• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 公式外伝『境界戦機フロストフラワー』の主役メカ「HG 1/72 メイレスビャクチ」 を設定に合わせて製作公式外伝『境界戦機フロストフラワー』の主役メカ「HG 1/72 メイレスビャクチ」 を設定...公式外伝『境界戦機フロストフラワー』の主役メカ「HG...

公式外伝『境界戦機フロストフラワー』の主役メカ「HG 1/72 メイレスビャクチ」 を設定に合わせて製作

2021.10.14

KM-01 ビャクチ【BANDAI SPIRITS 1/72】 月刊ホビージャパン2021年11月号(9月25日発売)

不完全な新鋭機

KM-01 ビャクチ

『境界戦機』プラキットシリーズ第1弾であり、公式外伝『フロストフラワー』の主役メカ「HG 1/72 メイレスビャクチ」がついに発売。今回はグラデーション塗装の題材として本アイテムを使用しているが、こちらは外伝主役機としてレビュー。とてもよくできているので、一部のやや気になるところに手を加えた以外はストレートに製作。設定画に合わせて全体的に青みがかった機体カラーを丁寧に塗り分けて完成させた。

KM-01 ビャクチとセツロ
▲相棒のユキが搭乗する「セツロ」(製作/仲井望)とのツーショット。同じブルー系の機体カラーがチーム感を印象づける
ビャクチ 一本角
▲額の一本角が力強さを感じさせるデザイン。後部に2本のアンテナが伸びる本編主役機ケンブとは異なる魅力を持つ
ビャクチ立ち
▲独特な脚部形状がスタンダードな人型メカとは異なる印象を与えるシルエット。左腕には汎用携行盾を装備
ビャクチ後ろ
▲背面のウェポンラックは、右に60mm携行機関砲(多弾倉型)、左に四連装誘導弾携行発射機をマウント
平手パーツ
▲設定画を参考に握り拳を製作。キットの平手パーツの指部分をすべてカットし、代わりにビルダーズパーツHD「MSハンド04 連邦系・Lサイズ」の指パーツを移植。親指は同ハンドパーツのライフル持ち手から移植し、より立体感が出るようにしている
機体ナンバーは付属のマーキングシール
▲肩やシールドの機体ナンバーは付属のマーキングシールで再現。0〜9までの数字が入っているので、ビャクチの「01」以外の組み合わせにすることもできる
ビャクチ
▲引き出し式の肩、片持ち式で1軸構造のヒジおよび袖、捻り動作も可能な腹部、3軸可動でなおかつ各部に干渉しない脚付け根、各爪が独立可動し左右スイングによる接地性も高い靴部。シルエットを崩すことなく、極めて人体に近い自然な挙動を可能としている
つま先パーツ
▲つま先パーツはフレーム内側の肉抜きをエポパテで埋めてプラ板でディテールを追加。爪自体の内側切り欠きはプラ板と瞬間接着着パテで埋めている
靴基部やかかとパーツ
▲靴基部やかかとパーツにも肉抜きがあるのでエポパテで埋めた
靴素組み比較
▲キット素組み(左)との比較。キットは濃い成型色なのでそこまで目立つものではなく、気になるなら処理しておくくらいでよいだろう
ビャクチ後ろ
ヒザアーマー裏
▲ヒザアーマー裏にやや大きめの開口部があるのでエポキシブロックで装甲を新造して埋めている
ふくらはぎ上部内側
▲ふくらはぎ上部内側の肉抜きはエポパテで内部装甲を製作して埋めた
ふくらはぎ後ろの装甲板
ふくらはぎ後ろのシリンダー
▲ふくらはぎ後ろのシリンダーと装甲板は設定画を参考に作り直し。元のパーツを切り欠いてプラ板の箱組みとプラパイプを組み合わせたものを新造している
ビャクチ脚後ろ

ビャクチRIGHT
ビャクチFRONT
ビャクチREAR
LEFT
素組みとの比較
素組みとの比較後ろ

▲キット素組み(左)との比較。大きく手を加えたところは握り拳の製作やふくらはぎのシリンダーの再現くらいで、あとは細かなディテールや肉抜き処理を行ったのみ。キット本来の完成度の高さがうかがい知れる

背部の可動アーム
▲背部の可動アームは軸部分に極薄のエッチングパーツを使用してディテールアップ。肉抜きはすべてエポパテで埋めている。ガンラックの肉抜きはプラ板でフタをした。「目盛り付きプラ板0.5mmがとても便利です」(コボパンダ)
機関砲
携行盾
▲機関砲は瞬間接着パテで丁寧に合わせ目を消した後、放熱孔を2mmのドリルで開口。携行盾は設定画に合わせて0.1mmの真鍮線でフックを自作している
機関砲素組み比較
携行盾素組み比較
武装各種
ビャクチ銃構え
ビャクチ銃構え
ビャクチポージング
▲柔軟かつダイナミックなアクションが可能。また、機体各所にハードポイントを搭載しており、汎用性・拡張性が高いのも本機の特徴。今後の活躍にもご期待いただきたい

■反抗の機体
 レジスタンスが強奪した大ユーラシア連邦の新型機で、リカラーリングされたカラーが渋めで最高にカッコいいです。キットは作りやすい上に可動も申し分なく、腕の形状のおかげもありますが、機関砲がグリングリンできるのが楽しいです。ぜひアクションポーズで飾っておきたいですね! 作例では足まわりを中心に、出来のよいキットをさらに見映えがよくなるように製作しました。

■工作
 3本指(?)の靴部はつま先パーツの内側がすべて肉抜きになっているのでエポパテで肉抜きを埋め、丁寧に処理した後にプラ板と瞬間接着パテでディテールを作り直しました。かかとや接続軸の肉抜きも少し見えますので、同様に埋めます。ヒザ関節とふくらはぎの合わせ部分は隙間があるので、エポパテで内部装甲を新造しています。ふくらはぎ後ろのシリンダー部分は、キットパーツを切り欠いてプラ板を箱組みしたものをはめ込み、シリンダーをプラパイプで自作して貼り付けて奥行きがでるようにしました。ハンドパーツは握り拳を追加製作しています。キット平手パーツの指をすべてカットし、代わりにビルダーズパーツHD「MSハンド04」の握り指パーツを移植しました。親指はライフル持ち手を移植し、より立体感がでるようにしています。背部の可動アームは肉抜きをエポパテで処理し、軸部分にエッチングパーツを使いディテールアップ。機関砲は放熱孔を2mmのドリルで開口し、盾は設定画に合わせて真鍮線でフックを作りました。

■仕上げ&塗装
 装甲パーツのモールドは0.1mmのタガネで彫り直しています。凹凸がある部分が多いので、任意の太さに短冊切りにした1mmプラ板に紙ヤスリやスポンジヤスリを両面テープで貼り付けて、パーティングラインを消しています。塗装は設定画に合わせて渋めに、サフを吹いた後に色味の薄い順で、黄色→青→グレーの順でマスキング塗装をしました。
装甲薄い青=ニュートラルグレーⅠ+ミディアムブルー+MSレッド(少量)
装甲濃い青=ディープオーシャンブルー+ニュートラルグレーⅠ+スージーブルー+MSレッド
黄=タン+シャインイエロー+ニュートラルグレーⅠ
関節色&武器→メカサフ ライト+ディープオーシャンブルー+MSレッド

KM-01 ビャクチパッケージ

BANDAI SPIRITS 1/72スケール プラスチックキット “ハイグレード”メイレスビャクチ 使用

KM-01 ビャクチ

製作・文/コボパンダ

HG 1/72 メイレスビャクチ
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2640円、発売中●1/72、約14cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

コボパンダ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年11月号

ご購入はこちら

サンライズ・メカニック列伝

ご購入はこちら

HJメカニクス09

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー