• HOME
  • 記事
  • フィギュア
  • 公開迫る『シン・ウルトラマン』がCharacter Classicsに仲間入り!【海洋堂PICK UP ITEMS】公開迫る『シン・ウルトラマン』がCharacter Classicsに仲間入り!【海洋堂PICK UP IT...公開迫る『シン・ウルトラマン』がCharacter Classics...

公開迫る『シン・ウルトラマン』がCharacter Classicsに仲間入り!
【海洋堂PICK UP ITEMS】

2022.04.06

海洋堂PICK UP ITEMS 月刊ホビージャパン2022年5月号(3月25日発売)

公開迫る『シン・ウルトラマン』がCharacter Classicsに仲間入り!【海洋堂PICK UP ITEMS】

 今回の海洋堂PICK UP ITEMSでは、海洋堂が誇る特撮ヒーローフィギュアのトップブランド「Character Classics」に『シン・ウルトラマン』登場のニュースをフィーチャー。さらにアメイジング・ヤマグチシリーズからは、全身に炎をまとったトップヒーローであるエンデヴァーが立体化! そしてオールマイトの再販も決定! どちらも見逃すことのできない注目作、じっくりご覧いただきたい。


いよいよ公開迫る期待作『シン・ウルトラマン』がCharacter Classicsに参戦!

 いよいよ5月13日に公開予定が迫った『シン・ウルトラマン』より、ウルトラマンがCharacter Classicsシリーズに仲間入り。原型製作は、これまで多数の特撮ヒーローや怪獣の造形を手掛けてきた木下隆志氏。人型ではありつつ、細長いプロポーションから漂うどこか超然とした雰囲気を的確に捉えた造形は見事のひと言。また、手作業でのレジン複製とプロフィニッシャーによる美しい塗装という、Character Classicsの持ち味はもちろんそのまま。最新のウルトラマンを、迫力のサイズで楽しめるぞ。

シン・ウルトラマン 正面全身画像
▲ 美しい光沢のある塗装と、ひょろりとした独特のプロポーションが目を惹くCharacter Classics版のシン・ウルトラマン。シンプルながら、明らかに通常の人体とは違う存在感を表現している
シン・ウルトラマン 背面全身画像
▲ スペシウム光線発射ポーズ特有の、上半身をぐっと前傾させたポーズも見事に再現。シン・ウルトラマンでは『ウルトラマン』でのスーツにあったヒレ部分がない、つるっとした背面になっている点にも注目したい
シン・ウルトラマン 横顔の画像
シン・ウルトラマン 斜めからの顔の画像

▲ これまでのCharacter Classicsでのウルトラマンシリーズと同様、頭部にはLEDによる目の発光ギミックを搭載。後ろに向けて尖っている、宇宙人っぽい独特な頭部の形状も再現されている

シン・ウルトラマンとカプセルQキャラクターのシン・ウルトラマンシリーズとのサイズ比較の画像
▲ すでに発表されているカプセルQキャラクターの『シン・ウルトラマン』シリーズとのサイズ比較。29cmという大きさがよくわかる。両方手に入れてディスプレイするのもオススメなのだ(カプセルQキャラクター『シン・ウルトラマン』の記事はこちら)

Character Classics シン・ウルトラマン

●発売元/海洋堂●76780円、夏頃予定●約29cm●原型/木下隆志


灼熱のトップヒーロー、エンデヴァーがアメイジング・ヤマグチに参戦!

 「アメイジング・ヤマグチ」×『僕のヒーローアカデミア』立体化第5弾として選ばれたのが、全身に燃え上がらせた炎をまとうトップヒーロー、エンデヴァーだ! オールマイトへのライバル心を燃やし続けてきた彼の姿を、多数のエフェクトパーツとマッシブなボディで表現した力作だ。特に炎の形状はメラメラを揺らめいているものから勢いよく噴射されているものまで、数種類が付属。ハデなポーズと組み合わせることで、アニメのシーンそのままの迫力が味わえるぞ。

エンデヴァー 正面全身画像
エンデヴァー アクションポーズの画像
▲ 大柄かつマッシブなボディだが、アメイジング・ヤマグチならではの可動範囲の広さでハデなポーズもガンガン決まる。これぞ山口原型の真骨頂だ
エンデヴァー 炎のエフェクトパーツを装着した画像 その1
エンデヴァー 炎のエフェクトパーツを装着した画像 その2

▲ 全身に燃え上がる炎は、多数のエフェクトパーツにて表現。体の各部にあるジョイントに取りつけることで炎をまとった状態にでき、さらに炎のパーツ同士をジョイントで接続することで、さまざまな必殺技を演出できる

エンデヴァーのオプションパーツ画像
▲ 16個の炎表現用エフェクトパーツに加えて、3種のオプションフェイスパーツおよび目線変更用のオプションアイパーツ7つ、オプションハンド7つと「スマートフォン」が用意されている

アメイジング・ヤマグチ 028 エンデヴァー

●発売元/海洋堂●価格未定、9月予定●約19cm●原型/山口勝久

エンデヴァーに合わせ、オールマイトの再販決定!

 『僕のヒーローアカデミア』において、エンデヴァーとも因縁の深いキャラクターであるオールマイト。かつてアメイジング・ヤマグチで製品化されたこともあるこのヒーローが、エンデヴァーの販売に合わせて再販決定!「平和の象徴」とも称されるNo.1ヒーローの勇姿を入手するチャンスなので、買い逃した人は要チェック!

オールマイトの画像

アメイジング・ヤマグチ 019 オールマイト(再販)

●発売元/海洋堂●9240円、6月予定●約19cm●原型/山口勝久

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会
©円谷プロ
©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年5月号

ご購入はこちら

ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE EP:ZERO

ご購入はこちら

ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE Episode:TIGA

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー