HOME記事ガンダム「MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka」を早くも製作! キットの素性を最大限活かした繊細な工作&成型色に合わせた塗装でキットレビュー!

「MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka」を早くも製作! キットの素性を最大限活かした繊細な工作&成型色に合わせた塗装でキットレビュー!

2024.05.12

RX-9/C ナラティブガンダム C装備【BANDAI SPIRITS 1/100】●哀川和彦 月刊ホビージャパン2024年6月号(4月25日発売)

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 特撮

キット仕様を活かして
プラスアルファの塗装で丁寧に仕上げる

 本機は『機動戦士ガンダムNT』終盤、『不死鳥狩り』作戦が中止となり、ダマスカスから搬出される際に急造仕様で増加装甲としてサイコフレームを装備。ヨナは単身ヘリウム3備蓄基地に向かい、Ⅱネオ・ジオングとの最終決戦に臨んだ。
 キットはHGシリーズでは再現していないサイコフレームの差し替えによる素体⇔C装備の換装を一部パーツの差し替えで実現。設定に準拠しつつもガンプラ的な解釈を盛り込むことで、サイコフレームのスムーズな着脱を可能とした。今回の作例はキットの素性を最大限活かすべく、繊細な工作が際立つ哀川和彦に製作を依頼。サイコフレームの着脱を考慮して各パーツを丁寧に整形。キットの成型色に合わせた塗装にメカモールドを際立たせる部分塗装を加え、キット付属のマーキングデカールを貼って完成させている。

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 
▲ナラティブガンダム素体に外付けでサイコフレームを取り付けた「サイコ・パッケージ」とも呼ばれる仕様。キットのサイコフレームはMGユニコーンガンダム Ver.Kaへの取り付けも可能とするために基本形状は同キットのものと同様だが、パーツ表面にモールドが追加されたアップデート版になっているのが特徴だ
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 背面
▲C装備の背面アングル。ビーム・ライフルの予備マガジンはユニコーンガンダム同様に腰部リアアーマーにマウント可能。ビーム・キャノンとミサイルが装備されたシールドはνガンダムを彷彿させる
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 
▲サイコフレームパーツのゲート跡は2000番までヤスリがけを行い、ウェーブのヤスリスティックフィニッシュで磨き上げている
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 コア・ファイター
▲コア・ファイターは主翼および垂直尾翼の翼端を削り込んでシャープ化
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 素体状態
▲こちらが素体状態。劇中でも「やせっぽっち」と称されるように、上腕および太モモに外装がなく細身の体型になっている。またコア・ファイターのキャノピーがむき出しになっているなど、試作機らしさも感じる

ナラティブガンダム>>>ナラティブガンダム C装備

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 素体ライフル装備
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 横

▲ナラティブガンダムの素体からC装備への換装を解説していこう

❶CHEST

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 胸部素体
▲胸部天面外側のパネルをはね上げ、スリット部最外のパーツを斜め下にスライド。脇腹のパーツを斜め後ろ側にスライドさせる
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 胸部サイコフレーム装着
▲各部に隙間が空くので、ここにサイコフレームを差し込む。最後に脇下にセンサー状パーツを装着する

❷WAIST

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 下部を大きく開く
▲腰部フンドシ部分は上部をやや上向きに可動させ、下部を大きく開く
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 中央部のパーツをサイコフレームに交換
▲中央部のパーツをサイコフレームに交換する
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 フロントアーマー下側をスライド
▲フロントアーマーは下側をスライドさせ、2パーツで構成された上側をいったん外す
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 白いパーツの裏に造形されたモールドがサイコフレームの裏側に見える
▲サイコフレームを取り付ける前に上側の内側のパーツを左右入れ替える。これによって厚みをほぼそのままに、さらに白いパーツの裏に造形されたモールドがサイコフレームの裏側に見えるようになる
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 サイドアーマー 内側モールド
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 サイドアーマーサイコフレーム取り付け

▲サイドアーマーはヒンジを利用してサイコフレームを取り付けることで、外側アーマーがスライドしてサイコフレームが露出したように見せている。内側アーマー内部にもモールドが造形されている

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 リアアーマーの外側パーツを開く
▲リアアーマーの外側パーツを開く。隙間から見えるパーツにもメカモールドが造形されているので、メタリック塗装でモールドを際立たせている
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腰部 スラスターノズルが付いたサイコフレームを取り付け
▲リアアーマーを開いたことで空いた隙間にスラスターノズルが付いたサイコフレームを取り付ける

❸SHOULDER

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 肩部差込口
▲肩上部の装甲をスライドさせると差込口が露出する
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 肩部サイコフレーム装着
▲露出した差込口にサイコフレームを取り付け、さらに前面に外装とサイコフレームで構成されたパーツを肩の内側から差し込んで取り付ける

❹ARM

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腕部素体
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 腕部サイコフレーム装着

▲前腕下側をいったん外し、後ろ側の外装を開きつつ袖のフレーム部分を押し込むと取り付け部が露出するので、ここにサイコフレームを取り付ける

❺FOOT

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 靴部素体
▲靴部分を足首から引き抜き、足甲アーマーを開くことでサイコフレームが差し込めるようになる
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 靴部サイコフレーム装着
▲足首部分は上からサイコフレームを被せるのみとなる

❻THIGH

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 太モモ素体
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 太モモサイコフレーム装着

▲太モモは内側のカバーを開き、丸で囲った素体での隙間隠し用のパーツを寝かすことでサイコフレームを取り付けられるようになる

❼LEG

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ヒザ素体
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ヒザサイコフレーム装着

▲ヒザを180度曲げ、上下に分割したヒザアーマーをさらに広げる。丸で囲った内部パーツを開くことで各部に隙間ができるので、上からサイコフレームを差し込む。曲げたヒザを戻してふくらはぎのカバーを開く

❽BACK PACK

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 バックパック上部開く
▲バックパックは上部カバーを開き、内部パーツをいったん取り出す
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 バックパックサイコフレーム装着
▲内部パーツから左右の丸型パーツを取り外し、サイコフレームに取り付けた状態でバックパック内部に戻す

before⇒after

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 素組比較
▲キット素組み(左)との比較。今回はできる限りキットの仕様を活かした作例なので形状に変更はないが、そもそもキットの完成度が最高レベルのものなのでストレートに組み上げるだけでも充分といえる。作例はキットに造形された細かなモールドを際立たせることを目的に、スジ彫りの彫り直しや一部モールドの塗り分けを行ったのみで仕上げている
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 サイコフレーム発光
▲サイコフレームは蓄光素材になっており、ブラックライトを当てることで発光しているように見せることができる。また、この状態だとサイコフレームに造形されたモールドをよりくっきり視認することが可能だ
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ビーム・ライフル分離
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ビーム・ライフル
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ビーム・ライフル上部のセンサー脱
▲ナラティブガンダムはジェガンのものをベースに急造されたビーム・ライフルを使用する。キットではバレル先端と上部のセンサーが着脱可能となっており、差し替えでナラティブガンダム用とジェガン用を再現できる
MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 哀川和彦作例 ビーム・ライフル構え
▲コア・ブロック搭載MSにおける悩みのひとつが胴体部分の可動範囲を狭めてしまう点。腕や脚の自由度に対して胴体部の可動範囲が狭いと、なかなかかっこいいポーズが決まらない。しかし本アイテムでは腰部天面の左右スイングと基部の前屈可動により、胴体部分を可動させずとも柔軟で力の入ったポージングを可能としている

■はじめに
 本アイテムはC装備のサイコフレーム発光状態の他に、グレーの未発光状態のサイコフレームも付属します。また、サイコフレームを付ける前の素体状態も再現でき、コア・ブロックはコア・ファイターに変形可能とてんこ盛りの仕様になっています。今回はファーストレビューということもあり、最低限の基本工作のみで仕上げています。
■工作ポイント
 パーツ数と面の数が多いですが、地道に表面処理をしていきます。またパーツのスライドやサイコフレームの着脱時の塗膜干渉を考慮し、接続部にヤスリがけを行うなどして勘合を調整しています。パネルラインなどのモールドはスミ入れしやすいようタガネで彫り直しました。クリアーパーツのサイコフレームは塗る、塗らないで好みが分かれますが、今回は透明感を優先して塗装せずにゲート跡は2000番までヤスリがけをして磨き上げました。鳥を連想させるコア・ファイターは主翼や垂直尾翼をシャープ化し、後部のエンジンノズルはメタリックカラーでマスキング塗装。コックピットに座るヨナフィギュアは地道に筆塗りで仕上げました。

■塗装
白=ニュートラルグレーⅠ
赤=名鉄スカーレット
青=コバルトブルー
黄=ミディアムイエロー
紺=ブルーFS15044
薄紫=パープルグレー+ニュートラルグレーⅡ
濃灰=MSファントムグレー
薄灰=メカサフ ヘヴィ
 フレームの一部をメタリックカラーで塗り分けてメリハリを出しています。付属デカールを貼り、トップコート後に3Dメタリックシールを貼って完成です。

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “マスターグレード”ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka 使用

RX-9/C ナラティブガンダム C装備

製作・文/哀川和彦

MG ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●7700円、4月27日予定●1/100、約21cm●プラキット


\この記事が気に入った方はこちらもチェック!!/

 サイコフレームの誕生と運用法 

「サイコフレーム」って何? その能力や主要な搭載機を徹底解説!【ガンダム】

人類には過ぎたる未知の技術のサイコフレームとは? サイコミュシステムから発展したサイコフレームとは、どのような技術だったのだろうか? さまざまな奇跡を引き起こし、人類にとっては[…]

 U.C.0090年代の歴史 

「サイコフレーム」を巡るU.C.0090年代の争い!そのストーリーを時系列で解説!

U.C.0093すべてのきっかけとなった「アクシズ落とし」の奇跡 宇宙世紀0090年代初頭は、「恐竜的進化」と呼ばれる過度なモビルスーツ開発の反省から、軍縮に舵を切った[…]

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©創通・サンライズ

哀川和彦(アイカワカズヒコ)

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年6月号

ご購入はこちら

ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムNT編

ご購入はこちら

お気楽ガンプラ製作ガイド お気楽モデリングレベルアップ講座

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー