HOME記事ガールズプラモ『ギルプリ』「ミャオ アンティークVer.」の作例が颯爽と到着!簡単にできる自作工具とともに可愛く仕上げるポイントも指南!

『ギルプリ』「ミャオ アンティークVer.」の作例が颯爽と到着!簡単にできる自作工具とともに可愛く仕上げるポイントも指南!

2023.03.07

Tony’sヒロインワークス 月刊ホビージャパン2023年4月号(2月25日発売)

ミャオを可愛く仕上げるポイントを指南

 Tony×マックスファクトリーのプラキット企画『ギルティプリンセス』の新情報をお届けする本コーナー。2022年に発売した「ミャオ アンティークVer.」の作例が颯爽と到着! こちらは成型色が変更されたほか、新規デカールが追加されたバリエーションキット。ミャオとクロエの2種類が発売されている。
 こちらでは何体ものメイドロイドを仕上げてきたニル・エットが、製作でのポイントを自作工具たちとともに解説。これまで発売されたメイドロイドたちに応用できるテクニックをお見せしよう!

▲女の子プラモでも特に力を入れる頭部の製作では、髪のパーティングラインを取り除き形状をキレイに整える
▲髪パーツで黒く塗りつぶした部分をヤスリで削っていこう
▲自作工具で髪の溝まで削り取る。髪パーツは女の子プラモでも特に目立つ部分なので慎重に
▲ちなみにフロスの柄の部分も利用して、細かな棒ヤスリとしても活用
▲ニル・エット流の細かな部分を削るための自作工具。フロスの弦部分に紙ヤスリを取り付けて細部まで削れるようにしている
▲加工と塗装により、パーティングライン、合わせ目が全く目立たない滑らかな髪になった
▲燕尾服の裏には押し出しピンの跡があるので、こちらも削るポイント。黒く塗った部分を平滑にして目立たなくさせた
▲「アンティークVer.」付属のデカール。一般発売アイテムでは新規となるカラーリングとスートのデザインだ
▲髪型はツインテール(左)とシニヨン(右)が付属。リボンのカラーを変えて好みでアレンジしてみよう
▲胴体タスキの塗り分け作業では、まずマスキングテープを細かくカットしたものを多数用意しておこう
▲はじめは黒を全体に塗装し、カットしたテープを貼り付けてマスキング

▲タスキの白を塗装したら、同じ工程で、背中のディテールを塗り分けていこう

▲背中のリボンパーツのメカディテールの彫り直しを行う。工作にはウェーブのキサゲナイフがオススメ

▲イラストにある袖のディテールを再現。イラストでは肌が見えるがキットで再現されていない部分を工作しよう
▲使用するのは1.0mmピンバイスとゴッドハンドスピンブレード
▲ピンバイスで大まかに穴を空けて、エッジをスピンブレ—ドで整える。ひし形のモールドに沿って丁寧に行おう
▲袖のディテールを加工した状態。これでパッケージイラスト通りにできた
▲今回の見映えをアップさせる工作でメイドロイドたちを可愛く仕上げてほしい

 こんにちはニル・エットです。2022年に発売された「メイドロイド・ミャオ アンティークVer.」を担当しました。ミャオのカラーバリエーションとなる「アンティークVer.」は通常カラーと変わらないものの、ボディパーツの成形色が違うものが2種類と新規デカールにより製作の幅が広がる内容となっています。とはいえ、まだ手を加える部分も多く存在します。そこでボクが普段使っている工具を紹介しながら製作の様子をご紹介していきます。
 燕尾服の裏側には押し出しピン跡(黒く塗った部分)が存在します。全体的にヤスリがけをしても良いのですが、曲面のポイントを狙うには爪楊枝の先端にゴッドハンドの神ヤスを取り付けたものがオススメです。
 髪のパーティングラインは女の子プラモデルの難所のひとつ。複雑な髪の形状に合わせてヤスリがけをしていくにはコツが必要です。フロスに紙ヤスリを取り付けたものを使えば、前髪の隙間や凹凸部分に沿ってヤスリがけできます。
 ギルティプリンセスは繊細なモールドのパーツが多く存在します。キサゲナイフで縁の部分をかるく掘っておくことでスミ入れがしやすくなりパーツの存在感が際立ちます。
 メイド服の袖部分にはひし形のディテールが存在します。パッケージイラストでは肌が見えるデザインなので加工をしていきます。ピンバイス1.0mmで中央に穴を開けたら、穴の縁をゴッドハンドスピンブレードで切り抜いていくとキレイに仕上がります。
 ボディパーツは一色成型となっていますが3色の塗り分けが必要となります。まずベースの黒を塗り、マスキングをして白、金といった具合に順番に色を塗りましょう。マスキングテープを細かくカットするのにはガラスカッターマットがオススメです。
 担当したギルティプリンセス作例もこのアンティークVer.で3つめ。以前はアレンジ作例だったので今回は基本に立ち返り工作を行うことができました。Tony先生のメイド部隊、キット化が決定したクオンも待ち遠しいです。

マックスファクトリー プラスチックキット “PLAMAX” GP-01 ギルティプリンセス

メイドロイド・ミャオ アンティークVer.

製作・文/ニル・エット

ⓒMAX FACTORY・Tony/Guilty Princess

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

ニル・エット

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2023年4月号

ご購入はこちら

Tony'sヒロインワークス ギルティプリンセス編

ご購入はこちら

Tony's ヒロインワークス「シャイニング」シリーズ編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー