HOME記事ガンダム「サイコフレーム」を巡るU.C.0090年代の争い!そのストーリーを時系列で解説!

「サイコフレーム」を巡るU.C.0090年代の争い!そのストーリーを時系列で解説!

2024.05.03

人類には過ぎたる未知の技術サイコフレームとは? 月刊ホビージャパン2024年6月号(4月25日発売)

U.C.0093すべてのきっかけとなった「アクシズ落とし」の奇跡

 宇宙世紀0090年代初頭は、「恐竜的進化」と呼ばれる過度なモビルスーツ開発の反省から、軍縮に舵を切った時代である。地球連邦軍の多種多様なモビルスーツはほぼジェガンに統合されるが、一部のエースパイロットからは不満が噴出していた。
 一方、新生ネオ・ジオンを興したシャア・アズナブルは、自身が仕掛ける戦争が小規模に展開することを見越し、少数精鋭のニュータイプ部隊の編制を推進。積極的にサイコミュシステムの開発を進め、革新的な構造部材であるサイコフレームを生み出す。サイコフレームは、ネオ・ジオンにとって大きなアドバンテージとなる技術だったが、シャアはアムロと互角の機体で勝負することを望み、意図的に情報を横流しした。
 初のサイコミュシステム搭載型のガンダムに搭乗したアムロは、自身の望むコンセプトが具現化したことを感じつつも、脳波にダイレクトに反応する特性を「過敏すぎる」と漏らした。
 アムロとシャアという優れたニュータイプ同士、そしてνガンダムとサザビーというサイコフレーム機同士の戦いは、アクシズの落下をきっかけとしてサイコフレームの共鳴を発生させ、人々の意思を結び付けるという現象を引き起こした。この共鳴によって敵味方関係なく、アクシズの落下を防ぐために行動した。これには、チェーン・アギが戦場にもたらしたサイコフレーム片も影響を与えたとされる。やがて過集中となった人の意思がオーバーロードし、サイコフレームは虹色に発光。「アクシズの落下を防ぐ」という奇跡を引き起こす。この事件を受けてサイコフレームには未解明な点が多いと判断され、表面的には封印されるに至った。

▲軍縮の煽りを受けて、前線で戦うアムロたちロンド・ベルは、その戦力差に苦しんでいた。シャアは小規模の戦闘になることを見越し、エース用のニュータイプ専用機を投入する
▲サイコミュ・チップを金属粒子レベルで鋳込み、構造部材として成立させたサイコフレーム。νガンダムは、それをコクピット周辺フレームに採用した
▲アムロ自身がニュータイプ専用機となるνガンダムの開発に着手。アムロのコンセプトを具現化するためにもたらされたのは、シャアから横流しされたサイコフレームだった
▲「情けないモビルスーツと戦って何になる」。シャアの狙いどおり、νガンダムはアムロのポテンシャルを最大限引き出し、サザビーをも凌駕する性能を発揮

▲アクシズの落下を防ぐために、人々の意思がサイコフレームによって共鳴。敵味方を問わず、地球に住むすべての人々がアクシズ落としを防ぐために行動を開始する。最終的に発生したサイコ・フィールドがアクシズを引き戻すという奇跡を引き起こした

U.C.0096人知を超えたフル・サイコフレーム機がもたらしたもの

 宇宙世紀0096年、あくまで表向きは封印されていたサイコフレームだが、「アクシズ落とし」以後も水面下で研究は継続された。地球連邦軍の再編を目的とした「UC計画」では、ムーバブル・フレームの構造部材としてサイコフレームを使用するフル・サイコフレーム機の建造が実現。同フレームを採用したユニコーンガンダムが3機ロールアウト。ユニコーンガンダムはラプラスの箱を巡る「ラプラス事変」において実戦へと投入されると、さまざまな奇跡を引き起こした。
 一方、ネオ・ジオン残党である『袖付き』も、強奪したサイコフレーム搭載型の試作機をシナンジュとして改修し、「赤い彗星」の再来であるフル・フロンタルが搭乗して戦場へと投入された。
 シナンジュはのちにハルユニットとの合体によってネオ・ジオングと化し、疑似サイコフレームである「サイコシャード」を発生させ、2機のユニコーンガンダムと戦闘。フロンタルは意図的にサイコ・フィールドを生み出して「火器を無力化する」というイメージを具現化し、戦いを有利に進めようとした。だが「刻の記憶を垣間見る」という想定外の現象を引き起こし、最終的にはバナージの想いがフロンタルを浄化、ユニコーンガンダムがネオ・ジオングを崩壊させるという結末に至った。
 ユニコーンガンダムが起こした事象で特筆すべきは、コロニー・レーザーから標的となったメガラニカを守るべく、ユニコーンガンダムとバンシィがサイコフレームを共振させ、サイコ・フィールドによってレーザーの威力を相殺させたことだろう。極限にまで共振させたユニコーンガンダムのサイコフレームは結晶化、敵である地球連邦軍のモビルスーツ部隊に対してサイコ・フィールドを放ち、ジェネレーターを停止・分解するという現象を引き起こしている。
 こうした事象を機にユニコーンガンダムとバンシィの危険性を考慮した地球連邦軍とミネバ・ラオ・ザビ派は、協議のうえ、技術的特異点(シンギュラリティ・ワン)と呼称された両機を封印することになる。

▲フル・サイコフレーム機の専用OSであるNT-D。フル・サイコフレーム機の機能を最大限に発揮し、サイコミュ兵器を乗っ取ることすら可能だが、限界活動時間は5分とされている
▲ユニコーンガンダムは強化人間もニュータイプとして認識。バンシィはマリーダ・クルスの搭乗によって運用された
▲パイロットの感応波が高まると、それに呼応してサイコフレームの発光色は緑色に変化する。ガランシェールが宇宙へ帰還する際、ユニコーンガンダムはバナージの感応波に呼応してサイコフレームが緑色に変化。サイコ・フィールドによって、ガランシェールを引き戻した

▲疑似サイコフレームであるサイコシャードを展開するネオ・ジオング。疑似的にサイコ・フィールドを生み出すことで、フロンタルは戦場を意のままに支配しようとした

▲ローゼン・ズールの対ニュータイプ用兵装であるサイコ・ジャマー。遠隔操作端末によって八面体のサイコ・フィールドを形成、範囲内に取り込んだサイコミュ兵器を無効化する

▲コロニー・レーザーを防ぐべく、ユニコーンガンダムとバナージとの親和性が極限にまで高まり、サイコフレームから結晶状の物質が発生した姿。モビルスーツのジェネレーターを分解するという恐るべき現象を引き起こす

U.C.0097『不死鳥狩り』作戦

 ラプラス事変後、地球連邦軍やミネバ派など、ユニコーンガンダムに関係した勢力は、サイコフレームの研究、製造を禁止する協定を結ぶも、複数の組織がサイコフレームを搭載した機体・新技術に着目。なかでも消息不明となっているユニコーンガンダム3号機フェネクスの捕獲は、封印された技術を得る絶好の機会であった。民間企業であるルオ商会のミシェル・ルオもフェネクス奪取に動き、νガンダム以前に開発されたサイコフレーム試験機を近代改修したナラティブガンダムを、ヨナ・バシュタの搭乗によって戦場へ投入する。さらにミシェルは、サイコフレーム同士の戦いによってフェネクスをおびき寄せるべく、Ⅱネオ・ジオングを水面下でジオン共和国へ譲渡していた。
 ジオン共和国のゾルタン・アッカネンの搭乗によって戦場へと投入されたシナンジュ・スタインと、Ⅱネオ・ジオングだが、ゾルタンの暴走によって新サイド6を巻き込む戦闘へと発展。Ⅱネオ・ジオングのサイコシャードによって、新サイド6のヘリウム3タンクを誘爆させて、地球連邦軍艦隊を壊滅させている。
 また、サイコジャックによって地球連邦軍モビルスーツを意のままに操るなど、あらゆるサイコミュ機能によって、フェネクスとナラティブガンダムを追い詰めていく。
 だが、ヨナがフェネクスへ搭乗したことを機に形勢は逆転。デストロイモードへと変身したフェネクスはⅡネオ・ジオングとゾルタンを葬り去るだけではなく、臨界の危機に達していたヘリウム3タンクをも鎮めるのだった。

▲ナラティブガンダムは、フェネクス捕獲のために作られた機体。用意されたオプションは、すべてサイコミュ搭載機をとらえるための機能が装備されている
▲サイコフレーム同士の戦いは、フェネクスを呼び寄せる……。ミシェルの思惑通り、新サイド6にフェネクスは出現した
▲本来はムーバブル・フレームに採用するサイコフレームを、増加装甲として装備したイレギュラーなオプションであるC装備。すべてはサイコフレームによって、フェネクスを呼び寄せるためだった
▲サイコ・フィールドによって、ヘリウム3タンクを武器として使用したゾルタン。イメージを具現化してしまうサイコ・フィールドの危険性を印象付ける事件となった
▲ヨナというパイロットを得たフェネクスはNT-Dを発動させ、Ⅱネオ・ジオング、シナンジュ・スタインを圧倒するのだった
この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年6月号

ご購入はこちら

ガンプラカタログ2024 MG&FULL MECHANICS編

ご購入はこちら

HJメカニクスアーカイブ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー