• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • プレバン「HG ドラグナー」テストショット到着!さっそく素組みしてみたプレバン「HG ドラグナー」テストショット到着!さっそく素組みしてみたプレバン「HG ドラグナー」テストショット到着!さっそ...

プレバン「HG ドラグナー」テストショット到着!さっそく素組みしてみた

2022.01.08

HG ドラグナー1 リフター装備タイプ 【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2022年2月号(12月25日発売)

HG 機甲戦記ドラグナー、テストショット到着!!

ドラグナー1 メイン画像

 3月より発送が開始されるプレミアムバンダイ販売アイテム「HG ドラグナー1 リフター装備タイプ」の初期テストショットが到着。さっそく組んでみたので、キットの素性の一部を撮り下ろしにて紹介していこう。

ドラグナー1 ムーバブル・フレーム状態の全体画像
▲ ムーバブル・フレーム状態をほぼ再現(太モモ装甲を除く)。一部ボールジョイントを使うもののほぼKPSによるポリキャップレス仕様
ドラグナー1の素組み 正面全体画像
▲ 組み立てた状態(付属シール未貼付)。成型色だけでここまでカラーリングを再現できる! 胸のハニカムパターンのインテークにも注目!!
ドラグナー1 頭部アップの画像
▲ 頭部ヒサシは通常版とオープニングイメージ版の2種の選択式(写真はオープニングイメージ版)
ドラグナー1 背部エンジン部分の画像
▲ 背部エンジンのバーニアは差し替えなしで展開可能
ドラグナー1 脚部のランナー画像
▲ 脚部の赤と青のラインはパーツ分割でカラーリングを再現! これは塗装派にもありがたい!
ドラグナー1 飛翔ポーズの画像
▲ 股間底面にはディスプレイベース(別売り)用の3mm穴が設けられており、リフター装備状態での飛翔ポーズなどが自在に楽しめる
ドラグナー1 武器を構えた画像
▲ 武装は対MA 用手榴弾やスローインボム、迫兵戦用アサルトナイフ、75mmハンドレールガンLPS9型のほか、写真の2連105mmハンドレールキャノンも付属する

HG ドラグナー1 リフター1装備タイプ

●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3850円、受注終了、2022年3月~発送予定●1/144、約12㎝●プラキット●プレミアムバンダイ販売アイテム


『機甲戦記ドラグナー』Blu-ray BOXで近場に見参!!!

大張正己氏描き下ろしのBOXイラスト
▲ BOXイラストはオープニング映像を手がけた大張正己氏 による描き下ろし

テレビ放送35周年を記念し、『機甲戦記ドラグナー』が待望のBlu-ray BOX化!!

大貫健一氏描き下ろしのインナーケースのイラスト
▲ インナーケースのイラストはキャラクターデザインを担当した大貫健一氏による描き下ろし

 『機動戦士ガンダムZZ』の後番組として放送された『機甲戦記ドラグナー』は、サンライズがポスト『ガンダム』を目指し製作した意欲作である。『機動戦士ガンダム』を超えるための要素として『太陽の牙ダグラム』のミリタリーテイストと『銀河漂流バイファム』の人間味溢れるドラマが求められ、監督にはその両作品を手がけた神田武幸氏が選ばれた。メカデザインは『ガンダム』『ダグラム』『バイファム』すべてに携わった大河原邦男氏で、氏がデザインした人型兵器MA(メタルアーマー)は航空機のテイストを加えることで兵器としてのリアリティをアップ。キャラクターデザインには後に『境界戦機』などの作品で活躍する大貫健一氏で、後に『機動戦士ガンダムSEED』を生み出した福田己津央氏も演出で参加している。また当時ヒットした映画『トップガン』を思わせる、空母から主役機が発艦するオープニング映像も話題となった。
 その『ドラグナー』のBlu-ray BOXがついに発売決定! 映像はニュープリントマスターポジフィルムから2Kスキャンした全編フルHDリマスター版が収録される。BOXイラスト(上)はオープニング映像を手がけた大張正己氏、インナーケースのイラスト(下)は大貫健一氏による描き下ろし。80年代を象徴するリアルロボットアニメの傑作をハイクオリティな映像で楽しもう!

3機のドラグナーがならんでいるアニメカット画像
▲ 主役機であるD兵器(ドラグナー)。3機は軍用機のように戦闘機・攻撃機・偵察機という役割が持たされている
ケーン、タップ、ライトのアニメカット画像
▲ 軍の最高機密であるドラグナーに乗ってしまったケーン、タップ、ライトの3人。本作は彼ら少年たちの成長物語だ
機甲戦記ドラグナー Blu-rayBOXの製品画像

機甲戦記ドラグナー Blu-ray BOX

●発売元/ハピネット ファントム・スタジオ、販売元/ハピネット・メディアマーケティング●55000円(Blu-ray)、2022 年3月2日予定●本編1152分(全48話)

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年2月号

ご購入はこちら

サンライズ・メカニック列伝

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2019年5月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー