HOME記事キャラクターモデル【装甲騎兵ボトムズ】第4回全日本オラタコ選手権(2024年)審査員特別賞各審査員5名+ホビージャパン編集部による審査員特別賞6作品をピックアップ!

【装甲騎兵ボトムズ】第4回全日本オラタコ選手権(2024年)審査員特別賞各審査員5名+ホビージャパン編集部による審査員特別賞6作品をピックアップ!

2024.05.15

審査員特別賞 月刊ホビージャパン2024年6月号(4月25日発売)

 前回まででご紹介した大賞、金、銀、銅賞の他に、各審査員5名+ホビージャパン編集部でそれぞれ目に留まった作品を選んでいただいた。ここではその審査員特別賞6作品をピックアップ!


高橋良輔賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「レリーフモデルスコープドッグ」

レリーフモデルスコープドッグ

Dianaさん(大阪府・51)

 プラ板を平面に貼り合わせたレリーフ状のスクラッチモデル。プラ板の微妙な角度付けと明暗2面の塗り分け、プラの材質を活かした表面にスジ彫りやパテなどでテクスチャーやダメージ表現で、二次元のものを立体的に見せている。

ボトムズグッズにあってもいいかもと思える完成度でした。(高橋良輔)


大河原邦男賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「ボックスアート風スコープドッグ」

ボックスアート風スコープドッグ

annkoromoti(大阪府・52)

 BANDAI SPIRITS 1/20スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版)を使い、天神英貴氏のポックスアートを再現。地面は石粉粘土や綿を使用。背面はゴミ箱を加工し、そこにスコープドッグを描き込んだボックスディオラマとなっている 。一見イラストと見紛うほどの仕上がり。


野本憲一賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「1/20 ポイゾナスクラブ」

1/20 ポイゾナスクラブ

曲者(東京都・55)

 『青の騎士ベルゼルガ物語』より、ポイゾナスクラブを1/20スケールでスクラッチ。数少ない藤田一己氏のイラストを参考に、既存キットのフレームパーツを活用しつつフル可動モデルとして完成させている 。

異形なスタイルのATをうまいバランスで立体化しています。(野本憲一)


只野☆慶賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「Machine Trooper」

Machine Trooper

RYO(東京都・16)

 ATのご先祖様的存在のMTを、重機に近いものと考えて1/35スケールで製作。昔ロボット工学を専攻していた父親のアドバイスを受けながら、機構や構造を固めたとのこと。さまざまなキットのジャンクを使い 、見事に自身の理想の形に近づけている。

MT(マシントルーパー)をモチーフに工学的考証を掘り下げる姿勢が素晴らしい! 若き才能を称えたい。(只野☆慶)


サンライズ賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「スコープドッグ30」

スコープドッグ30

青田零時(愛知県・40)

 タカラ1/35スコープドッグレッドショルダーカスタムを使い、高火力装備パーツに換装。キットのプロポーションを改修。追加武装はプラ材によるスクラッチとなっている。

『スーパーロボット大戦30』のDLCに出た機体を模型にしていただきありがとうございます!  


ホビージャパン賞

第4回全日本オラタコ選手権審査員特別賞「HGエアーレイドッグ」

HGエアーレイドッグ

しょぼんぬ(長崎県・40)

 HGスコープドッグにHGBDグリモアレッドベレーのバックパックをミキシングし空戦仕様に。スコープドッグ本体も太モモ回転ロールのオミットなど細々と手が加えられている。

こういう遊びがまさにHGスコープドッグの醍醐味のひとつ自由な発想がグッドです!


\この記事が気に入った方はこちらもチェック!!/

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©サンライズ

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年6月号

ご購入はこちら

HJメカニクスアーカイブ 装甲騎兵ボトムズ編

ご購入はこちら

装甲騎兵ボトムズ40周年展 ディオラマ作品集

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー