• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『ファイブスター物語』ガレージキット「A・トール BS スバース」を組み立ててみよう!『ファイブスター物語』ガレージキット「A・トール BS スバース」を組み立ててみよう!...『ファイブスター物語』ガレージキット「A・トール BS...

『ファイブスター物語』ガレージキット「A・トール BS スバース」を組み立ててみよう!

2022.06.18

憧れの『F.S.S.』ガレージキット、
どういうものか知っていますか?

IMS A・トール 顔アップ

 プラキットのラインナップが増えた今でもやはり『F.S.S.』キットの主戦場は“ガレージキット”で、それは先のページで紹介したラインナップの多さからもお分かりいただけるはず。『F.S.S.』はかつてのガレージキットシーンの火付け役。模型店に置かれている高額なガレージキットで『F.S.S.』を知ったなんて人も少なくない。『F.S.S』ガレージキットは“憧れ”なのだ。
 そんな『F.S.S.』のガレージキットが実際どんなものか、知らない人は意外と多いのではないだろうか。高額なガレージキットを自由に中身を見るなんて稀有だし、組み味なんてものは作れる度胸のある人でないと知る由もない。そしてあの一線を画すデザインである。とにかくとてつもなく難しいものと思っている人も多いことだろう。
 今回はボークス協力の基にボークス製最新のガレージキットを紹介、実際に組むまでの内容をお届けしていく。“簡単”と豪語はできないが、想像よりも容易である可能性は高い。憧れのガレージキットの購入&製作への第1歩に役立ててほしい。

協力/ボークス

 今回のガレージキット 

IMS A・トール パッケージ
▲「IMS」1/144シリーズでキット化されている「A・トール BS スバース」。こちらは1/100スケール

キット内容について

IMS A・トール 中身
▲撮影用のサンプル品なので仕様は若干異なるが、小袋に入れられ緩衝材で守られている
IMS A・トール 胸部
▲胸部パーツ。密度感のあるディテールをシャープに造形。肩付け根の入り組んだディテールがそのまま再現されているのはガレージキットならではの光景だ
IMS A・トール 全パーツ
▲パーツは74個。これを多いとみるか少なく見るかはアナタ次第。ちなみに、IMS最新キットKOG-ATは502個である
IMS A・トール 足首
IMS A・トール 足首 正面

▲足首パーツ。「R」の刻印で右脚用なのが分かる。固定モデルですでに丁度良い角度になっている

IMS A・トール 手
▲武器の柄にはハンドパーツが一体成型されているため馴染んだ自然な表情がついている
IMS A・トール 装甲
▲装甲。透けるほど薄くてシャープ
IMS A・トール 瞳
▲瞳にもしっかりディテールが施されている
IMS A・トール ベイル
IMS A・トール ベイル裏

▲ベイル表面の波打つディテールもくっきり表現。裏面もしっかり造形されている

IMS A・トール ベイル先端
▲こうした先端にゲートがきていることが多々あるので、ていねいに処理したい

組み立ててみよう

IMS A・トール 脚組み立て
▲まずは脚。ヒザを差し込む
IMS A・トール 脚組み立て2
▲ボークス製レジンキットは極めて精度が高く、軸を打たなくてもしっかりハマってくれる。強度を出すためにはもちろん軸を打ったほうが良いが、今回敢えて接着のみで組み上げることとした。接着剤は瞬間接着剤。より強度を持たせたい時は、エポキシ系のものを使うと良い
IMS A・トール 脚
▲あっという間に脚が完成。約15分といったところ。ほぼゲートの処理に時間を使った。ニッパーはよく切れて頑丈なものを。デザインナイフの刃は積極的に替えてよく切れる状態を維持しておくと効率が良い
IMS A・トール 胴体
▲こちらは胴体。腹部と胸部の2パーツでこの情報量である

完成!

IMS A・トール
IMS A・トール 後ろ

▲ニッパーとデザインナイフでゲート処理をしたのみ(成型の都合で残る赤いラインがその証拠)。パーツひとつひとつの精度が高く、気泡もまったく見受けられなかった。長年リリースされ続けているボークス製レジンキットの凄みを体感せよ

IMS A・トール 装甲隙間
▲装甲から覗く、折り重なるような形状は見ごたえ充分

 いきなりだが組みあがったのがこちら。特筆することがないくらいスムーズであっというまに組みあがってしまった。ちなみに表面処理なし、軸打ちなし、ダボ穴調整は手首のみ、瞬間接着剤でくっ付けていっただけ。それで組みあがりにかかった時間は2時間〜2時間半といったところだ(ちなみに同スケールのプラキットだと10時間はかかる)。それでこの仕上がりを目の当たりにすると、塗装はさて置き積極的に組み立てたいという衝動に駆られてしまう。そもそもボークス製のキットはパーツの合いが良く、塗装前提の接着しない仮組み状態も安定するため、とりあえず組み立ててもさほど問題はない。
 まずは組み上げて造形美を堪能。気持ちを盛り上げて、表面処理→洗浄→塗装というガレージキットならではの工程を踏んで完成へと導いてみるのはいかがだろう。

SAV A・トール BS スバース

●発売元/ボークス●33000円、発売中●1/100、約27.5cm●レジンキット●原型/大石凡(造形村F.S.S.プロジェクトチーム)●イベント限定アイテム

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⒸEDIT ,All rights reserved.

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.21

ご購入はこちら

水性塗料筆塗りの教科書

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー