• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 30MM「オプションパーツセット8」をフル活用して初期機体アルトをカスタマイズ!30MM「オプションパーツセット8」をフル活用して初期機体アルトをカスタマイズ!30MM「オプションパーツセット8」をフル活用して初期機...

30MM「オプションパーツセット8」をフル活用して初期機体アルトをカスタマイズ!

2022.07.10

eEXM-17-MRT アルト・マルチロールタイプ【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2022年8月号(6月24日発売)

アルトが「オプションパーツセット8(マルチバックパック)」で近代化改修(アップデート)!

 ここではアルトに近代化改修を施した作例をお届け。機体解説からも分かるように、アルトにラビオットのパーツを組み込み、さらに5月に発売した「オプションパーツセット8(マルチバックパック)」の装備をフル活用してカスタマイズ! この「オプションパーツセット8」は今までのカスタマイズアイテムの中でも抜群のプレイバリューを誇っており、ここではそのキットレビューも兼ねて紹介しよう。製作を担当するのは月刊ホビージャパンデビューとなるすくー。シンプルで分かりやすいカスタマイズ例を提案しつつ、スタイリッシュな配色でヒロイックに仕上げている。

アルト・マルチロールタイプ解説

 アルトの近代化案のひとつ。アルトの上位機種であるラビオットのパーツを一部使用しており、大量の武装を詰め込める大型ラックを装備しているのが本機の最大の特徴。その継続戦闘能力は現行機の中ではトップクラスだが、短所として武器管制が煩雑となり、実質本機のポテンシャルを十二分引き出せるのは高い技量を持つエースパイロットに限られる。

▲メイン配色は白と青の組み合わせ。各所に配したオレンジもいいアクセントとなっている
▲メインウェポンのフォールディングキャノンは折りたたむことができ、ウェポンコンテナに収納可能。そしてキャノンと大きな背負いものがあるとついやってみたくなるこのポージング!
▲新規装備一覧! フォールディングキャノンとコンテナ状の大型ラックに加え、リュック風可動ブースター、キャリングケース、爆薬、バッテリーパック、ポーチ、ミサイルと今後のカスタマイズの幅を大きく広げてくれる構成。さらに大型ラック内の収納を便利にする専用のトレーも2枚付属
▲大型ラックに合わせ目があるため、ここを消すことで完成度アップ。接着後だと塗装しにくいため、内側をグレーで塗装した後に接着する。黒い接着剤で埋めると、内側のグレーにも溶け込みやすいのでオススメ
▲この「オプションパーツセット8」には汎用ジョイントランナーが付いてくる。このジョイントを活用して、大型ラック左側に「近接戦闘用オプションアーマー[アルト用]」のシールドを取り付けた。マウントアームのような仕上がりなので、表情付けも可能
▲右側には「オプションパーツセット8」のミサイルを取り付けた
▲頭部、肩部、胸部には「近接戦闘用オプションアーマー[アルト用]」のパーツを追加するとボリューム感が増し、よりエース機らしい雰囲気に
▲爆薬とバッテリーパックの肉抜き穴を埋めた。とくにバッテリーパックは穴の面積が広いため、ポリパテで埋めた後台形にくりぬいたプラ板で塞いだ
▲爆薬は円形のスジ彫りを施した上に色分けをするため、光硬化パテで肉抜き穴を埋めた。スジ彫りの際には真ん中にランナーを入れて、ディバイダーで円形を彫り込んだ
▲足首関節、腹部、汎用ジョイントの肉抜き穴も気になるため、光硬化パテで埋めた
▲塗装前の状態
▲「オプションパーツセット8」には手首延長パーツが付属する。今回は延長した上、同キット付属の爆薬を右腕に付けた。爆薬の塗装にはアクセントとしてシルバーを入れている。ちなみに左腕でマウントしているのはバッテリーパック
▲腰部と脚部のボリュームアップにはラビオットのパーツを組み替えた。脚部はふくらはぎ側面を「オプションパーツセット1」のサイドアーマーとキャノン砲でカスタマイズ
▲ある程度装備を外し、大型ラックをリュック風可動ブースターに換装させれば軽装状態としても楽しめる

■はじめに
 初めて作例を担当させていただくすくーと申します。大型ラックが特徴的な「オプションパーツ8」をメインに、アルトのカスタマイズ機を作りました。すごい分かりやすいオプションパーツなので、見たまま通り、「補給を自機で行いつつ長期戦ができる機体」がコンセプトです。大型ラックの拡張性を活かし、装備の切り替えを作戦に応じて行えるのが特徴です。

■本体・武装
 本体はアルトです。素体だとかなり華奢な見た目ですので、頭部、胴部、肩部は「近接戦闘用オプションアーマー[アルト用]」、腰部と脚部をラビオットのパーツを用いてボリュームアップさせました。これだけでかなりゴツくなり強そうな感じですね(笑)。今回「オプションパーツ8」のキットレビューも兼ねているので内容物はすべて使いました! それでも脚部がちょっと物足りなさを感じたので、「オプションパーツセット1」のサイドアーマーとキャノン砲ほかのオプションパーツも引っ張り出しました。まさにフル装備です!

■塗装
 青と白の2色を基調にヒロイックな配色を目指しました。
 主に凹凸部を意識し、オレンジ色をアクセントで追加。武装は基本1色で成型されているものが多いため、ミサイルは3色、その他は2色で塗り分け。本体に装備した際のバランスも考慮しつつ、馴染むように色を選びました。
白=スチールホワイト(NAZCAカラー)
青=スージーブルー+EXAMブルー+MSブルーZ系(すべてMr.カラー)
オレンジ=ビビッドオレンジ+サンシャインイエロー
(すべてガイアカラー)
フレーム=ジャーマングレー+ニュートラルグレー
(すべてMr.カラー)
部分塗装=ダークグレイ(タミヤカラーエナメル)

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “30 MINUTES MISSIONS”アルト使用

eEXM-17-MRT アルト・マルチロールタイプ

製作・文/すくー

30MM eEXM-17 アルト
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●1408円、発売中●1/144、約12cm●プラキット

30MM オプションパーツセット8(マルチバックパック)
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●660円、発売中●1/144●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©BANDAI SPIRITS 2019

すくー(スクー)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年8月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

30 MINUTES MISSIONS コンプリーション

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー