• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 【メガミデバイス作例】「皇巫 スサノヲ」を多彩な塗装法でさらに美しく魅せる!【メガミデバイス作例】「皇巫 スサノヲ」を多彩な塗装法でさらに美しく魅せる!【メガミデバイス作例】「皇巫 スサノヲ」を多彩な塗装...

【メガミデバイス作例】「皇巫 スサノヲ」を多彩な塗装法でさらに美しく魅せる!

2022.02.17

メガミデバイス 皇巫 スサノオ【コトブキヤ 1/1】 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

メガミデバイス 皇巫 スサノヲ

皇巫 スサノヲ トップ画

シリーズ最高峰の旗機登場! 塗装表現で強く美しく魅せる

メガミデバイス

 メガミデバイスの2022年初にして超ビッグアイテムとなる「皇巫 スサノヲ」。2018年の初報から長い開発期間を経ていよいよ発売となる。キットはほぼ全身を覆う武装に豊富な組み替え、変形ギミックを搭載。多彩なモードチェンジに加え素体にも新たな試みが見られ、ボリューム、仕様ともに現メガミデバイス最高峰のアイテムとなっている。この超大物キットに挑むはurahana3。得意とする美麗な塗装の腕を存分に振るってもらい、艶やかな作例に仕上げている。本キット製作に臨むモデラー諸氏の指針となれば幸いだ。

皇巫 スサノヲ
皇巫 スサノヲ 後ろ

▲当初は朱羅をベースに開発がスタートした本アイテムだが、スタッフのこだわりにより新規開発に転向。発表から3年以上をかけて発売となった。パーツ数も膨大なので、製作の際は心してかかりたいところ

皇巫 スサノヲ 戦闘
背面メカアーム

▲メイン武器の天叢雲剣ほか、クリアーパーツの採用量も過去最多クラス。素組みでも豪奢な雰囲気だが、作例では背面のメカアームに金属パーツを貼りつけ、質感をさらにアップさせている

皇巫 スサノヲ 上半身
皇巫 スサノヲ フェイスパーツ

▲髪の色はキット指定よりブロンド寄りに。ボディスーツ部を光沢仕上げにして体のラインを強調した。フェイスはキット付属の3種と朱羅弓兵の笑顔から流用したものの計4種を製作

皇巫 スサノヲ インセインモード
皇巫 スサノヲ ブルータルモード

▲後光型の重力制御装置はメカアームでフレキシブルに展開。肩鎧を腕に装着、脚が獣脚に変形するとインセインモードへ。さらに重力制御装置を武器として装備、剣が尾に変形しブルータルモードに、と凄まじいまでのギミック量を持つ

肩装甲 アップ
装甲 肉抜き埋め
背面メカアーム
クリアパーツ後ろ

▲数ヵ所ある肉抜き部も見逃さずに処理。こうした丁寧なパーツ整形が塗装の効果をさらに引き上げてくれる

皇巫 スサノヲ 新要素のメカ素体、AUVフレーム
▲新要素のメカ素体、AUVフレーム。手足の武装パーツはこれに装着していく。組み替えの自由度がさらに増すため、今後の展望にも期待したいポイントだ
皇巫 スサノヲ 素体
ラスキウスアウラのライラック
プリズムマゼンタゴールド
▲ドクロ部はラスキウスアウラのライラックで、クリアーパーツはプリズムマゼンタゴールドでそれぞれグラデーション塗装
エヴァナイトパープル塗装後
クリアーレッドをコート

▲肩鎧はエヴァナイトパープル塗装後、ニンジャパープルでグラデーションをかけた。金部分先端もクリアーレッドをコート

ピュアブラック塗装
先端をグラデーション
上から純色バイオレットでコート
→スムースパールコートを吹いてマット風パール仕上げ

▲黒部分はピュアブラック塗装後にGXメタルパープルで先端をグラデーション、上から純色バイオレットでコートし馴染ませる。ほかのグラデーション部も基本的に工程は同じだ。水色部は通常色の上にパール白虹ブルーイッシュシルバー→スムースパールコートを吹いてマット風パール仕上げに

皇巫 スサノヲ フル装備
▲組み替え、ギミックの量が非常に多いため、全塗装して仕上げる場合は各部の擦り合わせ、可動軸の調整をしっかり行おう。非常に塗装映えするキットなのは間違いない

 皇巫スサノヲの製作を担当しましたurahana3です。自分でもこれは作りたいなぁと思っていたのです、カッコいいですし。ただ圧倒的なパーツ量、複雑な構造と繊細な造形により、やはり製作は大変難しかったです。そのぶん完成時の満足感も十二分にありますので、ぜひチャレンジしてほしいキットです。
 製作は肉抜き箇所をパテで埋める作業から。ポージングで露呈する箇所をしっかり確認して、可能な限り埋めています。その後は可動のキツさを調整するためひたすらヤスリで削る・瞬着を塗るの繰り返しです。なにしろ可動箇所がとんでもなく多いので、塗膜ぶんの考慮が必要な部分が膨大にあります。クリアーパーツはパーティングラインを1000番ヤスリで丁寧に消しています。ツヤありで仕上げるメタリックパーツのヤスリがけも極力丁寧に、削り跡が目立たないよう行っています。
 塗装ですが、ツヤありツヤ消し、パール、メタリック、グラデーション塗装を適宜割り当てて、目を惹く全身像に仕上がるよう構想しました。ボディスーツはクリアーコートでテカテカ仕上げ、金・銀は吹きっぱなしでツヤ感を出しています。金はGSIクレオスのスーパーゴールド2、銀はガイアカラーのマスターシャンパンゴールド、紫はエヴァナイトパープルです。クリアーパーツと一部黒パーツもメタリックでそれぞれグラデーションを付けています。水色パーツはパール塗装で。とにかく多様な塗装を駆使して印象的な見た目に仕上がるよう工夫しました。途中写真で使用塗料を説明してますので、参考にしていただければ嬉しいです。マスキングがごく一部で済むのがとても助かりますね…!

皇巫 スサノヲ

コトブキヤ 1/1スケール プラスチックキット “メガミデバイス”

皇巫 スサノヲ

製作・文/urahana3

メガミデバイス 皇巫 スサノヲ
●発売元/コトブキヤ●9900円、1月予定●1/1、約20cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⒸKOTOBUKIYA・RAMPAGE ⒸMasaki Apsy ©Toriwo Toriyama

urahana3

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

メガミデバイスモデリングコレクション

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.15

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー