• HOME
  • 記事
  • キャラクターモデル
  • 『境界戦機』よりHGブレイディフォックスを無人機特有の不気味さを加えて再現『境界戦機』よりHGブレイディフォックスを無人機特有の不気味さを加えて再現『境界戦機』よりHGブレイディフォックスを無人機特有...

『境界戦機』よりHGブレイディフォックスを無人機特有の不気味さを加えて再現

2022.06.30

NA13 ブレイディフォックス【BANDAI SPIRITS 1/72】 月刊ホビージャパン2022年8月号(6月24日発売)

北米同盟軍最新鋭機を無機質な不気味さを加えて仕上げる

 軍事用自律思考型AIを搭載した北米同盟軍の新型主力AMAIM「NA13 ブレイディフォックス」がHGキット化。頭部や胸部、前腕部形状と武装を新規型で再現している。豆タンクによるキットレビュー作例は、特徴的な武装のレーザー砲に発光ギミックを追加。上半身のシルバー部分には航空機の金属地を意識したメタリック塗装、全体的には戦闘による汚れ表現を施している。

▲頭部はブレイディハウンドのシャッター開閉式から、開閉ギミックがない大型の複合センサー状になっている。胸部装甲は鋭利な形状になり、前腕には機関砲が追加されている
▲両肩のインテークやスラスターは外装の縁に面取りを追加して薄く見えるようにしている。また、パーツごとの段差がなくなるように組み合わせてから表面処理を行った
▲背面中央のスラスターはプラ板で波形状を追加して左右と合わせている。スリット部はプラ板でダクトフィン形状に変更した
▲腕部機関砲は砲口を開口。装甲末端は薄肉加工し、整面とエッジ出しを行っている
▲上腕は両サイドにパネルラインを追加し、別の装甲に見えるようにしている
▲腕部フレームの丸凸モールドはパーティングライン処理のために、いったん削り落として市販パーツに変更した
▲太モモ装甲はエッジ出しと整面を行い、面が広めなので、上半身のディテールとのバランスを考えてスジ彫りでパネルラインを追加した
▲ヒザパーツはややゴテゴテしている印象なので、上半身のスマートな雰囲気に合わせてプラ板を貼ってスッキリさせている
▲キットは頭部パーツの交換で無人機⇔有人機を再現できる
▲武装はレーザー砲と大型シールドを装備

▲レーザー砲のグリップガードのヒンジはプラ板でひとまわり大型化し、グリップガードは縁を薄く削り込んだ。シールドのグリップは肉抜きをプラ板でふさぎディテールを追加

▲キット素組み(左)との比較。上半身は航空機の金属地のようなメタリック塗装を施して重厚感を出している。全体的には軽めのウェザリングを加えて、敵の攻撃で汚れはするものの、ダメージはなく突き進んでくる無人機の不気味さを演出した

▲レーザー砲による高い攻撃力とジョウガンの狙撃にも耐えられる高い防御力を持つ大型シールドを装備したブレイディフォックス。重量が増したぶんは、出力を向上させて機動力低下を補っている

▲圧倒的な弾速と攻撃力を持つレーザー砲。劇中のイメージを再現するためにミライトを仕込んで発光可能にしている

『境界戦機』よりHGブレイディフォックスを担当しました。第二部の序盤では他勢力を圧倒していましたが、その登場時のイメージで今回は汚しは控えめに製作しています。キットはHGブレイディハウンドの一部パーツ差し替えとなっており、特徴的なレーザー砲と大型シールドも劇中を再現できるよう可動が随所に入れられています。
 キットとしてはプロポーションは非常によく再現されているため、表面処理、エッジ出しを重点に製作しました。頭部は差し替えで有人、無人機それぞれ再現可能です。レンズ部はホイルシールとネイルのストーンを使用して発光状態としています。有人機の頭頂センサー部も同様にホイルシールを使用しました。
 航空機のような肩部分は翼部分の末端を薄く加工してエッジを出しました。またインテークやアウトレットの開口部周辺も面取りで末端が薄くなるよう処理しています。背中のスラスターは内部に両肩のスラスターと同じようなディテールを追加しています。太モモの装甲はアクセントとしてスジ彫りを追加しました。ヒザのパーツは少し厳つく感じたのでプラ板でディテールを変更しています。靴裏やヒザ関節には肉抜きがありますが、ほとんど目立たないのでディテールとしてそのままにしました。
 レーザー砲はキットのままですが、劇中のイメージを再現するため、砲口を開口してクリアーパーツ化。内部にLEDを仕込んでいます。センサー部はホイルシールにクリアー処理をしています。シールドはモナカ構造で合わせ目はディテールになっていますが、繋がらない箇所もあるため、埋めて新たにスジ彫りを追加しました。また持ち手との連結部の肉抜きは若干目立つため、プラ板で埋めています。
 カラーリングは頭から肩の翼にかけては金属感を出すためメタリックカラーのチタンを選択。白とバイオレットの部位は設定通りの配色ですが、黒ベースでメタリックカラーとの違和感が出ないようにしてみました。メタリック部分のみ半ツヤ、ほかはツヤ消し仕上げです。登場時の雰囲気でダメージ再現はなし、若干の使用感のみを出すため、Mr.ウェザリングカラーのシェードブルーでウォッシングし、ブラウン、グレーで軽めのチッピングを行っています。

BANDAI SPIRITS 1/72スケール プラスチックキット“ハイグレード”

NA13 ブレイディフォックス

製作・文/豆タンク

HG 1/72 ブレイディフォックス
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●2750円、発売中●1/72、約14cm●プラキット

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©2021 SUNRISE BEYOND INC.

豆タンク(マメタンク)

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年8月号

ご購入はこちら

作りたくなる!境界戦機プラモデル製作指南書

ご購入はこちら

月刊ホビージャパン2021年12月号

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー