• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • TV放送40周年!疾風のように「ザブングル」プラキットで出陣!TV放送40周年!疾風のように「ザブングル」プラキットで出陣!TV放送40周年!疾風のように「ザブングル」プラキット...

TV放送40周年!疾風のように「ザブングル」プラキットで出陣!

2022.06.15

MODEROID ザブングル 【グッドスマイルカンパニー 1/100】 月刊ホビージャパン2022年7月号(5月25日発売)

疾風のようにザブングルMODEROIDで出陣、さて。

ザブングルのメイン画像

 TV放送40周年を迎えるアニメ『戦闘メカ ザブングル』より、ウォーカーマシン「ザブングル・タイプ」がMODEROIDで1/100スケールプラキット化! ここでは一部撮り下ろし画像とともに、キットの魅力をお届けする!


ザブングルの背面全身画像

▲ キットは1/100プラキットでは初となる完全変形。全身各所にはプラキットオリジナルのハイディテールが施されている。なお胸部の装甲は右上上部の三角の装甲が青いアニメ劇中仕様とプラキットなどでおなじみの赤い仕様が選択式。また、胸部のドームは、投光器をイメージしたクリアー成型版も用意される

ザブングルの頭部の画像
▲ 頭部ウインドウの開閉ギミックを実現! 後頭部のレバーを下げるとウインドウがせり上がる。また、コクピットに搭乗可能なジロン、ラグ、エルチのフィギュアパーツも付属する
 ブングル・スキッパーの画像
ブングル・ローバーの画像
ザブングル・カーの画像
▲ ブングル・スキッパー、ブングル・ローバー、ザブングル・カーへの合体変形を、本キット独自の変形機構アレンジを取り入れ、余剰パーツなしで再現

ザブングル武器装備のアクションポーズの画像 その2
▲ 肩や腰のスイング、腰の回転ギミックなどにより、ウォーカーマシン形態での可動域は良好。写真のように派手なポージングも可能
ザブングル武器装備のアクションポーズの画像 その1
ザブングルの背部レバーの画像
▲ 背部ユニットを外すと頭部を胴体内に収納するためのレバーがあり、頭部アンテナを閉じて、レバーを上げることで、頭部を胸部内に収納できる
ザブングルのハンドパーツの画像
専用ライフルと腕用4連装ミサイル・ランチャーと肩用3連装バズーカと9連装ミサイルポッドの画像

▲ 専用ライフル、腕用4連装ミサイル・ランチャー、肩用3連装バズーカ、9連装ミサイルポッドが付属。劇中で見せたフル武装状態も再現可能。また、左右 4種の表情豊かなハンドパーツに、折れた翼も用意されるなど、 至れり尽くせりのセット内容

ザブングルのつま先の比較 その1
ザブングルのつま先の比較 その2

▲ つま先装甲はスライドギミックを擁し、ブングル・ローバーとウォーカーマシンの両形態でベストなシルエットになるように配慮されている

MODEROID開発用画稿も公開!

 今回のMODEROID化にあたりフォルム、ギミック、ディテールを検討するため 、Arm-Qにより新たに開発用スケッチが描き起こされた。

ザブングル正面全身の画稿
ザブングル背面全身の画稿
ザブングル・スキッパ―の画稿
ザブングル・ローバーの画稿

MODEROID ザブングル

●発売元/グッドスマイルカンパニー●7500円、12月予定●1/100、約18㎝●プラキット●製品デザイン/Arm-Q、設計/T-REX、制作協力/GA Graphics、wb-saku


ブレンパワードもMODEROIDで再構築(リバイバル)!!

 「Blu-ray Revival Box」も発売され、再び注目される『ブレンパワード』より、ブレンパワードがMODEROIDでプラキット化! その塗装試作を撮り下ろしにて紹介!!

ユウブレンとヒメブレンの画像
▲ 今回、ユウとヒメ搭乗機の2カラータイプの発売が決定
ユウブレンの正面全身画像
ユウブレンの背面全身画像
飛翔エフェクトの画像
ユウブレンのコクピット展開状態の画像

▲ 飛翔エフェクトが付属。また頭部のカバーパーツは模様のないものも用意。差し替えでコクピット展開状態を再現可能。そのほかブレンバーとブレンブレードが付属する

MODEROID ユウブレン/ヒメブレン

●発売元/グッドスマイルカンパニー●各4500円、11月予定●約13㎝●プラキット●原型/Arm-Q、制作協力/瑞穂町デザインチーム

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ Ⓒサンライズ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

キャラクター・プラモデル・アーカイブVol.001

ご購入はこちら

HJメカニクス12

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー