• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 特報!「YF-19」がBANDAI SPIRITSから3段変形プラキットで発売決定! 一部ランナーも公開!【マクロスモデラーズ】特報!「YF-19」がBANDAI SPIRITSから3段変形プラキットで発売決定! 一部ランナーも公...特報!「YF-19」がBANDAI SPIRITSから3段変形プラキッ...

特報!「YF-19」がBANDAI SPIRITSから3段変形プラキットで発売決定! 一部ランナーも公開!【マクロスモデラーズ】

2022.09.25

YF-19【BANDAI SPIRITS 1/100】 月刊ホビージャパン2022年11月号(9月24日発売)

 特報  BANDAI SPIRITSより3段変形プラキット「YF-19」発売決定!

 2022年9月1日のライブ配信回「マクロスモデラーズ」番組内にて発表されたのでご存知の方も多いと思うが、この度BANDAI SPIRITS ホビーディビジョンから『マクロスプラス』より「YF-19」がプラキット化されることが決定した。本アイテムはマクロス40周年を記念した“新シリーズ”であるとのことで、すでに第2弾、3弾アイテムの検討も始まっているようだ。
 気になる仕様だが、最大の特徴は1/100スケールでファイター・ガウォーク・バトロイドの3形態を再現できる変形モデルであること。ファイター形態以外のYF-19のプラキット自体初であることもトピックのひとつだが、1/100スケールといえば、当時のバンダイホビー事業部(現BANDAI SPIRITS)にて『マクロスII』の「VF-2SS ネックスバルキリーII スーパーアームドパック」や『マクロス7』の「VF-19改 ファイヤーバルキリー」にて3段変形を実現していた。しかし、近年では『マクロスF』や『マクロスΔ』のように1/72での3段変形モデルが主流になっている。今回再び1/100スケールでシリーズ展開をすることにどのような意図があるのか気になるところだ。変形ギミックなどの詳細は今後の月刊ホビージャパンで引き続き追いかけていくとして、今回は到着したばかりのテストショットを一部だけご覧いただこう。

※画像は試作モデルです。実際の商品とは異なる可能性があります。

YF-19

●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●価格未定、発売時期未定●1/100●プラキット

開発用3Dデータ画像公開!!

▲こちらは開発用3Dデータ画像。各形態のフォルムが確認できる

2022年10月1日、2日開催の「第60回全日本模型ホビーショー」にて全貌公開!!

▲キャノピーやカメラバイザーはクリアーパーツを採用。ピンポイント・バリアパンチ用のエフェクトパーツが付属するのが嬉しいところ
▲コックピット内はタンデムシートが再現されており、イサムの腕と脚の一部が操縦席側に造形されているのが確認できる
▲頭部および機首のパーツ。額のセンサーや側頭部、機首のモールド部分が抜けになっており、別パーツで色分けが再現されるようだ
▲手前のパーツが額と側頭部の色分けパーツ。さらに機首側面や胸部、肩アーマーの赤ラインの色分けも再現されている
▲胴体上部パーツ。パネルライン、凹モールド、凸モールドがバランスよい密度感で配置されている
▲表情豊かなハンドパーツが付属するのも嬉しいポイント。ランディングギアが付属するので着陸状態も再現できそうだ

次期主力可変戦闘機開発計画とハードな三角関係

『マクロスプラス』は1994年から1995年にかけてリリースされたOVA作品(全4巻)で、1995年にはOVAを再編集し新作カットを追加した劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』が公開された。舞台は第一次星間大戦集結から30年後の2040年。惑星エデンで実施されている次期主力可変戦闘機開発計画にテストパイロットとして参加しているイサム・ダイソンとガルド・ゴア・ボーマンは、過去の因縁から共通の幼馴染であるミュン・ファン・ローンをめぐって対立する。そんな折、ミュンがプロデュースするバーチャルアイドル「シャロン・アップル」が暴走し、地球規模の大事件に発達していく。
 歴代『マクロス』シリーズの中でも大人っぽさのある三角関係と次世代機開発というメカ好きにはたまらないハードな要素が散りばめられた本作。超美麗映像による空戦バトルはもちろんのこと、有人可変戦闘機と人口知能の無人戦闘機「ゴースト」のバトルは、遠くない未来に起こりうる現実味を感じさせるところも本作の魅力である。
 2022年10月3日より、Amazon Prime Videoの「アニメタイムズ」にて『マクロスプラス』が視聴可能になるので、まだご覧になっていない方はぜひ!

YF-19

▲統合宇宙軍の次期主力可変戦闘機開発計画「プロジェクト・スーパーノヴァ」において新星インダストリー社が提示した試作機。当時の主力可変戦闘機VF-11をはるかに凌ぐ性能を持ち、極所的に耐弾性を向上させるピンポイント・バリアシステムが搭載されている

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©1994,1995 BIGWEST

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年11月号

ご購入はこちら

ホビージャパン ヴィンテージ Vol.7

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.23

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー