RGエヴァ零号機改造でMark.09をつくる

2021.07.26

エヴァンゲリオン Mark.09【BANDAI SPIRITS】 月刊ホビージャパン2021年9月号(7月21日発売)

『:Q』に登場したアヤナミレイ(仮称)が乗るエヴァンゲリオンを、RGエヴァンゲリオン試作零号機の改造で立体化。零号機に酷似しているものの、ぎょろりと大きい目玉を持つ頭部や節がひとつ多い胴体部など、細部に形状の違いが見られる。作例では、この細部の違いをRGベースで徹底改修。頭部も後半登場版の頭部がない状態を再現できるよう、首あり・なしの2種を用意。特徴の大きな鎌もプラ板造形によるスクラッチで完成させた。

▲磁石による着脱差し替えで頭部あり・なしの2バージョンを再現。RGゆずりの可動域でさまざまなポージングを堪能できる

▲製作途中の全身写真。零号機との形状の差異は、頭部、腹部の節の数、背中、前腕ブレード状パーツの有無など。アンビリカルケーブルの穴は市販の金属パーツで埋めている
▲ハンドパーツはキットの銃持ち手を加工し、鎌が持てるようにした
▲前腕のブレード状パーツは外し、空いた隙間はプラ板で埋めている
▲セントラルドグマで使用した大きな鎌はプラ板の積層とプラパイプ、真鍮線の旋盤加工で製作。刃の先端には真鍮線を仕込み、折れ防止とした

▲頭部はキットをベースに削り込んだのち、プラ材やパテで形状変更。センサー基部はキットパーツにパテを盛りつつ旋盤加工で形状出し。センサーはキットのものを流用した

▲首パーツを2個用意。接続はネオジム磁石を使うことで、簡単に交換することが可能

▲背骨のカバーは胴体のカバーパーツ追加に合わせて2個追加。背骨の横につくサポートフレームはプラ板で製作している
エントリープラグ挿入部
▲エントリープラグ挿入部、アンビリカルケーブル周りの凹部には市販パーツを埋め込んでディテールアップした

 RGの試作零号機をベースに各部形状をMark.09に寄せていく方向で工作しましたが、Mark.09と試作零号機の違いは、頭・胴体・腕とさほど多くありません。現状プラキットは出ていないので、本作例を参考にぜひ挑戦してみてください。

■頭部
 零号機とMark.09で一番違うところが頭部になります。今回はキットパーツをベースに削り込んだのち、プラ材やパテを用いて形状を変更しています。頬はプラ材を使って基部を作ったのち、パテ盛り→削り込みで形状出しをしています。アゴパーツも延長や角度調整などをしています。
 ひさし部分はパテ盛り→削り出しで形状変更。後頭部は白いパーツはキットの削り込み、頭頂部パーツは削り込んだ白パーツに合わせて削り込みやパテ盛りで形状を整えています。

■胴体
 零号機の腹部装甲は2つ、Mark.09は3つと差異があるので、もう1個装甲を用意しました。一番下の白いパーツは尖った部分が腰パーツの内側に入るように裏打ち後、削り込んで形状を変更。フレームパーツに接続するピンは切り落としてフリーにしています。オレンジのパーツも接続ピンは切り落としてフリーに。順番に合わせて削り込み形状を調整しました。

■鎌
 今回の目玉でもある鎌ですが、ほぼプラ材でできています。湾曲部分はコンパスカッターを使って弧型に切り出したものを積層接着したのち、削り出しで形状を作っています。

■塗装
 色合いは零号機とほぼ同じですが、肩はカラーパターンが違っているので注意が必要です。
黄=エヴァオレンジイエロー
白=GXクールホワイト
グレー=メカサフ ライト
黒=グラファイトブラック
赤=フレイムレッド
首元の赤茶=焔小豆+Ex-ブラック+Ex-ホワイト
靴底=MSシャアレッド
靴裏=ブロンセグリュンRAL6031
鎌=GXメタルブラックとGXメタルブラッディレッド

BANDAI SPIRITS ノンスケール プラスチックキット “リアルグレード” 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン試作零号機 改造

エヴァンゲリオン Mark.09

製作・文/Ryunz

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒカラー ⓒカラー/Project Eva. ⓒカラー/EVA製作委員会

Ryunz(リュンズ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年9月号

ご購入はこちら

HJメカニクス09

ご購入はこちら

サンライズ・メカニック列伝

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー