• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 「HJメカニクス10」よりRX-93 νガンダムをご紹介【NAOKI】「HJメカニクス10」よりRX-93 νガンダムをご紹介【NAOKI】「HJメカニクス10」よりRX-93 νガンダムをご紹介【NA...

「HJメカニクス10」よりRX-93 νガンダムをご紹介【NAOKI】

2021.12.09

アムロが自ら設計・開発に携わったニュータイプ専用ガンダムタイプ

νガン特写

アムロ、最後の出撃 | U.C.0093.0312

 核パルス・エンジンに火が入り、地球への落下軌道を取るアクシズ。ロンド・ベル隊は、ケーラ・スゥや数多くの犠牲を払いつつも、アクシズを止めるべく最後の戦いに挑む。アムロ・レイもこれがシャアとの最後の戦いになることを予感し、チェーン・アギにその決意を告げる。フィン・ファンネルを装備し、すべての決着を付けるため、νガンダムが出撃する。

Ver.Kaをベースにアニメ設定画の特徴を随所に組み込む

 アムロ・レイ大尉自ら設計・開発に携わり、アナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場で建造されたニュータイプ専用ガンダムタイプ、νガンダム。新素材であるサイコ・フレームを採用し、ガンダムタイプとしては初となるサイコミュ兵器(フィン・ファンネル)を搭載。変形・合体機構を持たないシンプルな設計だが、アムロ・レイのパイロットとしての能力もあいまって、「シャアの反乱」では目覚ましい戦果を挙げた。作例は、傑作キットMG Ver.Kaをベースに製作。随所にアニメ設定画の特徴を盛り込み、これまでにないアプローチに挑んでいる。

νガン後ろ
νガンダム 立ち
νガン 製作途中
▲製作途中の全身写真。アニメ設定画の特徴を盛り込むべく全身各所に手が加わっているのが、写真からも見て取れる。詳しい改修ポイントは下記にて詳しく解説するが、設定画のポイントを以下に列記しておく

TOPICS
アニメ設定画の特徴

 垂れ胸で天面が長い胸部大きく横に長い肩長くはないが長く見える前腕縦長の股間ブロック各腰アーマーのサイズ感意外と長いリアアーマー脚の始まる位置太モモの長さや位置フロントアーマーと膝の位置関係スネ〜甲へのラインスリッパのバランス感など。(作者調べ)

νガンダム 銃構え

COLLARING DATA

本体白1=ニュートラルホワイト(NAZCA)
本体白2=ニュートラルグレーⅡ(ガイアノーツ)
本体濃紺=NAZCAにて発売予定の開発中カラー
本体赤=フレイムレッド(NAZCA)
本体黄色=NAZCAにて発売予定の開発中カラー
関節色1=メカサフ ヘヴィ(NAZCA)
関節色2=シナイグレー1(モデルカステン)
センサー類=プリズムブルーグリーン(ガイアノーツ)

人型機動兵器の原点ともいえる武装とサイコミュ兵器フィン・ファンネル

 νガンダムは、アムロ・レイがはじめて搭乗したRX-78-2 ガンダムに近いシンプルなシルエットに、ビーム・サーベル、ビーム・ライフル、バズーカといったオーソドックスな武装を備える。そこに攻防一体のサイコミュ兵器フィン・ファンネルを加えることで、U.C.0093最強の機体となった。

頭部ユニット

νガンダム 頭部ユニット
▲頭部は長短二重構造のV字アンテナに両頬の複合センサーを備える。バルカン砲は排莢式となっており、側頭部に排莢口がある

武装

武装 一覧
ニューハイパーバズーカ
▲ニュー・ハイパー・バズーカはバックパックに懸架可能で、懸架した状態でも射撃が可能
シールド裏
▲シールド裏側にはビーム・キャノン1基、小型ミサイル4発を装備している

ビーム・サーベル

ビームサーベル
▲ビーム・サーベルはバックパックと左腕ラックに各1本ずつ装備。バックパックのビーム・サーベルは尾部にもビーム刃を形成することができる

フィン・ファンネル

フィンファンネル
▲攻防一体のサイコミュ兵器フィン・ファンネル。放熱板のような形状だが、攻撃時はコの字形に折れ曲がり、パネルの内側からメガ粒子を加速させビームとして発射する。時にはビーム膜を形成しバリアーとして使用するシーンも見られた
フィンファンネル
▲νガンダムの初陣では装備されなかったが、後にフォン・ブラウン工場から納品され、ラー・カイラムで調整され実戦に投入された
νガンダム 上半身
顎ライン
▲頭部はアゴのラインを削り込んでフェイス全体を小型化。それに合わせてクマドリ部分の幅や角度の調整を行いツインアイも削り込んで小型化。マスク部分の縦のスジ彫りも幅や角度を調整。ヘルメットは目の横のラインを浅く変更。頬あてのスリットは彫り直し。トサカ側面形状は頂点の高さを抑えつつ、前面の側面角度を立て気味に変更。襟足は後頭部からのラインがキレイにつながるように形状変更した
肩アーマー アップ
肩アーマー
▲肩アーマーは発動モードで外装を固定したうえで、下端アウトラインの胴体側の頂点を胴体側に寄せるようにプラ板で形状修正。全体の長さは変えずに横に長く「見える」よう変更した
胸部
胸部2
胸部3
胸部 接続部

▲上半身は発動モードで固定して改修。胸部ダクトは少し角度をつけた状態で固定。中央ブロックは白いブロックのストロークを稼ぐべく前方に位置固定し、前面への張り出しをカットして抑えている。腹部は発動モードを活かして延長。上節の外装を下に降ろして固定、下節を上部から延長。外装前面はプラ板で新造し情報量を押さえている

太モモ
太モモ2

▲太モモ外装上端をエポパテで肉厚ギリギリまで延長、脚自体の長さを変えずに長い脚の雰囲気を表現。さらにヒザ上端を延長し、スネ前面を削り落とし下端を延長した形状に修正している

腰アーマー
腰アーマー
▲腰は股間ブロックのフレームを切り離して下方にセットしたうえで、さらに股間ブロック外装を下方に延長。フロントアーマーは股間ブロックに合わせて大型化、リアアーマーは真ん中でカットして大幅に延長した
クツ
▲靴部は濃紺スリッパ部分に設定画のメリハリのあるアウトライン(側面アウトライン、甲部分が結構薄く、つま先部分との高低差がある)を再現。甲部分も正面形状の幅の狭さを再現するために新造している
腕
腕部 2

▲前腕は途中写真のAの部分の長さを強調するよう形状修正することで、設定画の印象をトレース。左腕もこれに合わせてサーベルラック部分を延長、設定の印象に近づけている

νガンダム

 さて、今回はνガンダムVer.Kaを製作。言わずと知れた傑作キットですし、これまでに何度も製作してきました。が、何度作ってもやっぱりνガンダムって特別な機体なので身が引き締まる思いがしますね。で、今回はどんなアプローチでこの傑作キットに挑もうか? 立体としてのカッコ良さって、このMG Ver.KaやRGでわりと成熟されていると思うんですよね。なおかつ人気の機体なので皆さんカッコ良く作られていらっしゃる。悩みに悩みました(笑)。結果、キットのカッコ良さを活かしつつ、ある意味基本に立ち返るということで、設定画と向き合ってνガンダムらしさを盛り込んでみることにしてみました。
 ただ、この辺のニュアンスが難しいのですが、「設定画の再現」や「設定画に似せる」のが目的ではなく、Ver.Kaという立体としての成熟味のある傑作キットを活かしつつ、設定画をリスペクトした上でそれらの要素をうまく盛り込む、というのが目標です。で、あらためて設定画と向き合ってみると、νガンダムってシンプルなデザインゆえバランスの取り方が本当に難しい。
 特に胸や腰周りの位置関係、バランス感などは非常に難しい! これらをどのように盛り込んでいったのか。各部解説で苦労の跡を感じ取っていただければ幸いです(笑)。
■頭部
 いろいろ小難しいことを書いといてナンですが、頭部は自分の思う「カッコいい」を目指してみました(笑)。
■胸部
 設定画を見直すと、かなりの垂れ胸で天面が縦に長い。中央の白い部分を見るとその長さがよく分かります。この雰囲気を発動モード状態を固定して再現しました。
■腰部
 ここが今回のバランス取りの一番のキモです。設定画を見て印象的なのは、股間ブロックの長さ、フロントアーマーのアウトライン角度、そして脚の生え位置です。後述しますが、股間ブロックと太モモ位置を見比べた時に、かなり上方から太モモがはじまっている(ように見える)んですよね。この辺りの雰囲気をうまく取り込むため、股間ブロックのフレームを切り離して下方にセットしたうえで、さらに股間ブロック外装を下方に延長します。
 フロントアーマーは縦長に見えてそんなこともない絶妙なサイズ感です。これはおそらく下方アウトラインの角度に起因するものだと思われます。この辺の雰囲気を再現すべく股間ブロックに合わせて大型化しつつ、アウトラインの角度変更を行っていますが、決して下方に長いイメージではないので、上下側面にプラ板を貼り込んで大型化しています。サイドアーマーは形状自体はそのままなのですが、設定に準じた塗り分けにしています。
■脚部
 腰と並んで今回のバランス取りのキモです。太モモ上部の横ロール軸構造ですが、ガンプラで長く続いた股間ボールジョイント構造に取って代わった可動構造であり、広い可動範囲に加えて、素立ち時の微妙な角度付けにも非常に有効なので、両手離しで大歓迎の可動構造です。ただ、可動のクリアランスによって太モモ外装の表現に制限が加えられてしまい、結果として太モモの見え方、ひいては脚の長さ(の見え方)に少なからず影響を及ぼしてしまう場合もあります。この構造を踏まえてバランス調整されている近年のMSについては何ら問題はないのですが、今回のνガンダムのように腰アーマーの隙間から見える太モモの見え方や位置関係が全体のシルエットに影響を及ぼす場合、太モモ上端がどこにあるか? というのは非常に重要な問題になってくるのです。
■腕部
 今回握り拳とライフル握り手は3Dデータで作成したものを出力して使用しているのですが、こちら汎用ハンドとしてプラ製で商品化すべく開発中です。
 全体のディテールに関してですが、キットのディテールやパーツ分割はあくまで発動モードという設定およびギミックありきのうえで追加されたものだと認識しています。とするとそれらのギミックをオミットしている今回の作例では、ディテールの入れ方の意図が異なるので、それらを埋めたり活かしたりしつつ新たなディテールを追加しています。
 そんなこんなで完成した今回のνガンダム、コンセプトの意図は伝わりづらいかもしれませんが、多少なりとも理解していただけると嬉しいです。が、ただただカッコイイと思っていただければそれだけでも望外の喜びです!

νガンダム

BANDAI SPIRITS 1/100スケール プラスチックキット
“マスターグレード” νガンダム Ver.Ka使用

RX-93 νガンダム

製作・文/NAOKI


  こちらの「RX-93 νガンダム」は本日発売日の「HJメカニクス10」でも掲載。
 HJメカニクスの節目となる第10号は、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を総力特集しております。本作のメカの魅力をガンプラやスクラッチモデルなどで改めて振り返り、当時からのファンはもちろん大ヒット作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』から入ったファンも楽しんでいただけるものとなっています。

 ぜひ手に入れて「逆シャア」の魅力を再確認してみてはいかがでしょうか。

HJmecha10

購入はこちら

この記事が気に入ったらシェアしてください!

Ⓒ創通・サンライズ

NAOKI

関連記事

関連書籍

HJメカニクス10

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.5

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー