• HOME
  • 記事
  • スケールモデル
  • 日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年JAPANESE NAVY LIGHT CRUISER KUMA 1942日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年JAPANESE NAVY LIGHT CRUISER KUMA 1942日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年JAPANESE NAVY LIGHT ...

日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年
JAPANESE NAVY LIGHT CRUISER KUMA 1942

2021.04.24

日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年【フジミ模型 1/700】 月刊ホビージャパン2021年5月号(3月25日発売)

傑作軽巡5,500トン級の嚆矢となったネームシップ

 1920年代に日本海軍で建造された「球磨」から「那珂」までの3級、計14隻の軽巡洋艦群は「5,500トン級」と総称される。その嚆矢となった初期艦「球磨」型5隻より、ネームシップ「球磨」と2番艦「多摩」がフジミ模型から発売中。フルハル仕様、多色成型で塗装不要、スナップフィットで組み立てやすい“艦NEXT”シリーズだが、新考証の縦張りリノリウム甲板をはじめ、1/700スケールモデルとしてのディテールの再現も申し分のない出来。初回生産分には木甲板模様などがモールドされた展示台座が付属。最新キットでシンプルな美しい艦影を堪能しよう!

フジミ模型 1/700スケール プラスチックキット

日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年

製作・文/斎藤圭吾

日本海軍軽巡洋艦 球磨 昭和17年
●発売元/フジミ模型●4620円、発売中●1/700、約23.2cm●プラキット

▲艦首形状は「スプーン型」と呼ばれる大正期の八八艦隊計画艦に特有のもの。羅針艦橋内部にも双眼鏡や水兵などの細かなディテールを加えている
▲縦張りのリノリウム甲板とともに、煙突の形状も既発のキットと比べて大きく変化したところ。リベットまで打たれた舷側のモールドも申し分ない
▲前マスト先端はプラストラクトの0.3mmプラ棒で自作。竣工時の羅針艦橋は露天だったが改装により天井を追加
▲後マストは上部を作り直し。手すりやデリックなどのエッチングパーツは主にレインボーモデルを使用
▲左舷艦尾舷窓を一部彫り直し。天幕の布はあぶらとり紙、水兵はYYモデルと紙創りを場所に合わせて併用
▲「球磨」は「多摩」とともに大正6(1917)年度に建造決定、大正9(1920)年1月29日に竣工。昭和16(1941)年の太平洋戦争ではフィリピン攻略、ラバウルなどへの輸送作戦に参加。昭和19(1944)年1月11日、英潜水艦の雷撃により沈没した
▲空中線は伸ばしランナーで実際の写真を見ながら製作。ガンプラなどに付属する黒ランナーを使用すると塗装不要なのでオススメ
▲主砲はスライド金型で砲口が開口され、防楯にはリベットが再現されている。塗装の粒子で分かりづらいが、それほどまでに細かい
▲水上機はエッチングが付属していなかったため伸ばしランナーでディテールアップ。カタパルトは専用エッチングに精度の高いものが付属
▲ 水兵はYYモデルの3Dプリンター製。精度もさることながらポーズも大変使い勝手がいい。顔を木甲板色、髪をフラットブラックで塗り分けた

■はじめに
 フジミ模型の“艦NEXT”シリーズは日々進化しており、モールドも常軌を逸したクオリティーになっています。今作はその精巧なモールドを活かし、レインボーモデルの「球磨」専用エッチングを使用した上級者向けディテールアップをご紹介します。


■船体
 本キットは前例がないほどモールドの精度が高いです。今作は左舷艦尾舷窓の一部を彫り直したのみで他は一切手を加えませんでした。後述するディテールアップを加えても、見劣りすることのない精密な仕上がりになりました。


■煙突
 前述の通りレインボーモデルの「球磨」専用エッチングでディテールアップ。ジャッキステーは左右で2分割して片舷ずつゼリー瞬間接着剤で付けていきました。蒸気捨管は0.5mm真鍮線で作り直し、煙突組み立ての際にパーツ穴を塞いて取り付けます。


■艦橋
 艦橋内部のブルワークをデザインナイフで薄く削り、木甲板色のグレーチングを敷きました。これはファイブスターの木箱エッチングの一部を切り貼りして自作。その他専用エッチング同梱の双眼鏡や、後述する水兵を乗せました。天井を乗せるとほとんど見えませんが、チラっと見える羅針艦橋が精密感を引き立てます。

■マスト
 見張り所の窓枠をデザインナイフで切断しエッチングに置き換えました。マスト先端もエッチングに換えたいところですが、キットが昭和17年の状態に対してエッチングは昭和14年で形状が異なります。今回作る状態はキットの状態なので、プラストラクトの0.3mmプラ棒で自作しました。
 後部マストも同様に細部が若干異なります。先端をプラ棒で自作し、下部はキットのものを使用。モンキーラッタルを追加してディテールアップしました。


■甲板と煙突周辺構造物
 甲板のリノリウム押さえのモールドを削り、エッチングでディテールアップしました。今キットで目を惹くのは、リノリウム押さえが縦モールドで再現されてる点ではないでしょうか。確かに縦張りに見える写真はありますが、場所によって間隔が異なっていたり、カタパルト周辺は横貼りに見える写真があったりと、実際は縦横が混在していた可能性が高いようです。ただ範囲が不明瞭で確証が持てなかったこともあり、今回はキットのモールドにならいました。
 煙突周辺の小さな構造物は考証が進んだためか、タミヤの「球磨」と同じ艦とは思えないほど形状が異なっています。今回使用した「球磨」専用エッチングパーツはタミヤ用なので、そのままでは形状が異なりすぎて使えません。また艦NEXTはスナップフィットキットなのでパーツの取り付け穴が大きく、かつ煙突付近は小さな小物が多いため、チーズのように数多くの穴が開いています。ハッチ、ボート置き、ボートダビット、機銃ブルーワークの接着穴は、多少不格好でも埋めてから作業に入ることが望ましいです。


■天幕・水兵
 昭和10年頃の写真を参考に、あぶらとり紙をキャラクターフレッシュ1で塗って天幕の布を再現しました。
 水兵はYYモデルの3Dプリンター製の水兵を使用。大変精度の高いパーツで、私が使うにはもったいないくらいです。3Dプリンター製のパーツは精巧な反面、高価で折れやすいので、天幕下の水兵は紙創りの紙製エッチング「作業員セット」を使用。使い分けをしました。満遍なく配置するのではなく、部分的に密集させるのが“少量”かつ“リアル”に仕上るポイントです。


■最後に
 艦NEXTの新作というのに加え、自分は過去に本誌で青島の重雷装巡洋艦「大井」を製作したことがあります。それが初の作例依頼を受けて作ったキットだったのもあり、本誌の作例で「球磨」型軽巡をもう一度作る機会をいただいたのは嬉しい限りです。ノウハウを活かしたディテールアップができました。

この記事が気に入ったらシェアしてください!

斎藤圭吾(サイトウケイゴ)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2021年6月号

ご購入はこちら

艦船モデル 超絶製作テクニック

ご購入はこちら

ホビージャパンnext Spring 2017

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー