• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『境界戦機』HGキットにパワーアップした「ケンブ斬」が登場! 丁寧な面出しと合わせ目処理などで作例製作&キットレビュー『境界戦機』HGキットにパワーアップした「ケンブ斬」が登場! 丁寧な面出しと合わせ目...『境界戦機』HGキットにパワーアップした「ケンブ斬」...

『境界戦機』HGキットにパワーアップした「ケンブ斬」が登場! 丁寧な面出しと合わせ目処理などで作例製作&キットレビュー

2022.04.26

YM-04 ケンブ斬【BANDAI SPIRITS 1/72】 月刊ホビージャパン2022年6月号(4月25日発売)

ケンブ斬 メイン画像

生まれ変わったケンブを仕上げ重視で完成させる

 隠岐の島の戦いから8ヵ月、椎葉 アモウとともに帰還した「YM-04 ケンブ斬」。あらゆる性能がケンブより大幅に向上しており、見た目にも力強くなったシルエットをHGキットでもシャープに再現している。キットレビューはurahana3が担当。仕上げのきれいさを重視して気になる肉抜き埋めや合わせ目処理を行い、一部塗装アレンジによるメリハリを加えて完成させている。

ケンブ斬 全身画像
▲各部パーツが大型化され、ほぼ全身が新規パーツになっているのが見て取れる。特に腕と脚の形状変更が顕著で大型化と相俟ってパワーアップした印象が強い。左腕部マウントラッチには40mm腕部機関砲を装備
ケンブ斬 頭 画像
▲頭部は黄色い飾りパーツの主張が強くなり、アゴは牙のような形状になっている。肩装甲は大型化+配色変更により存在感が高められた
▲頭部は側面装甲後部裏側にわずかに肉抜きがあるのでパテで埋めて処理
▲肩装甲は可動部裏側に肉抜きがあり、角度によっては隙間が空いて見えるので、0.25mmプラ板を開口部の形状に合わせて切り出してふさいでいる
ケンブ斬 全身 背面画像
▲背面ウェポンラックには超熱振式戦闘長刀を装備
ケンブ斬 右上腕画像
▲腕部は前腕部が大型化。ヒジにある黄色い突起パーツが目を惹く
ケンブ斬 左足画像
▲脚部は大型化&より鋭利な形状になった。また、ふくらはぎには移動補助用のスラスターが追加されている
▲足首関節軸の肉抜きはパテ埋めで処理。つま先パーツの裏側はあまり目立たない部分なのでプラ板を貼る程度にしている
▲ハンドパーツの塗り分けはマスキングゾルを使用して再現
▲前腕部の黄色いパーツは挟み込み式なので塗装の便を考慮して後ハメ化。まずは黄色いパーツの一部をタガネ等を使用して切り離す(写真はBMCタガネの0.1mmを使用)
▲こちらが切り離した状態。中に残すパーツを取り付けたまま外装の白いパーツを接着して合わせ目を処理する
▲腰部リアアーマー下部裏側の肉抜きはパテで埋めた
▲ヒザの黄色いパーツは関節軸と一体になっているので、こちらも合わせ目処理のために切り離す
▲スネのパーツをぐるっと一周する合わせ目を処理して塗装後に黄色いパーツを接着している

▲ケンブなどのアイコンにもなっている特徴的な電源マークは、しっかりとマスキングしてから塗り分けた

ケンブ斬 素組み 全身比較画像
▲キット素組み(左)との比較。各部丁寧な面出しと合わせ目処理などで、よりきれいな仕上がりとなっている。また、一部関節部のメタリック塗装や外装部をグレーで塗り分けることで、面にメリハリを持たせている

▲超熱振式戦闘長刀は丁寧に合わせ目を処理。キットを2セット使用して、待機時と熱振時を両方製作した

▲40mm腕部機関砲は銃口部を開口して金属パーツでディテールアップ。段落ち部分をシルバーで塗り分けることで立体感を強調している
ケンブ斬 全身 構えポーズ
▲力強くなったフォルムに大剣がよく似合う。ケンブ斬なら片手で振り回すことも可能だが、両手持ちになることも考慮して火器が手持ち式から前腕固定になっていることもポイントだ
ケンブ斬 ジャンプ画像

 腕部の黄色いパーツ、ヒザの黄色いパーツはそれぞれ後ハメ加工を行い、塗装後に接着しています。中に残す部分は残し、必要な箇所を切り離す方法です。こういう切り離し加工を行う際、BMCタガネの0.1mmで作業することが多いです。
 細かい肉抜きはひとつひとつ処理していきます。肩の内側は関節パーツが入る部分の隙間が見えてしまうので、0.25mmのプラ板を同じサイズに切り出して接着。ヤスリをかけて隙間をなくしています。腰部リアアーマーは赤いパーツの裏側が肉抜きになっていますので、パテで修正。頭部の襟足もちょっとした肉抜きが見えるのでパテで修正します。
 要所要所に入っている特徴的なマークのディテールはマスキング塗装で再現します。エナメル塗料での拭き取りも考えましたが、完全な凹みディテールになっているわけでもなく難しそうと判断して、マスキング塗装にしました。ハンドパーツは5本指の一部が白になっていますので、マスキングでの塗り分けが必要です。テープではどうにも処理できなさそうなので、白塗装→マスキングゾルを筆塗りして白になる部分をマスキング→グレー塗装→マスキングゾルを剥がす、という手順です。きれいに仕上げるにはなかなか難易度高めでした。
 主人公機ですが、スモーキーな色味の仕上がりにしたく、それぞれ彩度を落として白・赤・黄の3色をまとめています。関節部の成型色は黒寄りですが、かなりグレー寄りにして色のキツさをなくしてコントラストを弱めました。なんとなくですが、明るくハッキリとした主人公カラーよりも彩度を落とした仕上がりが似合いそうな気がしたので、アニメカラーとは違う感じに冒険しています。この作例で、少し新しい方向のケンブ斬を見ていただけたらと思います。

BANDAI SPIRITS 1/72スケール プラスチックキット“ハイグレード”メイレスケンブ斬 使用

YM-04 ケンブ斬

製作・文/urahana3

HG 1/72 メイレスケンブ斬
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2750円、発売中●1/72、約15cm

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

urahana3(ウラハナサン)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年6月号

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー