• HOME
  • 記事
  • 工具・マテリアル
  • ラッカー塗料で筆塗りウェザリングを楽しむコツ!トラクタープラモで実践ラッカー塗料で筆塗りウェザリングを楽しむコツ!トラクタープラモで実践ラッカー塗料で筆塗りウェザリングを楽しむコツ!トラ...

ラッカー塗料で筆塗りウェザリングを楽しむコツ!トラクタープラモで実践

2022.07.03

筆塗りTribe 月刊ホビージャパン2022年8月号(6月24日発売)

ラッカー塗料で筆塗りウェザリングを楽しむコツ!トラクタープラモで実践

今回はトラクターで筆塗り魂を牽引しようぜ!!

 プラモを筆塗りでガンガン楽しんでいるナイスなパイセンたちの作品とテクニックをみんなで読んで、テンションアゲアゲでどんどん筆塗りを楽しんで行こうという連載「筆塗りTRIBE」。お好きな筆にお好きな塗料と、パイセンたちの好みをドストレートにお届けします。
 連載2回目は、きの助による「エレール 1/24 ファーガソントラクター」をお届けします。ラッカー塗料を使用した筆塗りで、模型の上で塗料同士が絶妙に溶け合って生まれる雰囲気がとってもかっこいいですよ!! 今回も筆塗り楽しもうぜ!!!(構成・文/フミテシ)

今回のパイセン

きの助/月刊ホビージャパンではバイクやトラック、『フロントミッション』のヴィネットなどでお得意の筆塗りを活かした作例を製作。趣味はアウトドアで、筆塗りの極意は自然にあり! と思いながら週末は山や森、川へと向かう。自然を愛するプラモ界のC・W・ニコル。

ラッカー塗料で筆塗りを楽しみますよ〜

▲国内でもっとも使用されている塗料ジャンル「ラッカー塗料」。速乾性の他に、ラッカー塗料はツヤが美しいのも特徴です。もっともベーシックなこの塗料で、今回は筆塗りしていきますよ。筆はホルベインのセーブル筆と、荒めの作業をする時用の使い古した適当な筆を使用します

下地にはマホガニーを塗りました

▲内部パーツや、外像パーツの裏には、影色としてマホガニーのサーフェイサーを吹きつけました

Point
1/ウェザリング仕上げを想定した、事前の粒子塗り!!
2/プラモの上でラッカー塗料とダンシング!!
3/ツヤ感のコントロールで使用感を演出!!
4/ボロボロの筆は、汚し塗装の最高のパートナー

ラッカーパテと砂と「粒子塗り」!

 基本塗装に行く前に、経年変化で塗装がぼこぼこになった雰囲気を演出するために、粒子感のあるラッカーパテと砂、模型用塗料を混ぜたものを各所に塗って行きます。

▲タミヤのラッカーパテをチューブから塗料皿に移します
▲ウェーブから発売している使い捨て筆、ラッカーパテ、ディオラマ用として売っている細かな砂を準備します
▲ラッカー塗料のマホガニーを準備。よ〜く混ぜます
▲パテと砂とマホガニーを一緒にさらに入れたら、2〜3滴ラッカーシンナーを入れます
▲よ〜く混ぜましょう。シンナーは本当に少量で良いです
▲ダメージが激しそうな、地面に近いパーツやホイールなどにランダムに筆で塗ります。これで塗装の下準備はOKです

ラッカー塗料で本体塗装スタート!!

 きの助はラッカー塗料で筆塗りするのが大好き。ラッカー塗料は、上塗りすると塗面を溶かします。それによって生まれる作為的ではない色変化が楽しめます。近似色を重ねていくことで、絶妙なグラデーションが模型の上で生まれていきます。

▲ライトをひとつ欠落させたりして、工作段階でも各部にダメージ工作を施しています

同じ場所を何度も塗らないようにしましょう

▲まずはメインカラーとなるシャインレッドを塗装。同じところを何度も塗らずに、全体を塗って行きます

塗りムラがあっても気にしません!

▲こんな感じで、色のムラがあってもサクッと上面全体を塗り上げるのです

マスキングは筆塗りでも有効です!

▲エアブラシ塗装の時のように、筆塗りでも色分けにはマスキングテープが大活躍! ライトが欠損した場所は赤を塗らずに錆びさせたいので、マスキングしておきます

塗料が乾いてきたらラッカーシンナーをちょい足ししましょう

▲長い時間筆塗りしていると、パレットの塗料が乾いてきてしまいます。そんな時はラッカーシンナーを少量足してあげれば、また潤いある塗料に戻ります

パーツ塗装はローテーションしましょう!

▲1個のパーツを塗って、それが乾くまで待っているのではなく、違うパーツで同じ色で塗れるものはどんどん塗っていきましょう。超効率アップします

乾いたら、もう一度重ね塗りしましょう!

▲1度塗りの塗装が完全に乾いたら、もう一度塗り重ねましょう。そうすることで塗り残しや、筆ムラが抑えられます

混色した塗料を塗って情報量アップ!!

 単色ベタ塗りよりも、混色した塗料を何色か模型に塗ってグラデーションを与えたほうが、情報量が増されてかっこいいです。今回は使い込まれた雰囲気を出すために、各所に明るい色を塗ってヤレた雰囲気を表現してみます。

オレンジ系の色を作ります

▲左からオレンジ、ミドルストーン、ホワイト。こちらを混色して、模型の外装に塗っていきます

しっかりと混ぜます

▲3色ムラなく混ざるように、筆でしっかりとコネコネしてやりましょう

塗装がヤレそうな箇所に塗ってやろう!

▲鮮やかなシャインレッドの上にオレンジが塗られることで、経年変化で赤がヤレた雰囲気になります。シャインレッドを塗りつぶさないように注意!!

ツヤ感は大事!! 各所で変えてみよう

 きれいな箇所はツヤを残し、塗装が劣化している箇所はツヤ消しにしてみるとさらに情報量が増して雰囲気抜群の仕上がりになります。

瓶の底の沈殿物をしっかりと混ぜましょう

▲こちらはフラットベース。ビンの底に沈殿した塗料もしっかりと混ぜて塗装します

塗り広げずに、ピンポイントで塗料を塗って行くことが大事

▲先ほどのオレンジに混ぜて、ツヤが落ちてそうな場所をピンポイントで塗ります

ツヤの変化は色変化と同じくらい印象が変わります

▲フラットベースを混ぜた塗料で塗られた部分はツヤががっちりと落ちているので、よりダメージ感が際立っています

先にサビを描いてしまいましょう!

 サビ汚れはウェザリング用の塗料で行うことが多いですが、先にサビ色をラッカー塗料で作って、サビそうなところに塗っておきます。

オレンジとイエローを混ぜて、サビ色を作ります

▲赤サビが浮いている雰囲気を演出する色は、オレンジとイエローを混ぜたもので表現してみます

サビそうなところにピンポイントで塗っていきます

▲筆先に塗料を少量含ませて、ちょんちょんと置くように塗っていきます

さびが浮きましたよ!

▲パーツのエッジ部分にサビが浮きました。ここに後ほどウェザリングカラーが塗られることで、よりサビらしくなります

機関部を塗ろう!

 機関部はディテールも細かくて、きちんと塗り分けようとすると大変。でもそれを逆手にとって、あえてムラを残しながら塗ることで、使い込まれた雰囲気を演出してみます。

細かなディテールがたくさんだ!

▲機関部やフレームなどは、ターコイズグリーンで塗ります。外装よりもハードに汚れるので、キレイに塗る必要はありません!

色ムラ筆ムラ大歓迎!!

▲1度塗りは、なにも考えずに全体に色をうっすら塗ることに集中します。この内部パーツは多少塗りが粗いほうがかっこいいです
▲ヘッドライトのレンズはキットのパーツをくりぬいて市販のパーツでディテールアップ。機関部は焼き鈍した真鍮線や伸ばしランナーでパイピングを追加

2度塗り目は白を混ぜます

▲2回目は、ターコイズグリーンに白を混ぜたもので塗り、グラデーション塗装します

外装が付かない部分を明るくする感じで塗ります

▲2度塗り目の色は、主に外装が付かず、露出する部分を中心に塗っていきます

内部パーツの塗装完了!

▲下地のマホガニーが透けて見えることで、使い込まれているイメージにもなります。また機関部のところは熱でより塗装がダメージを受けているので、ツヤ消しを入れたターコイズグリーン+白で塗装しています

ボロボロの筆でチッピングしようぜ!!

 ボロボロの筆は、筆先がランダムになっているので、作為的ではない自然なダメージ表現を施すことができます!

塗料が剥がれた箇所を表現します!

▲黑鉄色と茶色を混色したものを、ボロボロの筆先に少量取ります。軽くティッシュの上でポンポンと筆先を叩いてから模型にこの塗料を塗ります

筆先を叩くようにして塗っていきます

▲塗料が剥がれてそうな場所に、筆先をポンポンと叩くようにして塗っていきます。するとボロボロの毛先によってランダムに塗料が乗ってリアルな塗装剥がれ表現(チッピング)ができます

上面にも小さな傷をつけます

▲下面だけでなく、上面の角や塗装が剥がれそうな場所も筆先でポンポンと叩いてチッピングしました

混色した塗料を塗って情報量アップ!!

 最後はGSIクレオスのMr.ウェザリングカラーで、塗り重ねたグラデーションを落ち着かせたり、ディテールにスミ入れしたりします。

混色したものを使用します

▲ステインブラウンとマルチブラックを1:1で混色したものを使用します

表面にうっすら塗るとグラデーションがまとまります

▲各モールドにスミ入れするほかに、表面にうっすらと塗ってみましょう。すると表面のグラデーションが落ち着いて、よりまとまった印象にもなります

パーツのスミに溜まったホコリを表現

▲サンディウォッシュは白っぽい汚れを追加することができます。タイヤや機関部のスミなどにピンポイントで入れてみます

ホコリ汚れがアクセントになりました!

▲ディテールにピンポイントで流してから、綿棒で拭き取り。スミのほうに残った汚れがいい感じに表現できました

Finish

トラクタープラモは楽しいぜ!!

 兵器にはない魅力が満載のトラクタープラモ。激しいお仕事をしてくれるからがっつりと汚れますね。その雰囲気は筆塗りにもピッタリ。働く車のプラモを、ぜひ筆塗りで楽しんでください!

きの助の筆塗り魂を熱くした「石焼いも」と「勢い」

水性ホビーカラーをペタペタ塗った楽しさ

──きの助さんって初めて作ったプラモは覚えていますか?
きの助:私は小学5年生の時に初めてプラモを作りました。あまりに楽しい体験だったので、今でも鮮明に覚えています。作ったのはイマイの風物詩シリーズの「石焼いも」です。石焼き芋を売る屋台と、台座、木、外灯、ベースがセットになっていてこの商品だけで簡単な情景ができるモデルでした。

──少年時代からネイチャー系だったんですね
きの助:今もアウトドアが大好きで、情景の模型というのは大好きです。きっと小さいころから目に入った景色や、それらしい雰囲気の物が好きだったんだと思います。ニッパーと接着剤を慣れないながらも使って、組み立てて、さらにそのまま水性ホビーカラーの筆塗りでペタペタと塗りました。プラスチックが自分の好きな色に染まっていく楽しさは、その時に知ることができたと思います。
 その際、部屋にあったスニーカーの箱をプラモについてくるベースの大きさにハサミで切って、加工してケースも作ったんです。サランラップで透明のカバーを作って。自分が作った作品だぞ! って胸をはりたかったんでしょうね。

──筆塗りからディスプレイまで! それだけ楽しんだら、もう模型にどっぷりですね
:そうですね。その後さまざまな模型を買ったと思います。とは言っても、高校生くらいの時にいったんプラモは卒業しました。良くある話です。しかし、卒業前にたまたま買っていたプラモが、また私を模型の楽しさに復帰させてくれるんですね。それが「マシーネンクリーガー」でした。今でも多くの人が筆塗りで楽しんでいるプラモです。

押し入れにあったファイアーボールSGの声が聞こえた

きの助:本屋で久しぶりに模型誌を立ち読みしたんです。きれいでかっこいいガンプラがたくさん掲載されていた中に、重厚なメカが載っていたんですね。「マシーネンクリーガー……? これは何だろう?」と帰宅してネットで調べまくりました。さらに調べると何やらプラモミーティングのようなこともやっていることを知りました。そんな風に調べていると、なんでもいいからプラモが作りたくなったので押し入れにしまったままにしていた、昔買ったプラモを覗いてみたんです。そうしたらそこに偶然茶色い箱の「ウェーブ ファイアボールSG」があったのです!! 小さい頃、全く知らずに買っていたのでしょう。こんなことがあるのか……「神のお告げ」なのか? と本当に思いましたよ。そのまま箱を開けて、速攻で作って塗って、さらにそのままの勢いでミーティングに参加したんです。筆塗りをしているときのテンションは、あの「石焼いも」の頃の自分と同じ。そしてちょっと大人になっていた自分は、あの頃よりもうまく塗れました。こんな体験をしてしまったので、もう模型の世界から出ることはできなくなりました。

筆の「勢い」は私の模型人生そのもの

──素敵な体験と、それを実行する勢いがまた素晴らしいですね!
きの助:ちょうど大学生になったばかりの頃ですから、怖いもの知らずでしたね。あの、「筆で塗って勢いで完成させた体験」が忘れられなくて今でも筆塗りメインで模型を楽しんでいるのだと思います。エアブラシも持っていますが、サーフェイサーを吹いたり、影色を吹いたりと足付けをするくらいです。筆塗りだから出る「勢い」みたいなのが、僕の模型人生そのものみたいな感じがするんですね。

エレール 1/24スケール プラスチックキット

ファーガソントラクター

製作・文/きの助

この記事が気に入ったらシェアしてください!

きの助

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年8月号

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー