• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • Figure-rise Standard Amplified バットマン【渡辺圭介】Figure-rise Standard Amplified バットマン【渡辺圭介】Figure-rise Standard Amplified バットマン【渡辺圭介...

Figure-rise Standard Amplified バットマン【渡辺圭介】

2021.12.13

Figure-rise Standard Amplified バットマン【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2022年1月号(11月25日発売)

バットマン扉絵

Figure-rise Standard Amplifiedにバットマン現る

 キャラクターの魅力をさらに増幅する「Figure-rise Standard Amplified」シリーズにDCを代表するダークヒーロー、バットマンが登場。機械的でスタイリッシュなバットアーマーに身を包んだ、これまでにないバットマンを組み上げることができるキットだ。本作例を製作したのは渡辺圭介。メカニカルな印象をより強めた仕上げと黒部分の塗装に一工夫を加えたことで、新しいバットマン像を作り上げている。

マントを取り外した姿
▲背中のマントは取り外し可能
バットマン
正面
▲Figure-rise Standard Amplifiedによって独自の進化を遂げたバットスーツ。シルエットは紛れもなくバットマンのそれでありながら、メカニカルなディテールが随所に配置されている。本作例ではメタリック塗装で質感を向上。末端部などにはパープルを吹き、ワンポイントを加えている
前腕部後ハメ加工
▲前腕の合わせ目消しを行った。また、塗装を考えて後ハメ化。前腕部にポリキャップを仕込み、上腕からのロッドの返しをカットして差し込めるように加工
テスクチャ表現
メッシュでマスキングしたテスクチャ表現

▲単純な黒にならないように、塗装でテクスチャ表現を行った。まずはツヤありの黒を塗装した後、メッシュでマスキングしてツヤ消しクリアーを吹いて完成。クリアーではなく色を付けるとよりハッキリしたテクスチャ付けが可能なので、ここはお好みで

素組みとの比較
▲素組み(左)との比較。素組みではイラスト等のイメージに近いフラットなグレーだが、作例ではメタリックグレーで塗装してよりメカニカルな印象を強めた。頭頂部や各部末端等は素組みでもかなりシャープなので、ほぼ手を加える必要がなかった
胸のバットラング取り外して手に持たせることができる
▲胸のバットラングは取り外して手に持たせることが可能。専用の持ち手が付属する
口周りはデカール
▲露出した口周りは塗装ではなく、デカールを作って貼り付けた
マントを大きく広げたディスプレイ
▲マントを大きく広げることで、迫力あるディスプレイが可能。PP素材を採用したことで柔軟性と硬質感を両立
アクションポーズ
マントの一部は手に持たせることができる
▲マントの一部は取り外して手に持たせることができる
肉抜き埋め
▲目立つ肉抜き部がいくつかあったのでパテ埋め
胴や胸周りの合わせ目は段落ち処理
▲胴体・胸周りは無理に合わせ目を消さず、合わせ目を一段落としてラインとして処理している
ふくらはぎの合わせ目処理
▲ふくらはぎの合わせ目消しのため、先にヒザ関節パーツを塗装した後、マスキングして組み込んだ

■はじめに
 Figure-rise Standard Amplifiedの新作として、なんとバットマンが登場。これまでに見たことがなかったデザインでしたので、方向性を探りつつの製作となりました。

■頭部
 頭部は前後分割になっていました。合わせ目は消したいので、先に口元と目を塗装して組み立てておきます。ただ、口周りは塗装ではなくデカールを作って貼り付けています。

■腕部
 組み立てに大きく苦労するところはありませんが、前腕の合わせ目消しはしたいので、塗装を考えると後ハメ化したいところです。
 そこで前腕の差込み部分の奥にガンプラで余ったポリキャップを仕込み、ヒジからのロッドの返しをカットして差し込めるようにしました。
 ついでの作業ですが、肩関節の差込み部に肉抜き部分があったので、そこにプラ板を入れて軸のテンションを硬めに調整しました。

■ウイング
 羽部分がPP素材で薄くできていて、折れたり割れたりせず扱いが楽でした。プラパーツも良きディテールなのでそのまま組み込んでいます。いくつか気になる肉抜きがあったので、そこはパテ埋めしました。

■塗装
 キットの色分け通りに塗装しています。
 グレー部は実車で最近流行のツヤ消しガンメタカラーをチョイスしました。
 黒パーツはベタで塗装してはどうしようもないので、少し手を加えています。ツヤありの黒を塗装した後、メッシュを置いてツヤ消しクリアーを吹いて、角度や光加減でベタに見えないようにテクスチャ付けをしてみました。これをツヤ消しではなくグレー等のカラーを吹けばもっとはっきりとした素材感も出ると思うので、その辺りはさじ加減の問題ですね。
黒=LP-01 ブラック
グレー=LP-61 メタリックグレー
ゴールド=ブライトゴールド
ツヤ消し=LP-23 フラットクリヤー
 部分的に軽くシャドウを入れて、黒系でスミ入れして完成です。

バットマン

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット “Figure-rise Standard Amplified”

バットマン

製作・文/渡辺圭介

Figure-rise Standard Amplified バットマン
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●4950円、発売中●約19cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

BATMAN and all related characters and elements ⓒ& TM DC Comics.(s21)

渡辺圭介(ワタナベ・ケイスケ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年1月号

ご購入はこちら

ROIDMUDE 竹谷隆之 仮面ライダードライブ デザインワークス

ご購入はこちら

牙狼〈GARO〉魔戒騎士列伝 鋼の咆哮【復刻増補版】

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー