• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 「フリーダムガンダム Ver.GCP」をブラッシュアップして製作! 実物大のリアル感を高めるポイントも解説!「フリーダムガンダム Ver.GCP」をブラッシュアップして製作! 実物大のリアル感を高め...「フリーダムガンダム Ver.GCP」をブラッシュアップし...

「フリーダムガンダム Ver.GCP」をブラッシュアップして製作! 実物大のリアル感を高めるポイントも解説!

2023.01.09

ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2023年2月号(12月23日発売)

「フリーダムガンダム Ver.GCP」をブラッシュアップして製作! 実物大のリアル感を高めるポイントも解説!

上海の実物大立像を再現した精密キットを丁寧にブラッシュアップ

 2021年に中国・上海の「ららぽーと上海金橋」に建立された実物大フリーダムガンダム立像。そのプラキット化として話題を集めた「フルメカニクス」版1/100フリーダムガンダム Ver.GCPの作例をご覧いただこう。国内ではガンプラ総合施設やプレミアムバンダイにて販売された本製品は、過去に発売された初代MGやMG Ver.2.0のパーツは使用せず、立像の外観を忠実に再現するべく全パーツを新設計。新解釈の着地用ランディング・ギアパーツや特徴的なハンドパーツを盛り込むことで、組み立てるだけで異国の地に佇む巨大フリーダム像の雰囲気を堪能することができる。ARUEによる作例は、プロポーション改修は最小限度に収め、各エッジのシャープ化とモールドの彫り直し、巨大な立像ならではのウェザリングなど、ポイントを絞った工作と塗装でリアルな存在感を高めている。

▲ジャスティスガンダムと対をなす機体としてザフトが試作開発した、ニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジンを採用したファーストステージシリーズの1機。核動力の恩恵で全身に複数の大出力兵器を搭載、「マルチロックオンシステム」との併用により単機で多数の敵に対抗しうる高性能を獲得した。そのため「殲滅型対MS戦用MS」とも称される。本機はスーパーコーディネイターであるキラ・ヤマトが奪取、5つの砲門から一斉射撃を行う「フルバーストモード」などを駆使して数々の激戦を制している(TVアニメ設定より)
▲MMI-M15クスィフィアス・レール砲は設定通りに展開可能。サイドグリップを引き出すこともできる
▲立像化にともない新たに盛り込まれた着地用ランディング・ギアパーツ。背部の機動兵装ウイングの先端にマウントすることで転倒を防ぐことができる
▲製作途中の状態。スタイル改修はほとんど行わず、モールドの追加などにとどめている。黄色い部分はプラ板でディテール工作を行った箇所

外装パーツのディテールアップ

▲頭部の小改修。頬にプラ板を貼り足して若干前に突き出させた。また、赤く塗った部分を削り込むことで、アゴを深く引けるようにしている
▲肩アーマーは合わせ目の部分にディテールが入っているため、接着してからプラ板でディテールを新造。同時に、短冊状に切ったプラ板の小片を各部に貼り込んでディテールのメリハリを強調している
▲リアアーマー裏側はポリパテ+プラ板でフタをして、さらにプラ板貼り込み工作で立体的なディテールを追加
▲前腕部の手首側にもプラ板を貼り付け。また、モールドの浅い部分を一段深く彫り直している
▲指を開いた表情のハンドパーツは、指の表面に0.3mmプラ板を貼り付け、側面を削り込んで形状を変更した
▲好みでつま先にポリパテを盛って延長

before⇒after

▲素組みと比較。ディテールの追加と彫込みによって情報量を高めている。ホワイトのエッジ部分にタミヤウェザリングマスター Aセットをこすりつけ、軽めに汚すことでホワイトが単調にならないようにしている
▲背部の機動兵装ウイングに収納されていたM100 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲を展開可能。RE/100シリーズなどにも使われているポリキャップ・PC-210の恩恵により、ひと通りのアクションをこなすことができる
▲付属のMA-M01 ラケルタ・ビームサーベルを両手で持つこともできる。また、グリップを連結した両刃の「アンビデクストラス・ハルバード」も再現することができる
▲バラエーナは砲身基部に横回転軸が設けられているため、フリーダムガンダムの代名詞であるハイマットフルバーストモードも難なく再現できる

 フルメカニクス1/100 フリーダムガンダム Ver.GCPの作例を担当しましたARUEです。よろしくお願いします。本製品は実物大フリーダムガンダム立像の外観をそのままに模型に落とし込んだもので、もちろん各関節も可動しますが、どちらかといえば本物と同じ立たせ方で飾った際にいちばんかっこよく見える模型かと思います。そのぶん、ディテールやスタイルは申し分ないキットですので、ていねいに整面処理などをしながら仕上げてあげればより一層引き立つフリーダムになります。

■製作
 頭部は、初代MGフリーダムガンダムに近い柔らかい表情。頬の張り出し部にプラ板を貼り足して強調することで、好みのバランスに調整しました。また、首関節と干渉する頭部の内側を削ることで、首が座るようにしています。
胴、腹=本キット全般に言えることですがモールドがやや浅いので、しっかり彫り直しつつディテールの調整をしました。
肩、腕、手部=パーツ分割の合わせ目ラインを活かしながらプラ板の貼り込みで単調に見えないように微調整、加えてモールド彫り直しや追加をしています。やや大げさな表情に感じた平手は、プラ板を貼りつつ、余計な部分の削り込みで改修しています。
腰=フロントのボリュームが足りなく感じたので大型化。アーマーの裏側もディテールを追加して見映えをよくしています。
脚、足=モールドの彫り直しと追加。また、つま先をパテで延長して長く見えるようにバランス変更をしました。

■塗装
白=ファンデーションホワイト
黒=ウイノーブラック
青=スーパーファインコバルト
赤=ハーマンレッド
金=スーパーゴールド
灰=メカサフ ライトグレイ
関節=メカサフ スーパーヘヴィ
スミ入れ=スミ入れ塗料ライトグレイ&ダークグレイ
コート=スーパークリアIII、スーパーフラットコート
汚し=タミヤウェザリングマスター Aセット
台座=スーパーサーフェイサー
 キットにはシールが付属しますが、厚みがあるためポイントを絞って貼り付け。シールを貼る際は、余白部分をナイフ等で丁寧に切除するとより見映えが向上しますよ。
 仕上げですが、立像の佇まいを意識して、少し汚れを加えています。エッジを中心にウェザリングマスターを塗布&削りを繰り返して調整しました。ディテールを邪魔しないよう、派手になりすぎないように意識して仕上げています。

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “フルメカニクス”

ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP

製作・文/ARUE

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

ARUE(アルー)

関連書籍

ホビージャパン23年2月号

ご購入はこちら

セイラマスオの気まぐれガンプラ製作記

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.8

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー