• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【ブレンパワード作例】Blu-ray Box発売記念! 「ユウブレンパワード」を【ブレンパワード作例】Blu-ray Box発売記念! 「ユウブレンパワード」を【ブレンパワード作例】Blu-ray Box発売記念! 「ユウ...

【ブレンパワード作例】Blu-ray Box発売記念! 「ユウブレンパワード」を<再構築(リバイバル)>

2022.02.20

ユウブレンパワード【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

ユウブレンパワード 特写

関節強化とアンチボディ特有の関節ディテールを盛り込む

 1998年にWOWOW初の有料アニメとしてスクランブル放送された、富野由悠季監督作品『ブレンパワード』。このたび、3月29日にBlu-ray Boxが発売されることが決まり、その記念として改めて、主人公機ブレンパワードを製作。放映当時に発売されたBANDAI SPIRITSヒメブレンパワードを使用し、カラーリングを伊佐未 勇(イサミ ユウ)に変更。ユウブレンとして仕上げている。ABS関節部の強化と合わせ、メインデザイン永野護氏が描く関節周りや細かなディテールを盛り込んだ、フルディテール版として完成させた。

ユウブレンパワード 前後
ユウブレンパワード アップ
ユウブレンパワードとヒメブレンパワードのツーショット
▲2019年5月号掲載のヒメブレンパワード(製作/田村和久)とのツーショット。ともに基本的なスタイリングはそのままに、ディテールの追加に重きを置いた作例となっている
ユウブレンパワード ブレンブレード持ち立ち
ブレンバーとブレンブレード
▲基本武装のブレンバーとブレンブレード。ブレンバーはグリップ下部に設定にあるフック状パーツを追加した以外はキットのまま丁寧に塗り分けたのみとした
ひとまわり大きくなるよう新造
▲ブレンブレードはプラ材でひとまわり大きくなるよう新造した
目のスリットや頬のダクトや胸の橙色部分
▲目のスリットや頬のダクトや胸の橙色部分にはスーパーシルバーの上から蛍光オレンジを塗装し、ブラックライトを当てれば発光して見えるように演出した
ユウブレンパワード ポールジョイント
ユウブレンパワード ブレンバー持ち

FRONT

FRONT

SIDE

SIDE

REAR

REAR
左腕部 塗装前
ユウブレンパワード 左肩関節
肩装甲裏
駆動筋のディテール 塗装前
駆動筋のディテール
ユウブレンパワード 左腕部アップ

▲肩装甲は接着後内部を削り、0.3mmプラ板を一枚一枚接着してヒダのようなディテールを追加。腕部はボールジョイントの雌部を中核として、エポパテや0.3mmプラ板で細かく駆動筋のディテールを入れている

胴体フレーム
胴体外装

▲胴体フレームはすべて芯に1mm真鍮線を入れ、肩部には0.3mmプラ板を細かく貼り付け、首部には追加ディテールを入れている。胴体外装は左右ダクトを市販パーツで追加、襟元の形状をパテ等で修正している

平手はスーパーミニプラウォーカーギャリアのもの
▲平手はスーパーミニプラウォーカーギャリアのものを転用。彫刻刀でディテールを彫り込み使用した
股関節カバー製作
股関節カバー装着
ユウブレンパワード 股関節周辺
▲股関節にビルダーズパーツHD 1/100 MSバーニア01のA3パーツを加工したカバーを被せ、「筋」のつながりをフォロー。太モモ部外装はボールジョイントやヒザ軸をカバーしきる形状に光硬化パテ等で形状変更。股間のハッチ外装は3mm程度取り付け位置を上げ、光硬化パテで整形した
足首関節もビスで軸打ち
▲足首関節もビスで軸打ちをし強度を高めている
靴部はつま先を延長
▲靴部はつま先を延長しつつ、ソール内部に光硬化パテを充填した後削り込み、スネからつながるアウトラインをより自然に見えるように調整した
ユウブレンパワード ブレンバー構え

■リバイバル
 作例製作にあたり『ブレンパワード』全26話を改めてサブスク視聴していた只野です。
 序盤は多彩な女性たちの葛藤や対立が際立った印象でしたが、大筋では巨大遺跡オルファンを巡り、オーガニック・プレートから再構築(リバイバル)するグランチャー、ブレンドパワードとの相関関係が徐々に明らかになる構成に引き込まれますね。
 さて、お題は「ユウブレンパワード」。永野護氏が紡いだ設定画を読み込みオーガニック・マシンの特徴を捉え製作に挑みます。

■関節強化
 当時モノの「ヒメブレンパワード」を仮組みしていくとABS製のボールジョイントが砕ける…!(経年劣化で可塑剤が抜けているのか?) 途方に暮れながらも強化・ブラッシュアップ法を模索し作業を進める。ブレンはまるで鋼板が折り重なったような駆動筋が露出しているので、このディテールを細かく入れることで関節強化を兼ねることにした。
 各軸にはほぼすべて金属線や精密ビスを貫通させて強化、ボールジョイント雌側にはプラ板やエポパテで板状ディテールを付加して構造強化している。
 特に腕部は切り出した0.3mmプラ板を一枚一枚接着して「筋」のディテールを地道に入れている。
 脚部はがら空きな関節周辺やヒザからスネのラインを調整。頭部は目のスリットを彫り直したり耳部形状を調整した。

■塗装
 目のスリットやスネの一部等、橙色部分にはC159・スーパーシルバー⇒蛍光オレンジを重ね、ブラックライト照射で発光するようにした。マスキングを施し基本塗装を行う。
 機体色はC1ホワイト+色ノ源シアン+マゼンタ+イエロー調合のブルー。
 駆動筋にはベースグレー⇒フラットクリア+雲母堂CCブラックパール。

■まとめ
 駆動筋の再現に悪戦苦闘した本作例ではあったが、機会があれば後半に登場する再リバイバル後の「ネリーブレン」にも挑戦してみたいと思う只野でした。

ユウブレンパワード

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット ヒメブレンパワード 使用

ユウブレンパワード

製作・文/只野☆慶

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒサンライズ

只野☆慶(タダノケイ)

PAGE TOP
メニュー