• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • VF-25G スーパーメサイア クラン・クラン【コボパンダ】  ホビージャパンエクストラ Vol.23VF-25G スーパーメサイア クラン・クラン【コボパンダ】  ホビージャパンエクストラ...VF-25G スーパーメサイア クラン・クラン【コボパンダ...

VF-25G スーパーメサイア クラン・クラン【コボパンダ】  ホビージャパンエクストラ Vol.23

2021.11.29

VF-25G スーパーメサイア クラン・クラン 【コボパンダ】 ホビージャパンエクストラ vol.23(11月29日発売)

VF-25G スーパーメサイアクラン・クラン

塗装表現の使い分けでメカはメカらしく、ガールはガールらしく

 「マクロスモデラーズ」発足と同時に参加したメーカーのひとつ、アオシマ文化教材社が手がけ「V.F.G.(VARIABLE FIGHTERGIRLS)」(以下、VFガール)はマクロスのメカに女の子プラモデルの要素を加え、さらに可変戦闘機の3段変形も盛り込んだ“愛”と“希望”に満ちたアイテム。2018年4月の第1弾アイテムからシリーズを重ねるごとに、各種仕様をアップデートさせる縦軸展開と作品に寄せたキャラクター性を盛り込む横軸展開を見せ、「マクロス」プラモデルにおける確固たる地位を築いている。本書にてコボパンダが製作したクラン・クランは初の劇中登場キャラクターをキット化したもので、今後の「VFガール」展開にさらに期待を持たせたアイテム。作例はメタリック塗装やキャンディ塗装を駆使して、見た目にメリハリを持たせている。

VF GIRL

クラン・クラン
正面
クラン・クラン
背面

▲ゼントラン体型とマイクローン化の際の幼い体型のちょうど中間のようなイメージで立体化されたVFガールのクラン・クラン。大きなツインテールは基部で可動するのでさまざまな表情付けができる

「割れてないメガネ」パーツ
▲幸せの世界線「割れてないメガネ」パーツが付属するのもファンには嬉しいポイント

「VFガール クラン・クラン」製作指南

解説/コボパンダ

1 スーパーパーツの合わせ目処理

スーパーパックパーツ
▲スーパーパックパーツは組みやすい仕様になっていますが、合わせ目が中央にあってやや目立つので、瞬間接着パテを盛ってきれいに処理します
シアノンを使って合わせ目消し
仕上がり

▲瞬間接着パテはシアノンを使用。少し厚めに盛って、瞬間硬化スプレーと併用して作業していきます。作業効率もアップし、ヒケも出ないのでとても便利!

2 髪の毛パーツの合わせ目処理

髪の毛パーツは前後貼り合わせ部分に合わせ目
スポンジヤスリで整形

▲髪の毛パーツは前後貼り合わせ部分に合わせ目があるので、瞬間接着パテで埋めた後にスポンジヤスリで整形します

フレッシュサーフェイサーを吹いて下地
▲フレッシュサーフェイサーを吹いて下地を作ります
濃いブルーを塗布
▲サーフェイサーが乾燥したら、濃いブルーを塗布します
裏側と表側でブルーに濃淡
ライトブルーを2種作り、グラデーション塗装

▲裏側と表側でブルーに濃淡をつけ、さらに表側はライトブルーを2種作り、グラデーション塗装をしていきます

3 リボンパーツのキャンディ塗装

リボンパーツ
▲リボンパーツにキャンディ塗装を施します。下地で簡単に濃淡を付けていきます
シルバーで下地
ピンクを薄っすらと乗せ

▲薄いピンクパープルは、シルバーで下地を作り、希釈済みツヤありクリアーカラーと混ぜたピンクを薄っすらと乗せるように塗布します

少し遠くから何度かに分けて塗布
▲一度に塗料を乗せようとすると垂れてしまうので、少し遠くから何度かに分けて塗布していくと垂れずに均一クリアーカラー層ができます

4 スーツパーツのキャンディ塗装

スーツ部分
グレーで下地

▲スーツ部分にもキャンディ塗装を施します。まずはグレーで下地を作ります

メタリックピンクを吹き付け
クリアーピンクを吹き付け

▲サーフェイサーが乾燥したらメタリックピンクを吹き付け、さらにその上から溶剤で希釈したクリアーピンクを吹き付けました。こちらも要領は一緒ですが、濃いめのキャンディ塗装を目標にしているので、塗布する回数も増えます

5 付属のシールを使用してマスキング塗装

グレー下地
明るいホワイト

▲マスクしたい部分をあらかじめ塗布するため、グレー下地から明るいホワイトを乗せてよく乾燥させます。乾燥したらシールを圧着させて塗装します

シールを丁寧に剥がし
完成

▲塗料がしっかり乾燥したら、シールを丁寧に剥がして完成です。シールは模型用の綿棒を使ってしっかり圧着させるのがコツです

プラスチックスプーンなどで塗料の乗り具合や、塗布回数を確認
▲キャンディ塗装は事前に100円ショップなどで購入したプラスチックスプーンなどで塗料の乗り具合や、塗布回数を確認しておくととても楽になります。メタリック下地の確認や、クリアーコート後の光の反射などにもとても便利です
クラン・クラン
アクション
▲髪の毛や肌のツヤなしとメタリック感のあるスーツ部分でメリハリが付いて、見た目の印象に変化を与えている

FIGHTER

FIGHTER
前面
FIGHTER
背面
▲スーパーパーツを新規金型で再現したファイターモード。キットのメサイアはミシェルが搭乗したブルーを基調としたVF-25Gだが、作例ではクラン・クランが劇中で搭乗しているクァドラン・レアのカラーに合わせてレッドを基調としたカラーにアレンジした
ドラグノフ・アンチ・マテリアル・スナイパーライフル
▲クラン・クランと同じくらいの長さを持つ、ドラグノフ・アンチ・マテリアル・スナイパーライフルも新規造形。格納時と展開時がそれぞれ付属する

GERWALK

GERWALK
▲「VFガール」ならではのライド形態となるガウォークモード。パーツ差し替えで取り付けるハンドルグリップやメカ脚ふくらはぎ上部が展開するフットペダル、外側に露出されるエンジンユニットなど、「VFガール」オリジナルのギミックが盛り込まれている

BATTROID

BATTROID
バトロイドモード
▲バルキリーをパワードスーツのように着込む形状となるバトロイドモード。上半身が二人羽織のようなポジションとなり、脚部はエンジユニットが外側に露出したことでできた空間に「V Fガール」の脚が収納される

超! 大ボリュームなスーパーキット

 「VFガール」初となるスーパーパック仕様のVF VF-25Gに加えて(ノーマル仕様とコンパチ可能)、マイクローン化との中間のような少女体型で絶妙なバランスのクラン・クラン。もちろん「VFガール」特有のガウォーク、バトロイドも完全再現となっており、さらにスペシャルボーナスパーツ(差し替え)でアーマードクラン形態も再現可能と、大ボリュームすぎて目を回してしまいそうなキットです。今回の作例はスーパーパック仕様で、塗装に重きを置いてメタリック塗装、キャンディ塗装を中心に、シールを使ったマスキング塗装法などで製作しました。

クラン・クラン

 ツインテールは上下分割で合わせ目が気になるので、瞬間接着パテを盛って丁寧に処理。髪の毛パーツはシャープで造形もよいので、パーティングラインをスポンジヤスリで丁寧に処理するだけでさらに見映えがよくなります。太モモや肩、胴体の一部の合わせも同様に処理していきます。スーツはメタリックとキャンディ塗装にチャレンジしてみました。スーツのピンク部分は濃いキャンディ塗装にしたかったので、下地をメタリックピンクにしてクリアーピンクを吹き付けています。パープルはGXカラーのメタルバイオレットですが、下地をライトグレーにしてやや明るくしています。髪の毛はグラデーション塗装でライトブルー→ブルーになるように塗布しています。

VF-25G

 VF VF-25Gはクランの乗機であるクァドラン・レアのカラーを参考に、ブルーからレッドにカラー変更してみました。スーパーパーツはグレーメタリック調とし、見映え重視で派手なイメージにしています。付属のシールは精度もよく、とても貼りやすいのでこちらを使ってマスキング塗装してみました。マスクしたい部分を下地のカラーで先に塗布しておき、充分に乾燥後、シールをしっかり貼り付けてマスキング塗装します。シールマスキングのコツはシールをしっかり密着させることで、ホビー用綿棒(少し固めで便利です)でシール部分を圧着させると上手くいきます。

塗装

クラン・クラン
髪の毛=スージーブルー+パープル+ホワイト
スーツ白=ホワイト(下地)→パールホワイト
スーツピンク=メタリックピンク(下地)→GXクリアーピンク
スーツパープル=ライトグレー(下地)→GXメタルバイオレット

VF VF-25G
レッド=イタリアンレッド
ホワイト=アルティメットホワイト
メタリックグレー=シルバー+メタルバイオレット+メタルブルー+フレームメタリック
フレーム=フレームメタリック[[1]]→ツヤ消しトップコート
スラスター類=焼鉄色

VF-25G スーパーメサイアクラン・クラン

青島文化教材社 ノンスケール プラスチックキット
“ヴァリアブルファイターガールズ”

VF-25G スーパーメサイアクラン・クラン

製作・文/コボパンダ


 こちらの作例は本日発売「ホビージャパンエクストラ Vol.23」の特集 マクロスモデラーズにて掲載されております。この他にもウェーブ、ハセガワ、BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン、マックスファクトリーから発売されている「マクロス」プラモデルの作例をお届けしています。
 企業の枠を超え「マクロス」アイテムをリリースしてきた「マクロスモデラーズ」のこれまでの歩みと現在、そしてこれからの展望をインタビューや注目アイテムを通して知ることができる一冊となっております。「マクロス」40周年のアニバーサリーイヤーに合わせて是非 「ホビージャパンエクストラ Vol.23」 をご覧ください!

ホビージャパンエクストラ23表紙

購入はこちら

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2007 BIGWEST/MACROSS F PROJECT・MBS

コボパンダ

関連記事

関連書籍

ホビージャパンエクストラ vol.23

ご購入はこちら

マクロスモデリング VF-31ジークフリード VS Sv-262ドラケンⅢ編

ご購入はこちら

マクロスモデリング マクロスΔ編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー