• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 30MM最新作「eEXM-30 エスポジット」を 宇宙専用かつ重装備な仕様の機体としてカスタマイズ【長徳佳崇】30MM最新作「eEXM-30 エスポジット」を 宇宙専用かつ重装備な仕様の機体としてカスタマ...30MM最新作「eEXM-30 エスポジット」を 宇宙専用かつ重...

30MM最新作「eEXM-30 エスポジット」を 宇宙専用かつ重装備な仕様の機体としてカスタマイズ【長徳佳崇】

2021.11.26

eEXM-30C エスポジット・コスモス【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2022年1月号(11月25日発売)

エスポジット・コスモス トップ画

エスポジットを重装備宇宙仕様にカスタマイズ!

30MMロゴ

 2021年10月にβ、そして11月にαが発売された30MM最新作・エスポジット。エスポジットは30MMシリーズ史上初の可変機であり、今後の遊びの幅を大きく広げるであろうキットだ。月刊ホビージャパン2022年1月号ではこのエスポジットをカスタマイズした作例をお届け! 製作はスケールモデルもこなすマルチモデラー・長徳佳崇が担当。宇宙専用かつ重装備な仕様の機体として想定しカスタマイズパーツをふんだんに盛り込み、ロービジ塗装で兵器らしさを強めている。

エスポジット・コスモス解説

 エスポジットを宇宙のみでの運用を想定した実験機。肩バインダーの2連装キャノンは絶大な威力を誇り、現存する如何なる装甲をも貫く。アーマー&バーニア類も追加されているが、上半身に偏ったバランスのせいで操縦性は少々ピーキーなものになっている。

エスポジット・コスモス 立ち
エスポジット・コスモス 立ち後ろ
エスポジット・コスモス2連キャノン構え

FRONT

エスポジット・コスモス FRONT

SIDE

エスポジット・コスモス SIDE

REAR

エスポジット・コスモス REAR
エスポジット・コスモス 頭部
▲頭部はエスポジットのものを使用しているが、後頭部には「オプションパーツセット5」のポニーテールパーツを大型アンテナに見立てて取り付けた
エスポジット・コスモス 腕部
▲腕部には「オプションパーツセット1」の追加スラスターを増設
エスポジット・コスモス  靴
▲ロービジなグレーの機体色に対し、ポイントで差し色としてブルーを採用。また、ドライブラシとチッピングによる宇宙汚しも施してる
エスポジット・コスモス 2連装キャノン
▲肩バインダーは「拠点攻撃用オプションアーマー」のアーマーとαのシールドを組み合わせ、さらに「オプションパーツセット1」のレールガンを追加したもの
エスポジット・コスモス 肩アップ
▲肩には「オプションパーツセット1」の爆発反応装甲も取り入れた
エスポジット・コスモス 変形
エスポジット・コスモス 変形
▲キット同様差し替えなしで変形可能。変形時の機首にもなる胸部の追加パーツはエグザビークル(エアファイターVer.)のもの
エスポジット・コスモス バックパック
▲腰部背面に取り付けるバックパックは主にエグザビークル(エアファイターVer.)のパーツとβの腰アーマーを組み合わせたもの。βの腰アーマーは尖った形状となってるので、変形時の突撃兵装として見立てることもできる
エスポジット・コスモス 軽装
▲複合武装である肩バインダーは取り外し可能で、軽装Ver.にすることもできる
エスポジット・コスモス 塗装前
▲塗装前の状態。この段階では腰部に近接戦闘用の刀を装備していたが、変形時に邪魔になってしまうため最終的にはオミットした
エスポジット・コスモス

■はじめに
 みなさんこんにちわ! チョートクです! 今回製作するのは30MMシリーズの最新作にして初の可変機であるエスポジットをカスタマイズした宇宙仕様の機体を製作します。各種カスタマイズパーツを使用しつつ差し替えなしの完全変形はもちろん、エスポジットのフォルムは活かしながらぱっと見は別の機体に見えるようパーツを盛っていく方向です。

■構成を考える
 まずエスポジットのαとβをそれぞれ1機ずつ組んでみます。エスポジットはこれまでの機体と違いデザインに個性があるのでどうやって印象を変えるかでまず悩み、さらに可変機構を潰さぬようなパーツ配置に苦心しました。試しに組んでは変形させて、さらにバラしてを何度も繰り返しました。オリジナルカスタマイズする際はどうしても○○っぽいという呪縛から逃れるのが大変で、今回はこの構成を考える部分に一番時間を費やしました。まあ、それが楽しかったりしますけどね…。結果として以下の内容で盛っていくことにしました。
・肩に強化装甲、シールド、長射程の武装を兼ねたユニットを追加。パージも可能
・背中はバックパックを背負わせると変形に干渉するので腰部に追加
 パーツとしてはα、βどちらのパーツも盛り込むことができたのでエスポジットらしさも活かせたかな? という気持ちです。腰部に刀を装備してみましたが変形時に邪魔になってしまうため最終的にはオミットしました。

■塗装
 量産機ということで機体本体はロービジ塗装にし、ポイントでブルーを差し色で入れてみました。派手な配色にすればヒロイックな主人公機やド派手なエース機にもできそうですが、あえて渋くすることで兵器感を強める方向にしました。まずは全体に下地の黒サフを吹き付け、その上で塗装に入ります。塗料はMr.カラーとガイアカラーを使用しました。
フレーム=ダークシーグレー
本体=グレーFS36375、ニュートラルグレーI、ニュートラルグレーII
ブルー=ブルーFS15050
 スミ入れはMr.ウェザリングカラー マルチブラックを使用し、デカールを各部に貼り付けたのちにツヤ消しでコートを施しました。

■ウェザリング
 今回は宇宙での運用を想定して製作したのでウェザリングも宇宙汚しです。まず、タミヤエナメルカラーのジャーマングレイを使いドライブラシとチッピングを施します。エッジにはドライブラシ、装甲の中央部にはほぼドライにした筆を叩きつけるようにしてスクラッチ傷をつけていきました。ジャーマングレイが終わったら上からMr.カラーのシルバーを使用してさらにドライブラシを重ねます。この時ジャーマングレイの上にシルバーのドライブラシが部分的に重ねるとそれらしくなります。最後にもう一度ジャーマングレイを重ねて全体を調整すれば完成です。

エスポジット・コスモス

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “30 MINUTES MISSIONS”エスポジットβ+エスポジットα使用

eEXM-30C エスポジット・コスモス

製作・文/長徳佳崇

30MM 1/144 eEXM-30 エスポジット β
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●1408円、発売中●1/144、約13cm●プラキット

30MM 1/144 eEXM-30 エスポジット α
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●1408円、発売中●1/144、約13cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©BANDAI SPIRITS 2019

長徳佳崇(チョウトクヨシタカ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年1月号

ご購入はこちら

30 MINUTES MISSIONS コンプリーション

ご購入はこちら

週末でつくるガンプラ凄技テクニック ~ガンプラ簡単フィニッシュのススメ~HG編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー