• HOME
  • 記事
  • その他
  • 【コモリプロジェクト】進化と深化は止まらない。『ウルトラモデリングワールド』続報【コモリプロジェクト】進化と深化は止まらない。『ウルトラモデリングワールド』続報【コモリプロジェクト】進化と深化は止まらない。『ウ...

【コモリプロジェクト】進化と深化は止まらない。『ウルトラモデリングワールド』続報

2021.12.21

コモリプロジェクト 月刊ホビージャパン2022年1月号(11月25日発売)

小森陽一
書籍、特写
▲左/小森陽一VOLKS Jr. ウルトラワールドの世界展図録  上/ウルトラワールドコレクション
 講談社合成特撮写真/山口大輔(モデリング部)

 2017年にホビージャパンから出版した「ウルトラモデリングワールド」。怪獣ガレージキットと実景を組み合わせた豪華な写真集は、多くの皆さんに驚きと共感を以て迎えていただきました。地下深く、マグマライザーが出くわしたのは地底怪獣パゴス。冷凍怪獣ペギラと対峙するウルトラマンの勇姿。怪獣酋長ジェロニモンが復活させたのはレッドキングとゴモラ。オールドファンはそこに、番組の枠を超えて展開する小松崎茂や南村喬之、梶田達二の筆による大スペクタクルを見出し、ニュージェネレーションは昭和の空気感と現代の技術で展開する破天荒なエネルギーを感じたと言います。いただいたひとつひとつの感想は今も色褪せることなく創作の大切な糧となっています。
 昨今、合成で愉しむ特撮世界はSNSの一端に定着し、ますます勢いを加速して広がり続けていると感じます。また、世界を席巻しているNFTアートの出現により、自由な空想世界は新たな付加価値となってその翼を大きく広げています。実際、僕の元にも連日のように海外から合成画像を求める声が届いています。
 「言葉や文化は違えど、カッコいいものはカッコイイ」
 だってタッコングやワイアール星人のことなんかおそらく知らないであろう海外の方が、合成作品を見て「アメージング!」って言ってくるんですよ。怪獣の魅力に壁は無し。
 これってほんとに面白いし素晴らしいことだと思います。
 さて、モデリング部です。もちろん我々も止まってはいません。進化と深化を続けながら、さらなるステージの実現に向けてひた走っています。合成師の山口さんはますます腕を磨いています。存分に持ち味を生かし、ユニークで独創的な作品を次々に生み出しています。対象となる怪獣もいつしかウルトラの枠に拘らなくなりました。『ゴジラ』シリーズや『ガメラ』シリーズ、『キャプテンウルトラ』から『スペクトルマン』、ついには横山先生の『マシーネン』まで! 実に多種多様な作品にスポットを当てています。使用する素材もガレージキットのみならず、ソフビからプラモデル、市販のトイまでどんなものでもオッケーです。以前とは格段に世界が広がりました。その一端は僕のインスタでも紹介していますので時間がある時にぜひ覗いてみてください。
 さぁ、次に出す本はタイトルからウルトラが外れることでしょう。その代わりに真の意味での「モデリングワールド」が展開すると思います。

コモリロゴ

文/小森陽一
構成・写真/土井眞一

この記事が気に入ったらシェアしてください!

©円谷プロ ©KADOKAWA NHFN/1996 TM & © TOHO CO.,LTD.

小森陽一(コモリヨウイチ)

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年1月号

ご購入はこちら

ウルトラモデリングワールド

ご購入はこちら

アレイド ウルトラ怪獣ガレージキット製作記 原型師が教える怪獣ガレージキットの作り方

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー