• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • アニメ『境界戦機』第二部 4月スタートに先立ち、アジア軍主力AMAIM「牛人」がHGで登場!アニメ『境界戦機』第二部 4月スタートに先立ち、アジア軍主力AMAIM「牛人」がHGで登場...アニメ『境界戦機』第二部 4月スタートに先立ち、アジ...

アニメ『境界戦機』第二部 4月スタートに先立ち、アジア軍主力AMAIM「牛人」がHGで登場!

2022.01.26

境界通信室 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

境界通信室ロゴ

第一部完! 第二部は2022年4月スタート!

 SUNRISE BEYOND×BANDAI SPIRITSによる新作ロボットアニメーション『境界戦機』に関するさまざまな情報をお伝えしていく「境界通信室」。衝撃的なラストで幕を閉じた第一部。続きが気になる第二部は2022年4月からということでまだ少し時間がある。であれば、この機会に一部をしっかりとおさらいしておくのもよいのではないだろうか。

公式サイト https://www.kyoukai-senki.net/
公式 Twitter @kyoukai_senki
プラモデルシリーズ公式サイト https://bandai-hobby.net/site/kyoukai-senki/

放送・配信情報

●第一部 2022年1月から再放送
 テレビ東京 毎週月曜日 25:30〜26:00
 MBS 毎週水曜日 27:30〜28:00
 BS11 毎週金曜日 19:00〜19:30
●第二部 2022年4月から放送開始

●配信情報
 BANDAI SPIRITS公式YouTubeチャンネル
 (アーカイブ配信)ほかにて配信中

この1冊で第一部を総ざらい!!

 第二部スタート前に第一部をしっかりと復習しておきたい、またはこれから『境界戦機』に触れてみようという方にはぜひこの『境界戦機MAGAZINE Vol.1』を手に取っていただきたい。世界観、ストーリー、登場メカニックの解説、羽原監督など主要スタッフのインタビュー、プラモデル解説、ケンブ、ジョウガン、レイキなどの主要メカニックプラモデル作例をまとめて単行本化。注目アイテム「FULL MECHANICS メイレスケンブ」は成型色を活かした簡単製作法を本書用に新規収録。さらに、特別付録として「境界戦機キャラクターアクリルスタンド」が付属。プラモデルと並べてディスプレイするとより雰囲気を高めることができる。

境界戦機キャラクターアクリルスタンド アモウ、ガシン、シオン
▲こちらが特別付録の「境界戦機キャラクターアクリルスタンド」。アモウ、ガシン、シオンの3人がセットで、各キャラクターの大きさは5cmほどのものとなる
境界戦機キャラクターアクリルスタンド アモウ、ガシン、シオン とHGメイレス
▲3人そろっているので、HGメイレスケンブ、HGメイレスジョウガン、HGメイレスレイキの3体と並べるのが一番のオススメだ。オープニングアニメのラストのような雰囲気にもなる
FULL MECHANICS メイレスケンブと境界戦機アクスタ
▲最新アイテムのFULL MECHANICS メイレスケンブと並べて見るとキービジュアルのようなイメージに。大きさ的にもかなり設定比率に近くなる
月刊ホビージャパン2021年11月号付録キット「1/144 メイレスケンブ」と境界戦機アクスタ
▲月刊ホビージャパン2021年11月号付録キット「1/144 メイレスケンブ」と並べてみると…。設定的には無理があるがコンパクトなディスプレイを楽しむにはちょうどよい大きさ。付録キットをお持ちの方はぜひ
境界戦機MAGAZINE Vol.1

境界戦機MAGAZINE Vol.1

境界戦機MAGAZINE Vol.1
●発行元/ホビージャパン●2475円、発売中●A4判●特別付録「境界戦機キャラクターアクリルスタンド」

「メイレスケンブ」巨大立像ついに完成!!

 PARCOのクラウドファンディング「BOOSTER」で募集した「メイレスケンブ」巨大立像プロジェクトがついに実現。高さ約3mにもおよぶ大迫力の立像が、2021年12月からのPARCO広島を皮切りに、名古屋PARCOなどを巡回していく。


plastic kit info.

アジア軍主力AMAIMテストショット到着!!

 バンイップ・ブーメラン、ブレイディハウンドに続いてアジア自由貿易協商軍の主力AMAIM(アメイン)「牛人(ニュウレン)」がHGシリーズで2022年2月に発売となる。今回はテストショットにて仕様を確認していこう。

境界戦機 HG牛人
境界戦機 HG牛人 後ろ

▲簡潔かつ単純な機構にすることで大量生産できることを優先された機体ということで、形状もかなりシンプル。武装の運用方法もコンパクトにユニット化されている

境界戦機 HG牛人 ヒジにミサイル
境界戦機 HG牛人 斧 攻撃

▲ミサイルはヒジにマウント。ハッチが開閉し、発射状態を再現可能。複数機を同時に並べることで劇中シーンのようなディスプレイができる

境界戦機 HG牛人 武装
、ハンドパーツ
▲武装は、ライフル、アックス、シールド、ミサイル×2が付属。ライフルのマガジンは着脱可能でシールド裏にマウントできる。ハンドパーツは武器持ち手、銃持ち手、平手がそれぞれ左右ぶんセットされる

HG 1/72 ニュウレン

●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2640円、2月予定●1/72、約13.8cm●プラキット

各経済圏のAMAIMたち

 オセアニア連合軍のバンイップ・ブーメラン、北米同盟軍のブレイディハウンド、アジア自由貿易協商軍のニュウレンを並べてみると、それぞれの機体の特徴だけでなく、各経済圏ごとのAMAIM運用に対する考え方まで見えてきてより興味をそそられる。『境界戦機』という世界観の中で、各メカニックデザイナーらしさも加味されて誕生した個性的なAMAIMたち。ぜひ作り比べてその違いを楽しんでいただきたい。

各経済圏のAMAIMたち バンイップ・ブーメラン ブレイディハウンド、牛人
▲並べて見るとバンイップ・ブーメランが一番ボリュームがあり、ニュウレンが一番コンパクト、ブレイディハウンドはちょうど中間くらいの大きさというのが見て取れる。各経済圏では、現用兵器からどのような流れで現在のAMAIMにいたるのか、その歴史も知りたくなる
この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

境界戦機MAGAZINE Vol.1

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー