• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • FULL MECHANICS「レイダーガンダム」が登場! 最新ガンプラのプロポーションをアレンジしつつ作例製作【機動戦士ガンダムSEED】FULL MECHANICS「レイダーガンダム」が登場! 最新ガンプラのプロポーションをアレンジ...FULL MECHANICS「レイダーガンダム」が登場! 最新ガン...

FULL MECHANICS「レイダーガンダム」が登場! 最新ガンプラのプロポーションをアレンジしつつ作例製作【機動戦士ガンダムSEED】

2022.06.15

GAT-X370 レイダーガンダム【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年7月号(5月25日発売)

「FULL MECHANICS」新弾はレイダーガンダム! 自分好みのプロポーションにアレンジしつつキットレビュー

 2021年のカラミティガンダムに続く形で、レイダーガンダムが「FULL MECHANICS」にて1/100スケールで立体化。「FULL MECHANICS」ならではのハイディテール&模型アレンジが施されたエッジが効いたデザインに加え、巧みな変形ギミックや破砕球「ミョルニル」におけるリード線巻き取りギミックなど、見どころ満載な逸品に仕上がっている。月刊ホビージャパン2021年8月号掲載のカラミティガンダムと同じく、今回も渡辺圭介がキットレビューを担当し、太モモを延長することでプロポーションを若干変更しつつ製作している。

▲100mmエネルギー砲「ツォーン」を備え凶悪さが強調されている頭部。作例では頭部のアンテナに加え、胸部インテーク内のフィンもシャープ化している
▲首後部の肉抜きはパテで塞いだ
▲ハンドパーツはHGBCビルドハンズ角型のLサイズから握り拳と平手を追加で製作している
▲2連装52mm超高初速防盾砲はグリップを内蔵しており、マニピュレーターによる手持ちも可能
▲2連装52mm超高初速防盾砲と破砕球「ミョルニル」も本体に合わせたハイディテールな出来映え
▲破砕球「ミョルニル」のワイヤーはリード線を内蔵することで再現。リード線はミョルニルの棘を回すことで内部に収納可能で、ディスプレイ用の台座も用意されている
▲太モモ部分を4mmほどプラ板とパテで延長している。また、機体各所の面のエッジ部分に紫色を描き込むことで禍々しさを強調し、レイダーガンダムのキャラクター性を強めている
▲バーニア各部はメタリックカラーを配することでよりメカニカルな印象に。脚部のケーブルも塗り分けたことで完成度を高めている
▲キット素組み(左)との比較。少し長身なプロポーションとなったことで、よりスタイリッシュな印象となった
▲フロント・アーマー裏側にある肉抜きはプラ板で塞いだ
▲レイダーガンダム最大の特徴であるMA形態への変形機構
▲両翼にアタッチメントを取り付けることで劇中にもあったカラミティガンダムを載せた状態を再現できる
▲機首部にはM417 80mm機関砲を内蔵
▲サイド・アーマーから展開される大型クローユニットはフレキシブルに可動する

▲肩部に内蔵されたM2M3 76mm機関砲はパーツ差し替えなしでMA形態の状態に展開可能

▲月刊ホビージャパン2021年8月号のカラミティガンダムを実際に載せてみた。どちらも1/100スケールなのでかなりの大ボリューム&大迫力! 同シリーズのフォビドゥンガンダムも発売が待たれる
※カラミティガンダムの搭乗ディスプレイにはアクションベースを複数個使用します。

■レイダーガンダム
『機動戦士ガンダムSEED』から、レイダーガンダムが「FULL MECHANICS」で発売! 昔ならまさかと言ったところですが、2021年発売されたカラミティガンダムがあるので、そう来たかと感心するばかり。思った通り変形もしますし、カラミティを載せることもできる優れものです。

■製作
 軽く仮組みをしてみると、文句なしの良キットでした。モールドも合わせも申し分ないので、これと言って特別なことはしなくてもすばらしいレイダーガンダムが完成します。ただあくまでも個人的な好みによるところですが、脚が少し短く感じたので、その辺りをいじってみることにしました。

■頭部
 頭自体は普通の分割ですが、最後に首パーツに接続というわけではなく、首玉を挟みつつ後頭部をはめると言う珍しい作りです。首パーツは後ろが肉抜きされているので、パテで塞ぎました。変形時に干渉しないように、盛りすぎには注意です。アンテナは先端部をもう少しだけ削ってシャープ化しました。

■胴体
 胴体や腕部も見事な作りです。ただハンドパーツは種類がないので、HGBCビルドハンズ角型のLサイズで握り拳と平手を製作しました。ジョイント部分の軸玉の大きさが合わないので、少し太らせて対応しています。フロント・アーマーの裏側の肉抜きが目立つので、ここはプラ板で塞ぎました。

■脚部
 脚を長めにするために、いろいろ試した結果、太モモ部分を4mmほど延長することにしました。股関節パーツの受けの下でカットすれば、可動や周りには影響することもなく、見た目のバランスも良いのでここで決定です。4mm幅にカットした1mm厚プラ板を、形状を合わせて加工しつつ接着。太モモは微妙なカーブなので、ラインをあわせるように盛り削りで対応し、サフでしっかり下地を作っておきます。

■塗装
 色合いはHGキットも参考にしつつ調色。
黒=LP-15ラバーブラック、エッジにLP-1黒
赤=ブライトレッド
黄=イエロー+蛍光イエロー少々
グレー=LP-15横須賀海軍工廠グレイ(日本海軍)
グリーン=ホワイト+クリアーグリーン
パープル=パープルグレー
武器類グレー=ティターンズブルー+AT-05ダークブルー
 各部エナメル塗料でスミ入れ、部分的に軽くグラデーションや汚しを施しました。付属のマーキングシールを貼って、最後にツヤ消しを吹いて完成です。

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット “FULL MECHANICS”

GAT-X370 レイダーガンダム

製作・文/渡辺圭介

FULL MECHANICS レイダーガンダム
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●5500円、発売中●1/100、約18cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©創通・サンライズ

渡辺圭介(ワタナベケイスケ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年7月号

ご購入はこちら

ガンプラカタログ2022 プレミアムバンダイ編

ご購入はこちら

ガンプラが絶対にうまくなる10の製作テクニック

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー