• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 最新キットで蘇った『オモロイド』をレトロテイストの塗装で体感しよう!最新キットで蘇った『オモロイド』をレトロテイストの塗装で体感しよう!最新キットで蘇った『オモロイド』をレトロテイストの...

最新キットで蘇った『オモロイド』をレトロテイストの塗装で体感しよう!

2022.08.22

KAWARAS F-1A ピ・ボット OGA-IIIV-1A ダース・ボス【Leapfrog】 月刊ホビージャパン2022年9月号(7月25日発売)

“大河原邦男おもしろメカワールド”令和に復活! レトロテイストキットをシンプルに楽しむ

 オジサンモデラー感涙! 1980年代に日東科学教材が展開したプラキットシリーズ『オモロイド』が現代に最新キットとして蘇った。此度のキットはかつてのオモロイドの特徴である「変形ギミック」と「簡単組み立て」を尊重したレトロな味わいのアイテム。とはいえ非常にシャープな成型のパーツやクリアー素材の採用など、2022年のプラキットとしての様式もしっかり確保している。澤武慎一郎による作例では、パーツへの加工は極力抑え、素朴なフォルムを塗装で魅せる方向性にて製作した。

ピ・ボット バーティカルモード

戦闘機モード

▲ポンタゴン軍の可変艦上戦闘機でいわゆる主人公機。差し替えなしで胸部ランディングギアが展開するなど侮れない変形ギミックを搭載している。作例はストレート組みで、エッジ部分を中心に剥げ塗装を加えた。カチッとした成型でエッジもしっかり立っており、ウェザリングの効果が顕著に表れている

ダース・ボス バーティカルモード

ビーストモード

▲アクレムリンの帝王、ビュアリン専用機。ビーストモード(トリケラトプス)に変形する。額の軍章ほかマーキング類はキットのシールを積極的に使用した。かつてのオモロイドから形状も洗練され、可愛らしさを残しつつも凛々しい印象が強まっている。腹部が伸縮するなど、簡易ながらも楽しい手触りの変形ギミックも魅力だ

▲作例は合わせ目消しや肉抜き埋めなどの工作もほぼ行っていない。にも関わらず、成型都合のスキがほとんどないのがお分かりいただけるだろうか。オモロイド本来の持ち味の「すぐ完成する組みやすさ」を重視したため色分けは控えめだが、造形自体はかなり練り込まれた仕様となっている

▲素組み(左)との比較。可愛らしいキャラクターながらパーツ成型はソリッドで、ウェザリングによってそれがさらに引き立てられている。作例はピ・ボットの戦闘機モードを安定接地させるため、頭部に錘代わりのエポパテを詰めた

▲ピ・ボットの脚部バーニアはツヤ消しホワイト→ダークアースを吹き付けて焼けを表現。ダース・ボスの恐竜の瞳はデカールを自作し正確に再現した。造形が秀逸なだけに塗装や仕上げで大きく完成度がアップする

 オモロイドと聞けば当時少年だったモデラーのみなさんは「なつかしー!」とおっしゃられるのではないでしょうか。かく言う私にとっても、駄菓子屋さんの棚でよく見かけていた旧友。当時日東科学さんが製品化していましたが、このほどまさかの完全新規金型で奇跡の復活。言わずと知れた大河原邦男氏のデザインの特徴が色濃く出ていて(動力パイプやモノアイなどなど)ファンを楽しませてくれます。キットはシンプルながら戦闘機モードやビーストモードに変形可能、となっています。

■ピ・ボット
 飛行形態時のランディングギアは驚きの完全格納です。テストショットゆえかちょっとユルめだったので、スリットにGボンドを塗って滑り止めにしています。また戦闘機モードの場合3点接地になるのですがそのままではバランス的に自立できないため、頭部に錘を入れてバランスを取ります、いろいろ試してギリギリのウェイト量を探り当て、エポパテを詰めてみました。塗装は白ベースに青をインディーブルーとコバルトブルーの混色(4:6)で塗装。シール対応部分も極力塗装して仕上げます。マークやステンシル類はキットのものから不要部分を切るなどして使用。

■ダース・ボス
 ストレート組みで、ヒジ関節はGボンドを塗って強化してあります。塗装はジャーマングレーとグランプリホワイトの塗り分け、塗り分け箇所がそこそこあるため粘り強く塗り分けます。マーキング類はほとんどシールを使用、ビーストモードの目は銀→クリアーオレンジの順に吹き付け、瞳部分は自作した水転写デカールを使いました。

■塗装など
 2機とも大河原氏のイラスト調のウェザリングを施しています。エナメル塗料の明灰白色でエッジ部分にハゲや傷を描いていく感じです。ところどころジャーマングレイなどでアクセントを入れたりしています。ピ・ボットの靴裏バーニアはツヤ消し白→ダークアースを吹き付けて焼けを表現。他のバーニアはガンメタルにダークアースで焼けを描いて仕上げます。デカールに替えた部分は剥がれないようフラットクリアーでコートし、同時に全体のツヤ加減を整えて完成です。
 このキット内箱には、昔のパッケージアートを印刷するという粋なサービスが! ぜひ捨てずに切り取ってお部屋に飾っておきましょう。

Leapfrog ノンスケール プラスチックキット “オモロイド”

KAWARAS F-1A ピ・ボット
OGA-IIIV-1A ダース・ボス

製作・文/澤武慎一郎

オモロイド ピ・ボット/ダース・ボス
●発売元/Leapfrog●各3300円、発売中●約9cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©オフィス・ケイ

澤武慎一郎(サワタケシンイチロウ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年9月号

ご購入はこちら

HJメカニクス06

ご購入はこちら

HJメカニクス

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー