HOME記事ガンダムけんたろうがアクリジョン塗装に挑戦! 「νガンダム」エアブラシ塗装でポイントを解説!【水性塗料の教科書】

けんたろうがアクリジョン塗装に挑戦! 「νガンダム」エアブラシ塗装でポイントを解説!【水性塗料の教科書】

2023.10.11

けんたろう「アクリジョン塗装に挑戦」~目指せアクリジョンマイスター~/RX-93 νガンダム & MS-06F-2 ザクIIF2型【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2023年11月号(9月25日発売)

けんたろうがアクリジョン塗装に挑戦! 「νガンダム」エアブラシ塗装でポイントを解説!【水性塗料の教科書】

けんたろう「アクリジョン塗装に挑戦」〜目指せアクリジョンマイスター〜

 GSIクレオスが水性ホビーカラーとともに送り出している水性塗料「アクリジョン」。こちらは水だけでコントロールできるのと、本当に匂いがないのも特徴。シタデルカラーやファレホと同じ仲間に分類されますが、シタデルやファレホよりも少々癖のある塗料になっています。その理由が「筆塗りでもエアブラシでも使える」という二兎を追ったことにあります。シタデルカラーやファレホのように「基本は筆塗りに適していて、薄めればエアブラシもいける」というものではなかったのです。しかしアクリジョンの周辺には「ベースカラー」「エアブラシ専用うすめ液」「リターダー」などが登場し、周辺アイテムの力を使うことでコントロールしやすくなりました。そこで今回は、ライターのけんたろうに、エアブラシ塗装でガンプラを完成させてもらいました。その結果をご覧ください!!

塗る人/けんたろう

 プラモがあればハッピーライフ! 月刊ホビージャパン編集部のどんな無茶振りも笑顔で受け止めるお兄さん。月刊ホビージャパン連載「月刊工具」で、毎度新たな工具やマテリアルに触れていることもあり、どんなオーダーが来てもブレない強さを持っています。


アクリジョンエアブラシ塗装はこの4つがポイントだ!

1 エアブラシ専用うすめ液改は必須!

エアブラシ専用うすめ液改、塗料皿、撹拌棒、アクリジョン塗料1
▲アクリジョンは水でも薄められますが、濃度コントロールがとっても難しいです。専用の「アクリジョン エアブラシ専用うすめ液改」を準備しましょう。匂いもほぼ無いので、安心して使用できます

2 塗料1:うすめ液0.3の割合は死守

エアブラシ専用うすめ液改、塗料皿、撹拌棒、アクリジョン塗料
▲うすめ液のラベルにも「塗料1:うすめ液0.3」の割合で混ぜてくださいと書いてあります。アクリジョンは、元々塗料内に水分が入っているので、うすめ液を入れすぎるとさらに薄まってしまいます。そのためこのようなシビアな割合となっています

3 1回目の塗装はフワッと包むように塗る

塗り重ねの比較
▲こちらは一度塗りから5度塗りまで重ねたプラ板。一度塗りは、下地のプラ板の色が透けるくらいでOK。この状態でしっかりと乾かしてから塗り重ねるのがポイントです

4 ニードル先に固まった塗料を見逃すな!

エアブラシの先端
▲エマルジョン系塗料全般にいえることですが、ニードルの先で固まった塗料が溶けずに固まってどんどん大きな塊となり、結果ノズルが詰まってしまうことがあります。こうなったらアクリジョンうすめ液やツールクリーナーを含ませた筆で、塗料を溶かしてあげましょう

νガンダムをエアブラシ塗装

混色可能!

ミッドナイトブルーとネイビーブルーを混色
▲アクリジョンは混色可能。ボディだけ混色したものを使用。ミッドナイトブルーとネイビーブルーを混色しました

発色の難しい色はベースカラーを混ぜよう

オレンジイエロー、ベースイエローを混色
▲黄色などはなかなか発色しない色です。こういう時は、半分アクリジョンベースカラーを混ぜて塗りましょう。オレンジイエローに、ベースイエローを混ぜて塗装しました
塗装後のパーツ1
▲ベースイエローを混ぜても、発色までは6回ほど重ねて塗りました。塗って乾かしを繰り返して、慌てず他の黄色部分を塗りながら上手く回していきましょう
塗装後のパーツ2
▲一番肝となる白。左がベースカラーホワイトとホワイトを混ぜた塗料で塗ったもの。右は水性ホワイトサーフェイサーをかけてからベースカラーホワイトとホワイトを混色した塗料を塗ったもの。仕上がりは同じように見えますが、サーフェイサーを下地としたほうが塗料の定着も安定し塗りやすかったです
塗装後のパーツ3
▲先ほどと同様の方法(下地に水性ホワイトサーフェイサーを吹いた方法)で塗ったスネパーツ。慌てず塗り重ねれば、このように上質なホワイトが完成します
塗装後のパーツ4
▲アクリジョンは完全乾燥後は、エナメル塗料やウェザリングカラーでスミ入れも可能
デカールを貼っている画像
▲仕上げにデカールを貼ります。別売りのガンダムデカールを使用。アクリジョンの塗面はツヤ消し気味なので、デカールが滑りにくいです
ENTRY GRADE νガンダム
▲ENTRY GRADE νガンダムにHGUCからファンネルとバズーカをコンバート。フル装備にしました
デカールを貼り終えたパーツ
▲しっかり定着させるために、Mr.マークセッターを使います。ノリ成分が残ったりする以外には、塗膜への影響はありませんでした。完全に乾燥した塗膜の強さ……さすがアクリジョン

ENTRY GRADE νガンダム

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “エントリーグレード”νガンダム

RX-93 νガンダム

製作・文/けんたろう

エントリーグレード νガンダム
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●1100円、発売中●1/144、約13cm●プラキット


 前半はここまで!
 後半では、アクリジョン筆塗り塗装のポイントと基本をご紹介。お楽しみに!

\続きはコチラ/

Ⓒ創通・サンライズ

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

けんたろう

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年11月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.29

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー