HOME記事キャラクターモデルMODEROID『太陽の使者 鉄人28号』登場!後ハメ加工と黒立ち上げ塗装で重厚感を演出

MODEROID『太陽の使者 鉄人28号』登場!後ハメ加工と黒立ち上げ塗装で重厚感を演出

2023.07.18

太陽の使者 鉄人28号【グッドスマイルカンパニー】 月刊ホビージャパン2023年8月号(6月23日発売)

太陽の使者 鉄人28号 イメージカット

後ハメと黒立ち上げ塗装で重厚感ある仕上がりに

 1980年放送のTVアニメ『太陽の使者 鉄人28号』より、鉄人28号が初代鉄人28号と同タイミングでのMODEROID化。各関節はもちろん、腰、股間、足首には引き出し式の可動ギミックを採用。スマートなシルエットを崩すことなく、さまざまなアクションポーズに対応。また一部パーツを塗装済みにすることで、誰でも組むだけで太陽の使者版の鉄人28号が手に入るユーザーフレンドリーな内容となっている。作例は塗装の便を考慮し、後ハメ加工を中心に製作。黒立ち上げで重厚感のある仕上がりを目指している。

初代鉄人28号との比較画像
▲同タイミングで発売された初代鉄人28号(月刊ホビージャパン2023年5月号掲載、製作/木村学)との新旧鉄人ツーショット。FXもリリースが決定しているので、世代を超えた鉄人3体のそろい踏みも見たいところ
web記事はコチラ
太陽の使者 鉄人28号正面全体画像
太陽の使者 鉄人28号背面全体画像

▲スマートなシルエットが印象的な太陽の使者 鉄人28号。関節各部は先代のMODEROID マジンカイザーに近い印象で、シルエットを崩さずに可動域を確保できる。作例はアニメイメージで、黒立ち上げの重量感あるフラット仕上げとした

カラーリングデータ

ブルー=#004 ウルトラブルー+ホワイト+マゼンタ(少々)にシアン上乗せ
レッド=#003 ブライトレッドにマゼンタ上乗せ
イエロー=#005 サンシャインイエロー
シルバー=#123 スターブライトジュラルミン
関節=グラファイトブラック

ポージング画像1
ポージング画像2

ポージング画像3
ポージング画像4

▲腰、股関節と足首は引き出し式のスイング機構でシルエットを崩すことなく、幅広い可動域を実現。THE SIMPLE STANDを使えば、必殺技のハンマー・パンチのほかにフライング・キックや飛行ポーズなど、劇中の印象的なポーズが存分に楽しめる

バックパック画像
▲バックパックは劇中通り羽の展開も実現
正面全体画像
側面全体画像
背面全体画像
素組みとの比較画像

▲作例の3面カットとキット素組みとの比較。キットは多色成型+一部塗装済みパーツで構成。本体はメタリックブルーで成型されており、組むだけで設定のカラーリングをほぼ再現できる

ヒジ関節パーツ画像
▲ヒジ関節はイメージ優先で上腕の可動部をオミット。可動により欠けてしまっているシルバーのラインはプラ板で復活させている
前腕部分アップ画像
前腕パーツアップ画像

▲前腕の「28」のモールドは塗装済み。作例では全塗装が前提だったので、マスキング塗装で仕上げている

頭部おパーツ画像
▲そのほか、キットは頭部の黒い部分やベルトのマークも塗装済みとなっている
腹部パーツ画像
▲腹部の赤いベルトは後ハメ化。軸をカットして完成後に接着剤で接着・固定している
バックパック画像2
▲バックパックの羽も固定ピンをカットして後ハメ化した
飛行ポーズ用の頭部、左右平手、クリッパー(正太郎搭乗)画像
▲キットには飛行ポーズ用の頭部、左右平手、クリッパー(正太郎搭乗)が付属する。クリッパーは丁寧に塗り分けた

■はじめに
 このたびMODEROIDから発売される「太陽の使者 鉄人28号」! 前作の鉄人同様出来映えは文句なしの逸品で、力強いスタイルに加え、良く動き、飛行ポーズ専用の頭部まで準備されており、好みのポーズで展示できるという至れり尽くせりのキットです。前回の鉄人はメタリック塗料を活用した完璧な仕上げの作例を紹介してますので、今回はあえてフラットに仕上げの重みのあるアニメチックな作例に仕上げました。

■気になった箇所
 仮組みしてみてスタイル、ディテールともに完璧なのですが、ヒジの可動箇所がどうしても気になったので、ここの可動部を殺してツライチにしました。後は腹部の赤いパーツ。組んだ後にマスキングして塗装仕上げでも行けますが、マスキングが苦手な私は一部パーツを切り離し後ハメ処理しました。背中のバックパックから展開する羽も同様にパーツを切り欠いて後ハメ処理してます。

■塗装レシピ
 黒立ち上げするために、まずはいつも通り黒サフにて下地処理。これに基本色のブルーを乗せて行くのですが、一回や二回では発色してくれませんので、根気よく重ねていきます。ただ、充分に発色するまで重ねると塗膜が上がり、ぼてっとした塗装面になってしまうのである程度のところで手を止めます。最終的にはツヤ消し塗料にて仕上げるので、そのあとの発色を考慮しながら、色ノ源シアンを重ね吹きし、青味を一段階立ち上げてから仕上げました。また、シルバーに関してもきれいなシルバー色ではなく、今回あえて少し濁ったジュラルミン色にて仕上げてます。

■まとめ
 MODEROIDシリーズはMADOX-01に続き2作目になりますが、よく内容が練られ完成度の高い製品で毎度感心してます。今回も飛行ポーズをとった時の頭部パーツがアニメのディテールを損なうことなく別パーツで用意されてるとこなど、ファンにとっては特に嬉しい配慮なのではないでしょうか。最後に私事ですが、オーガスのMODEROID化には正直驚き、ど真ん中世代としては格別の思いで喜んでます♪

グッドスマイルカンパニー ノンスケール プラスチックキット“MODEROID”

太陽の使者 鉄人28号

製作・文/野田啓之

MODEROID 太陽の使者 鉄人28号
●発売元/グッドスマイルカンパニー●4500円、発売中●約16cm●プラキット

Ⓒ光プロダクション

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

野田啓之(ノダヒロユキ)

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年8月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2023年7月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2023年5月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー