• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 「FGEA08 ゼリーゼジアマン “アクチャーブリュ”」『境界戦機 フロストフラワー』登場機体をフルスクラッチ!【SSC】「FGEA08 ゼリーゼジアマン “アクチャーブリュ”」『境界戦機 フロストフラワー』登場...「FGEA08 ゼリーゼジアマン “アクチャーブリュ”」『...

「FGEA08 ゼリーゼジアマン “アクチャーブリュ”」『境界戦機 フロストフラワー』登場機体をフルスクラッチ!【SSC】

2021.10.22

FGEA08 ゼリーゼジアマン“アクチャーブリュ”【スクラッチビルド 1/72】 月刊ホビージャパン2021年11月号(9月25日発売)

アクチャーブリュトップ画

気高き鉄鬼

 大ユーラシア連邦の実験部隊を率いるユーリが搭乗するゼリーゼジアマン“アクチャーブリュ”をSSCがスクラッチで製作。主にプラ板の箱組みから形状を起こし、一部ほかキットからのパーツ流用も駆使してカイたち“極光”の前にたちふさがる「鉄の鬼」を作り上げている。本機のメカニックデザインは寺岡賢司氏が担当している。

アクチャーブリュとソボーテジアマン
▲同じく寺岡氏がデザインを担当しているソボーテジアマン(製作/田中康貴)とのツーショット。頭身やシルエットは大きく異なるが、肩アーマーの形状や腰アーマーの配置など、各所に共通項が見られる
アクチャーブリュ立ち
▲本機は大ユーラシア連邦が運用するAMAIM、ゼリーゼジアマンのカスタマイズ機。頭部形状と機体カラーが変更されている。ペットネームの“アクチャーブリュ”はロシア語で「十月」を意味する
アクチャーブリュ俯瞰アップ
アクチャーブリュ頭部
▲頭部は市販のバーニアパーツにエポパテを盛って整形。側頭部のスパイクはビルダーズパーツHD「MSスパイク01」を使用。胴体との接続はHGBCボールデンアームアームズのボールジョイントを使用
武装はライフルとナタ
▲武装はライフルとナタを装備。ライフルはソボーテジアマンと共通だが、ナタはより大型のものを装備する
肩口上面の装甲
ボールデンアームアームズのジョイントで可動式
▲胴体はブロックごとにプラ板の箱組みで作ったものを接続。肩口上面の装甲はボールデンアームアームズのジョイントで可動式にしている
肩アーマー加工
▲肩アーマーはジャンクパーツを加工したもの。肩関節にRE/100ディジェの肩関節パーツを使用し、アーマーはボールデンアームアームズで接続。上腕は1/60ブロッケンのもの、前腕はHGリーオーのスネを使用。ヒジ関節はボールデンアームアームズの関節パーツ。側面の丸モールドはプラ板をサークルカッターで切り出した。ハンドパーツはHGBC次元ビルドナックルズを使用
腰部はプラ板でブロックごとに接続
▲腰部はプラ板でブロックごとに接続。腹部は市販のバーニアパーツを使用し、胴体との接続はボールデンアームアームズを使用
肩アーマーアップ
脚付け根
▲脚付け根はRE/100ディジェの肩関節を使用。太モモは1/60ブロッケンのもの、スネはMGトールギスEWのものにエポパテを盛って整形。ヒザ関節はボールデンアームアームズを使用し、側面の丸モールドはサークルカッターで切り出したもの
靴部
▲靴部は市販の関節パーツを基部にプラ板で作ったつま先とかかとを接続。つま先は1mm真鍮線を軸にして可動する
脚アップ
アクチャーブリュ
製作途中状態
製作途中状態後ろ
▲製作途中状態。プラ板をベースにしている箇所、ほかキットを使用している箇所がよく分かる
REAR
SIDE
FRONT
ライフル
ナタ
ライフルとナタ

▲ライフルはプラ板とプラ棒、プラパイプから、ナタはプラ板で製作。ライフルのグリップは塗膜剥げを考慮して装備時、非装備時を別々に製作して差し替え式にした

アクチャーブリュライフル構え
アクチャーブリュ振り向き
▲ゼリーゼジアマンはロシア語で「鉄鬼」を意味しており、青いカラーに身を包む“アクチャーブリュ”はまさに青鬼。今後、カイたちとどのような戦いを繰り広げるのかにもご注目

■はじめに
 現在放送中のアニメ『境界戦機』に登場する大ユーラシア連邦のAMAIM「ゼリーゼジアマン」。今回製作したのはそのゼリーゼジアマンがカスタマイズされたライバル機! 顔が違ったり色が違うライバル機って燃えますよね。原型機はOP映像中にチラっと…。

■製作
頭部:センサー部分はゴッドハンドのビットブレード1mmを使って彫りました。チンガードは2mmプラ棒を線香で熱して折り曲げたもの。側頭部のトゲはビルダーズパーツHD「MSスパイク01」から流用。首は市販のバーニアパーツで、接続にはHGBCボールデンアームアームズのボールジョイトを使用しました。
胴体:腹部は市販のバーニアパーツを上下組み合わせて使用。接続はボールデンアームアームズのボールジョイントを使用。腰部サイドアーマーは1.5mmプラ板にリューターで溝を彫って神ヤス!で整形しました。
腕:肩アーマーはちょうどよいものが手元になく、アップデート版のHGオージの使用しない旧太モモパーツを芯にエポパテで加工。肩関節はRE/100ディジェの肩関節パーツ。上腕は『機動警察パトレイバー』シリーズの1/60ブロッケンのパーツにエポパテを盛って整形。ヒジ関節はボールデンアームアームズを使用し、側面の丸モールドはサークルカッターで切り出したプラ板を貼り付けました。前腕はHGリーオーの脚パーツを使用しています。
脚:股関節はRE/100ディジェの肩関節を使用。太モモは1/60ブロッケンの太モモパーツにエポパテを盛って加工。ヒザ関節はボールデンアームアームズを使用。ヒジ関節と同様に丸モールドはサークルカッターで切り出したプラ板を貼って整形しました。スネはMGトールギスEWのものをエポパテで整形しています。

■塗装
本体青=MSブルーZ系+ホワイト
赤=マルーン+パープル
黄色=黄橙色+ホワイト
緑=エメラルドグリーン
関節=グレーバイオレット
ライフル=エクストラダークシーグレー
ナタ刃=リトルアーモリーカラー ステンレスシルバー
ナタ峰=スターブライトアイアン
『境界戦機』のキットで発売予定の特殊運搬車、めっちゃよくないですか? 古来よりサンライズロボットアニメにたびたび登場するロボットを大型トレーラーに搭載して運ぶシチュエーションて良いですよね!

アクチャーブリュ

1/72スケール スクラッチビルド

FGEA08 ゼリーゼジアマン “アクチャーブリュ”

製作・文/SSC

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

SSC(エスエスシー)

関連記事

PAGE TOP
メニュー