• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【H.M.S.】 No Face【さいそう】【H.M.S.】 No Face【さいそう】【H.M.S.】 No Face【さいそう】

【H.M.S.】 No Face【さいそう】

2021.12.22

H.M.S. No Face●さいそう 月刊ホビージャパン2022年1月号(11月25日発売)

hms042_1

 今月お届けするのは、CGディレクターの本業を持ちながら、2020年よりガレージキットディーラー「Molding Mule」としての活動もスタートさせた、さいそう氏によるオリジナルメカ「No Face」。顔の無い兵器は不気味であると同時に、不思議な愛嬌も感じさせる魅力的なデザイン。各部に配置されたLEDによる演出も非常に見ごたえあるものとなっている。


hms042_2
hms042_3
hms042_4
hms042_5

「のっぺらぼうの意味で名付けられた顔の無い搭乗型二足歩行兵器。胴体前面のまっさらな円形装甲部分にはパイロットによって独自のペイントを施すのが通例になっており、シンプルに識別Noのみの機体もあれば、顔が描かれたような機体もある。」
 メカではありますが妖怪のようなおどろおどろしさを出したくて、顔の無い少し不気味なメカとしてデザインしました。製作途中は前面装甲部分にニコちゃんマークが描かれた機体として、笑いながら殴りかかってくるサイコパスなイメージで作っていたのですが、塗装の段階でさすがにポップすぎるなと思い今回のシンプルに識別番号のみの白塗りになりました。
 パイロットフィギュアはガスマスクとメカヘッドを融合したようなイメージで羊や山羊の頭蓋骨をモチーフにしています。
 製作工程としては台座も含めてすべてデジタルモデリングしたものを3Dプリンタで出力しています。電飾も施したかったのでデジタル造形の段階で配線やLEDの仕込み方を考えて作り、必要なパーツはクリアーレジンで出力する等しています。
 今回、このような素晴らしい企画にお声がけいただき大変光栄に思います。少し作風というか毛色の違う私ですが、せっかくいただいた機会なので自分の好きをすべてぶつけて作りました。楽しんでいただけたら幸いです。


スクラッチビルド

No Face

製作・文/さいそう

この記事が気に入ったらシェアしてください!

さいそう

PAGE TOP
メニュー