• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • フルスクラッチで『境界戦機』「ゼリーゼジアマン」を精度高く再現フルスクラッチで『境界戦機』「ゼリーゼジアマン」を精度高く再現フルスクラッチで『境界戦機』「ゼリーゼジアマン」を...

フルスクラッチで『境界戦機』「ゼリーゼジアマン」を精度高く再現

2022.05.02

FGEA08 ゼリーゼジアマン【スクラッチビルド 1/72】 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

FGEA08 ゼリーゼジアマン 特撮カット

大ユーラシア連邦の高性能指揮官機をスクラッチで製作

 大ユーラシア連邦軍が使用する指揮官用AMAIM「FGEA08 ゼリーゼジアマン」を、公式外伝『境界戦機 フロストフラワー』にて主人公機の僚機となる「NA10/3JP セツロ」を製作した仲井望が製作。プラ板やパテなど各種マテリアルを駆使したスクラッチモデルで、特徴的な腕脚のシーリングも含めて精度高く再現している。

FGEA08 ゼリーゼジアマン 正面
FGEA08 ゼリーゼジアマン 背面

▲主力AMAIMのソボーテジアマンよりも人型に近いシルエットだが、無機質な印象を与える頭部が目を惹くデザイン。寒冷地での耐性を高めるために腕と脚にシーリングが施されているのもソボーテジアマンとの相違点

FGEA08 ゼリーゼジアマン 正面 頭部
FGEA08 ゼリーゼジアマン 背面 頭部
▲プラパイプを芯に天面は丸モールドを貼り、下部はエポパテで製作。中央の丸モールドは一度開口してからプラ棒を埋めて再現。首関節は丸く切り出したプラ板にボールジョイントを上下につないで製作
▲胸基部はプラ板の箱組みにエポパテを盛り製作。背面ユニットはプラ板の箱組みで、アンテナはプラ板を切り出して再現。腹部は丸く切り出したプラ板にエポパテを盛り製作。前面装甲はエポパテを盛り、下部の赤いパーツは0.5mmプラ板を切り出して再現
▲脇のブロックはプラ板の箱組みとプラパイプの組み合わせ。前部形状はエポパテで再現。接続部はプラパイプを埋めてから開口し、ボールジョイント接続としている

▲肩関節はプラ板から製作し、上腕はプラパイプを芯にエポパテを盛り製作。肩アーマーはエポパテの削り出しで再現。ヒジ関節はプラ板とプラパイプの組み合わせで製作し、ヒジ当て状のパーツはエポパテから製作。前腕は上腕同様、プラパイプを芯にエポパテを盛り製作。ハンドはHGBCビルドハンズ丸型のLサイズを使用して、甲の形状を変更した

▲腰基部はプラ板の箱組みで、フンドシと四方の凸モールドはエポパテで製作。腹部との接続部はポリボール接続とした。左右の装甲ブロックは基部をプラ板の箱組みから、前側のカバー形状はエポパテで製作し、シワは削ってからヤスリで整形するなどして表現した
▲腕脚のシーリングは試行錯誤した結果、グレーのビニール素材を切り出し、筒状にしてホットシーラーで溶着して製作。固定はせず履かせる形で再現した

▲股関節はプラ板とプラパイプから製作。ヒザ関節はヒジ同様にプラ板とプラパイプの組み合わせ。太モモとスネはプラパイプにエポパテを盛り、ヒザアーマーはエポパテから製作。靴部はプラ板の箱組みをブロックごとに分けて製作し、接続部はボールジョイントを使用している

FGEA08 ゼリーゼジアマン 前後
▲シーリングを外した状態。設定上は腕脚はシーリングで覆われているが、実際には外した状態の設定画も存在するので、作例はそちらを参考に製作している
FGEA08 ゼリーゼジアマン 製作途中
▲製作途中状態。胴体は主に直線で、腕脚は曲線で構成された形状を各種マテリアルを使い分けることで精度高く再現している。また、左右バランスを整えるために左右対象のパーツを複製してそろえている

FRONT

FGEA08 ゼリーゼジアマン 前

SIDE

FGEA08 ゼリーゼジアマン 斜め

REAR

FGEA08 ゼリーゼジアマン 後ろ
FGEA08 ゼリーゼジアマン 武器

▲30mm機関砲は、機関部や弾倉をプラ板の箱組みで製作。砲身はプラ棒とプラパイプを使用し、グリップは3mm径KPSランナーの枠を使用。ナタ(大型)はプラ板の積層から製作している

FGEA08 ゼリーゼジアマン 構え
▲劇中では第十話「遠征」にて、大ユーラシア連邦軍少佐、アレクセイ・ゼレノイが搭乗し、ケンブら3体のMAILeSを同時に相手にする活躍を見せた。第二部では後継機も登場する機体だけにキット化を期待したいところだ

■大ユーラシア連邦軍の有人機
『境界戦機』は精力的に登場メカがキット化され、各国のAMAIMがそろいつつある状況ですが、大ユーラシア連邦の機体だけはキット化に恵まれていません。ゼリーゼジアマンはHJ本誌では公式外伝『境界戦機 フロストフラワー』にバリエーション機体が登場していますが、アニメ本編のアレクセイが駆る原型機は作例になっていなかったので、今回製作しました。製作に際しては、芯にできそうなものが何もないので、いつも通りプラ板とエポパテを組み合わせたスクラッチビルドです。

■塗装
 主にガンダムカラー、Mr.カラー、ガイアカラーを使用。ほぼ設定画に準じています。
グレー1=クールホワイト+ニュートラルグレー
グレー2=ネービーブルー+ニュートラルグレー+色ノ源シアン
茶=マホガニー
黄=MSイエロー
赤1=あずき色+マホガニー
赤2=モンザレッド+焔朱+色ノ源イエロー+α
武器1=MSグレージオン系
武器2=Mr.フィニッシングサーフェイサー1500
 仕上げにフラットクリアーでツヤを整えて完成です。

1/72スケール スクラッチビルド

FGEA08 ゼリーゼジアマン

製作・文/仲井望

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

仲井望(ナカイノゾム)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

作りたくなる!境界戦機プラモデル製作指南書

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー