姿を紹介。現在発売が決定しているプラキット情報とともにお届けしよう。

公式サイト https://www.kyoukai-senki.net/
公式 Twitter @kyoukai_senki
プラモデルシリーズ公式サイト https://bandai-hobby.net/site/kyoukai-senki/

放送・配信情報

●放送情報
テレビ東京  毎週月曜日 25:30〜26:00
MBS     毎週火曜日 27:30〜28:00
BS11    毎週金曜日 19:00〜19:30

●配信情報
BANDAI SPIRITS公式YouTubeチャンネル
(アーカイブ配信)ほか
毎週水曜日 20:00〜

MECHA

ゴースト マークⅡ

ゴースト マークⅡ
▲ケンブやジョウガンとの戦闘で大破したゴーストが自己修復・進化により変貌を遂げた姿。ジョーハウンドのもので補っていた右腕は本来の形を取り戻し、頭部の形状も変化。背面に装備していたECM(Electronic Countermeasure)ユニットは肩装甲に内蔵され、新たにサブアームが追加されている

ジョーハウンド

ジョーハウンド
▲北米同盟軍所属機。北米同盟軍の一世代前の主力AMAIM。人型メカとしてバランスの取れた機体で、汎用性の高さが特徴

ストークキャリー

ストークキャリー
▲北米同盟軍所属機。AMAIM輸送用のジェットヘリ。高速で戦場へとAMAIMを輸送する、機動作戦の要である

ゼリーゼジアマン

ゼリーゼジアマン
▲大ユーラシア連邦軍所属機。高性能な指揮官機。有人機としての運用にも対応可能なように設計思想から刷新された新型機。全体のシルエットもソボーテジアマンよりも人型らしさが増した

ケンブ

ケンブ
▲左腕に腕部超熱振式戦闘爪を追加。マウントラッチに装着するタイプではなく、前腕ごと交換する方式

ジョウガン

ジョウガン
▲主武装を45mm速射拳銃2挺に変更。両肩に装甲擲弾砲を装備したことで中距離戦闘に特化させている

plastic kit info.

●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●プラキット

「ゴースト Mk-Ⅱ」キット化決定!!

 北米同盟軍のブレイディハウンド4機を相手に猛威を奮った「ゴースト Mk-Ⅱ」がHGシリーズで発売決定。頭部、肩部、脚部など、形状が異なる箇所を新規型で再現している。

HG 「ゴースト Mk-Ⅱ」 後ろ
HG 「ゴースト Mk-Ⅱ」
▲キット画像を見ると元のゴーストとの共通部分がより分かりやすい。肩の新規装甲に赤いラインが追加されたことでより凶悪になった印象を受ける
HG 「ゴースト Mk-Ⅱ」 肩後部展開状態
▲肩後部の副腕の展開状態を再現可能。ハンドパーツは指を閉じた状態と開いた状態が付属
HG 「ゴースト Mk-Ⅱ」 ワイヤー再現
▲前腕から射出されるワイヤーをリード線で再現。先端部の形状も細かく造形されている

HG 1/72 ゴースト Mk-Ⅱ

●3300円、受注中、2022年4月発送予定●1/72、約16cm●プレミアムバンダイ販売アイテム

北米同盟軍の旧型機をプラキット化!!

 北米軍同盟軍の旧型機体「ジョーハウンド」がHGシリーズにラインナップ。ごく一部にHGブレイディハウンドと共通パーツがあるものの、ほぼ全身を新規型パーツで構成している。

ジョーハウンド
▲HGゴーストで腕だけ先にキット化されていたこともあり、期待していたユーザーも多いのではないだろうか

HG 1/72 ジョーハウンド

●2640円、4月予定●1/72、約12cm

武装変更でプラキットオリジナルカスタマイズ!!

『境界戦機』プラキットシリーズに付属する各種武装がセットアイテムになって登場。武装変更でプラキットオリジナルカスタマイズが可能となる。

HG 1/72 境界戦機ウェポンセット
▲各キットに付属する武装類がセットされている。左銃持ち手が付属するのが嬉しいところ

HG 1/72 境界戦機ウェポンセット(仮)

●1650円、2022年4月予定●1/72

「FULL MECHANICS メイレスケンブ
(初回限定クリア外装付き)」テストショット到着!!

 フレーム+外装構造に精密ディテールが施されたハイスペックキット「FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)」のテストショットが到着。付属のマーキングシールを貼った状態をご覧いただこう。

「FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)」のテストショット
▲全身の細かなディテールに加え、マーキングシールを貼ったことでより面密度が高められている。HGキットでは再現されていない装甲部のライトグレーや指基部の白まで色分けされている点にもご注目いただきたい
FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ 後ろ
FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ
▲外装を一部外した状態。前腕や太モモのメカディテールが細かく再現されているのが確認できる
付属するマーキングシール
付属するマーキングシール 2

▲付属するマーキングシールのデザインは本アイテム用に描き起こされたもの。「CAUTION」や「DANGER」といったオーソドックスなものから、主に関節部に使用する「LOCK」、漢字で「危険」や「注意」といったものなど幅広く収録される。関節部のライトはメタリック3Dシールを採用しており、起動時=グリーン、関節負荷時=レッドを選択して貼ることができる

初回限定に付属する「クリア外装」
▲初回限定に付属する「クリア外装」。こちらを使用することで、外装を付けた状態でフレームに造形されたメカディテールを確認することができる
60mm携行機関砲、超熱振式戦闘直刀、腕部超熱振式戦闘爪、盾付短剣
▲60mm携行機関砲、超熱振式戦闘直刀、腕部超熱振式戦闘爪、盾付短剣が付属。機関砲はマガジンが着脱可能で上部には弾の形状が造形されている。右下のパーツは未完成状態を再現するときに使用する肩のフックパーツ
コクピットハッチ
▲コクピットハッチが開閉。コクピット内装も再現されており、同スケールのアモウフィギュアが搭乗可能。ハッチ天井にあるVRバイザーも可動する
腰部リアアーマーの昇降アームギミック
▲腰部リアアーマーの昇降アームギミックを再現。さらに、コクピット搭乗姿勢とは別に搭乗中のシーンをイメージしたアモウフィギュアが付属
FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ 武装

FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)

●5280円、2022年1月予定●1/48、約20cm

北米同盟軍AMAIM出撃!!

 北米同盟軍のAMAIM「HG 1/72 ブレイディハウンド」は2022年1月発売。人型シルエットながらも航空機然とした独特な形状をシャープに造形している。

ブレイディハウンド
▲武装は専用ライフル(グレネードランチャー装備)、専用ナイフ×2が付属

HG 1/72 ブレイディハウンド

●2640円、2022年1月予定●1/72、約13.6cm

HGブレイディハウンドと連動!!

 北米同盟軍のAMAIM輸送用ジェットヘリ「HG 1/72 V-33 ストークキャリー」も2022年1月発売。コクピット内部や各種武装を再現。ランディングギアは差し替えで駐機状態/飛行状態を再現できる。

HG 1/72 V-33 ストークキャリー 後方
HG 1/72 V-33 ストークキャリー
ブレイディハウンド輸送
▲別売りのHGブレイディハウンドと組み合わせることで輸送状態を再現
ジョウガン 後ろ
ジョウガンに装着可能な武装および左銃持ち手が付属
▲別売りのHGジョウガンに装着可能な武装および左銃持ち手が付属

HG 1/72 V-33 ストークキャリー

●3080円、2022年1月予定●1/72、約20cm

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年2月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.6

ご購入はこちら

サンライズ・メカニック列伝

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー