HOME記事ガールズプラモ和風衣装をまとう「下着素体娘 ジェリー」のドール風作例をお届け! さらに新キャラのイラストも【ギルティプリンセス】

和風衣装をまとう「下着素体娘 ジェリー」のドール風作例をお届け! さらに新キャラのイラストも【ギルティプリンセス】

2023.10.17

Tonyʼsヒロインワークス 月刊ホビージャパン2023年11月号(9月25日発売)

黄昏の黙示 イメージカット

“和風ロリータ”のジェリーが見参!

 Tony×マックスファクトリーのプラモデル企画『ギルティプリンセス』の新情報をお届けする本コーナー。前回のドール風作例となったランに続いて、今回は相方のジェリーが着物テイストのロリータファッションでお目見えとなった。和風衣装に細やかな装飾が注目されるが、髪やフェイスパーツの工作もハイレベル。瞳や顔の描き込みによる製作過程もあるので、ぜひ参考にしてみてほしい。それでは“和ロリ”で揃い踏みとなったラン&ジェリーの2ショットと合わせてお届けしよう。

黄昏の黙示と蒼天の啓示(和風ロリータスタイルのラン&ジェリー)
▲前回のラン作例「蒼天の啓示」との2ショット。ベースとなる衣装のデザインは同じにしつつ対称的な形状で製作
前回の記事はコチラから
後頭部アップ
▲リボンやチェーンでカチューシャを作り、瞬間接着剤で取り付ける。ビーズのクリアーカラーもアクセントとして映えるものとなった
頭部側面
▲髪パーツは、房をクリアーUVレジンで取り付けてアクセントととしボリュームをアップさせた
胴体、胸元
▲下着のバラのモールドを彫り込んで立体的にした。チェーンを谷間に接着して間を通るように見せている
全身画像 正面
▲武器の刀はランから流用し、元の形状から紐で吊るしている。刀身はEx-シルバーの下地にメタリックレッドとブラックのグラデーションにて塗装
全身画像 背面
▲ランのときと同様にロココリボンや布製の造花で装飾を加えている
ポージング画像
▲ジェリーでもキット付属の台座に鳥の羽をあしらってデコレーション
通常顔
▲通常顔のフェイスパーツからオーバーメイクで作り直した
怒り顔
笑顔
ウインク、舌だし

▲その他の表情は加工して、より感情豊かなものとした。瞳部分のカラーはキットそのままのもの

タンポ印刷の顔を参考にアウトラインを描き込む
▲オーバーメイクでの製作ではタンポ印刷の顔を参考にアウトラインを描き込む
アクリルガッシュで下地を塗り
瞳の中のグラデーションを施す

▲アクリルガッシュで下地を塗り、瞳の中のグラデーションを施した

フェイスパーツの比較1
▲フェイスパーツの比較。左頬を瞬間カラーパテで盛り加工し、左眉頭を描き加えた
フェイスパーツの比較2
▲泣き顔では口角を広げて八重歯を追加
フェイスパーツの比較3
▲てへぺろ顔はパテで瞼を作り、まつ毛を描き込んでウインクに変更
振袖部分アップ
▲袖は絹の古布、アンティークレースとロココリボンの組み合わたもの。下で紹介する「蒼天の啓示」のランと比べると色違いで同じ形状のものを使用している
脚部アップ
▲脚には花がらのマスキングテープを使いタトゥー風に塗装した
蒼天の啓示
▲月刊ホビージャパン2023年10月号掲載のラン「蒼天の啓示」。カラーリングも形状も対となる作例となった
前回の記事はコチラから

■衣装最終デザイン&縫製、髪パーツ加工、顔パーツアイリペイント(担当/こねこのしっぽ。)
 ご無沙汰しておりましたが、またまた登場です。
ドールライク作例屋。さんの…こねこのしっぽ。です。前回に引き続きギルティプリンセス下着素体娘、ジェリーちゃんを作りました。前の「蒼天の啓示」と対になるカラーイメージの「和ロリ」仕上げにしています。
 髪パーツは前の作例と同じく、追加髪パーツとして「髪のハネ」部分をUVレジンで製作。パッケージイラストを参考に立体感を持たせるように盛り付け加工しています。部分的にシタデルカラーでぼかしを入れ、ツヤ消しスプレーを吹いて仕上げました。
 胸パーツは上部に瞬間カラーパテ「フレッシュ」を使用し盛り加工して増し増しボリュームアップ! しています。下着パーツのバラ模様は、デザインナイフで彫り込み立体的にして、シタデルカラーで塗装しました。
 衣装の左袖は、前回と同じく絹の古布をベースにアンティークレースを重ね、手縫いでロココリボンやビーズを縫い付けて装飾しています。クリノリンスカートは極小ハトメを使い形をつくり、頭飾りと繋げたチェーンでスカートの位置を固定。
 耳パーツには茶色の薄い革を張り付けました。耳の裏側にはピンクの薄い革が張ってあります。顔の表情パーツはオーバーメイクをして、付属の表情パーツをカスタムしました。ウィンクの瞼、ふくらませた頬は瞬間カラーパテを盛って加工。アイペイントはパッケージイラストを参考にアクリルガッシュで描きました。

■組み立て改修、塗装(担当/よしゅあん。)
 本体は瞬間カラーパテを使用して合わせ目消しを行い成型色を活かせるようにしています。前作のランと同じように脚周りは花柄のマスキングテープを貼り付けガイアカラーのプリズムパステル チェリーピンクブルーで塗装しました。ニーソ部分はMr.フィニッシングサーフェイサー1500ブラックにツヤ消しコートをします。ヒールはピンクサフの上からクリアーレッドでキャンディ塗装をしたものです。
 武器はランに付属していた刀を使用。装飾としてネイルシールとラインストーンを使用して布素材のイメージに合うように。鞘を吊るす紐はアンティークのものを使用しました。

■使用塗料

黒=フラットブラック
赤=ブライトレッド、
金=スターブライトゴールド

プライマリーメタリックレッド→プリズムパステル チェリーピンクブルー
刀身
Ex-シルバー→プライマリーメタリックレッドにフラッブラックでグラデーション

マックスファクトリー ノンスケールプラスチックキット“PLAMAX”下着素体娘ジェリー 使用

黄昏の黙示

製作・文/こねこのしっぽ。、よしゅあん。


新キャラ ダークエルフ グリムリンデ イラスト

今回は現在開発中で原型や設定画は公開されてるものの、まだイラストを一度も描いていなかったグリムリンデという新キャラを初描き。妖精騎士姫エルフィーナのライバル的な設定のダークエルフ。べースの素体はエルフィーナと共通ですが羽根や装備など、全体の雰囲気はガラリと違う闇の妖精って感じで、まあいうとダークヒロイン的なデザインイメージになっています。
バンドロイドと呼んでいる妖精型の2体についてはまだまだ全体像をお見せしていなかったりしますがエルフィーナと合わせて変形ギミックなども盛り込まれていて、そろそろいろんなことが明らかになっていくと思いますので楽しみにしていてください。

イラスト・文/Tony

ⓒMAX FACTORY・Tony/Guilty Princess

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

こねこのしっぽ。、よしゅあん。

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年11月号

ご購入はこちら

プロモデラー直伝!美少女プラモ上達の近道

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.25

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー