• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『フロントミッション』“地獄の壁”部隊をヴィネットで製作 by 小澤京介『フロントミッション』“地獄の壁”部隊をヴィネットで製作 by 小澤京介『フロントミッション』“地獄の壁”部隊をヴィネット...

『フロントミッション』“地獄の壁”部隊をヴィネットで製作 by 小澤京介

2022.01.29

スクウェア・エニックスプロダクツ 月刊ホビージャパン2022年3月号(1月25日発売)

地獄の壁 メイン画像
▲ SQUARE ENIX 1/72 scale plastic kit “FRONT MISSION STRUCTURE ARTS” FROST use Hell’s Wall modeled&descrided by Kyosuke OZAWA

卓上に現れる“地獄の壁”部隊

フロントミッション地獄の壁セット パッケージ画像

 ストラクチャーアーツ『フロントミッション』の第2弾より、新たな作例が到着した。今回はゲーム劇中でもお馴染みの赤いフロストで構成された部隊「地獄の壁」をヴィネットで製作。装備やポージングの差により部隊内の役割を表現し、やられ役のメカやストラクチャーを配置して戦闘中の様子を動的に再現した作例となっている。フロストのウェザリングはもちろんのこと、各所に配置された雰囲気付けの瓦礫やメカにも注目してご覧いただきたい。


 また、こちらの地獄の壁部隊を再現できる赤い成型色のフロスト6機セットも同時発売。勇猛果敢な荒くれ部隊をぜひお手元でも楽しんでもらいたい。

フロントミッション ストラクチャーアーツ
1/72スケールプラスティックモデルキットシリーズ Vol.2

●発売元/スクウェア・エニックス●各1980円、1月予定●1/72、約9cm●プラキット


フロントミッション ストラクチャーアーツ
1/72スケールプラスティックモデルキット フロスト地獄の壁セット


●発売元/スクウェア・エニックス●13200円、1月予定●1/72、約9cm●プラキット


■はじめに
 今回はスクウェア・エニックスのストラクチャーアーツから「フロントミッション地獄の壁セット」の3体を使ったヴィネットを製作しました。

地獄の壁 全体画像
▲ ヴィネットのサイズは約34cm(長辺)×18cm(短辺)×9cm(高さ)。3機の配置バランスと、小ささを両立したヴィネットとなった


■製作について
 3体とも同じパーツ構成ですので組み立ては簡単です。武器が豊富に付属しているので、装備の付け方によって機体に違いがつけられます。一部パーツによっては、はまりにくい箇所がありますが、その場合はオスピンを斜めにカットして接着しましょう。この後の工程でウェザリングするので基本的にパーツがはまりにくい、はまりやすい関係なくオスピンをカットして接着して製作するほうが、エナメル溶剤が隙間に流れ込んでパーツが割れるリスクが軽減されます。


 パーツの合わせ目消しには、ファレホの水性プラスチックパテがおススメ。乾燥も早く、ラッカーにも負けないので1本あると便利です。隙間にシーラー感覚で塗りこんで水を湿らせた綿棒で拭き取るだけなので隙間埋めも簡単です。

 地獄の壁 近接装備2機アップの画像
地獄の壁 援護1機アップの画像

▲ シチュエーションとしては斥候をイメージして近接装備2機とその援護1機で作戦を行っている様子を再現。それぞれ細かな装備の違いで、役割を表している

指さしポーズ部分の画像
▲ 細かな改造ポイントとして、付属の平手と握り拳を組み合わせて、指差しのポーズを製作
アンテナ部分の画像
▲ 改造ポイントとしてアンテナを追加
敵機残骸の画像
▲ 1機の手には、戦闘で撃破した敵機の残骸を製作。イヤホンコードから配線を取り付けた

■塗装について
 黒サフで全体を塗装後、ボトムズカラーブラッディレッドで塗装。乾燥後ブラッディレッドより明るい赤系色でハイライトを入れていきます。細かい塗り分けは、筆塗りアクリル塗料で塗装します。エナメル塗料で細かい塗り分けをする際は、塗装部分を保護するために乾燥後半光沢クリアーでコーティングします。

■ウェザリングについて
 最初にシルバー、ガンメタでドライブラシ。乾燥後Mr.ウェザリングカラーグランドブラウンでざっくりフィルタリングを行います。余分についた溶剤は化粧用コットンで全体を軽く拭き取ります。乾燥後、サンド系のピグメントを柔らかい筆で軽く叩くようにして乗せていきます。

援護要員 全体の画像
▲ 援護要員をイメージしてライフルを装備したフロスト。3機ともグランドブラウンによる土汚れを強めに施している
武器を背負っているフロストの画像
▲ フロスト本体と武器の差別化として、武装には赤サビやオイルをイメージした汚しを入れる


■ヴィネット製作について
 画材屋で購入したに木枠にスタイロフォームを入れて削り基礎となるベースを製作。アクセントとしてクラッシュさせた装甲車の上に一度固めて粉々にした外壁工事補修材を適当に撒いて接着します。乾燥後、瓦礫に陰影をつけ、オイル系のウェザリング塗料で全体的にスパッタリング。最後に地面にコンクリート系のピグメントを全体に薄く塗って完成です。

瓦礫やトラックの残骸部分の画像
▲ ヴィネットの雰囲気付けとして瓦礫を散りばめて、その中に1/72スケールのトラックをカットして残骸として配置した

スクウェア・エニックス 1/72スケール プラスチックキット “フロントミッション ストラクチャーアーツ” フロスト使用

地獄の壁

製作・文/小澤京介

この記事が気に入ったらシェアしてください!

© 1995,1997,1999,2003,2005,2007,2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

小澤京介(オザワキョウスケ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年3月号

ご購入はこちら

ヘキサギア設定資料集 DOCUMENT of HEXA GEAR

ご購入はこちら

OBSOLETE モデリングマニュアル

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー