• HOME
  • 記事
  • ガンダム
  • 【第24回オラザク選手権】SDガンダム部門受賞作品を公開!【第24回オラザク選手権】SDガンダム部門受賞作品を公開!【第24回オラザク選手権】SDガンダム部門受賞作品を公...

【第24回オラザク選手権】SDガンダム部門受賞作品を公開!

2021.12.06

第24回オㇻザク選手権大会 SDガンダム部門 月刊ホビージャパン2022年1月号(11月25日発売)

古鬼龍ターンX

[SDガンダム部門]

古鬼龍ターンX

ズンダレ(福岡県・45)

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット ターンX他 使用

 “ガンドランダー世界のターンX”をコンセプトに製作された非常にハイレベルな作品。デザインの秀逸さや、古生物をモチーフにしたメカに分離するという魅力的なギミック等からも、作者のSDに対する愛が感じられました。

■オリジナリティ、工作、塗装技術、どれも高いレベルでまとめられています。(木村)
■デザインセンスが最高です。キャラクター性がすごく良く出ていてカッコイイです。(サンライズ)
■背面から見たときのインパクトがスゴイ! イカツイながらもSDらしいカワイイ雰囲気もあって好きです。(セイラ)
■とにかくカッコイイです! SD の合体変形の解釈がツボでした。(パンダ)

古鬼龍ターンX外装
古鬼龍ターンX 武器構え
古鬼龍ターンX 後ろ
古鬼龍ターンX 恐竜
古鬼龍ターンX 頭部、三葉虫
古鬼龍ターンX 構え

受賞コメント/ズンダレ

 この度はSDガンダム部門で金賞をいただき、ありがとうございます。SD好きなら誰もが夢想するオリジナルSDで賞をいただけるとは…これ以上の喜びはありません。
 ガンドランダー世界のターンXで、古生物を多数取り込み異形と化している。という設定で製作しました。ガンドランダー特有の角や骨の意匠に古生物の化石のイメージをプラスしています。目を惹くためのポイントとして右腕をかなり大きく作り、それを成立させるためにそれ以外の大きさや構造を決めていきました。主人公側の究極兵器、鬼龍破砕砲(レックスバスター)にちなんで、それに倒されるべき存在として、古鬼龍(エンシェントレックス)ターンXと名付けました。
 過去に変形に挑戦したので、今回はターンXトップ、恐竜、三葉虫、両生類の4体が合体! に挑戦しました。合体後が主人公側のドラゴンフュージョンに当たる形態です。SDらしいギミックにできたかと思います。シド・ミード版ターンXが好きすぎるので、ガンドランダーと古生物以外の部分はそのままのターンXの形状、構造になっていたりします。SDターンX、キット化待ってます。本体色には骨のイメージのアイボリーと偏光パールの美しさが同時に出せるMr.カラーのキトンブルーパールを使用しました。本体と角などはガンドラ的には別の色がそれらしいですが、化石は一色ですし、スペシャルな感じが欲しかったので単色になりました。
 今まではイラスト再現などで応募していたので、オリジナル要素を多く入れることには不安がありました。ですが前年度SDガンダム部門金賞の作品を始め、多くのオリジナルSD作品にSDスピリットをいただきまして完成にこぎつけました。この場を借りまして、皆様ありがとうございます! これを読んでくださっている構想&妄想はあるけどまだ作ったことがない方々、とても楽しいので(そして私が見たいので)作りましょう、オリジナルSD!

受賞作品を動画でも!

SDウイングガンダム

[SDガンダム部門]

SDウイングガンダム

Eli(台北・34)

BANDAI SPIRITS 1/144スケール プラスチックキット “リアルグレード”ウイングガンダムゼロ他 使用

 幼い頃に最初に見たガンダム作品が『新機動戦記ガンダムW』でした。RGとMGのパーツを使用して、SDウイングガンダムを再解釈して製作してみました。

SDウイングガンダム飛行
SDウイングガンダム 後ろ

■リアル頭身キットを縮める手法の作品の中ではピカイチ。清潔感のある仕上がりもGOODです。(木村)
■全体のレベルがとても高く、デカールワークや武装もおしゃれでカッコイイです。(パンダ)
■すさまじい工作精度、彩色、パーフェクト!! (MAX)

武者全装甲頑駄無

[SDガンダム部門]

武者全装甲頑駄無

DKしろがね(群馬県・44)

BANDAI SPIRITS プラスチックキット“ LEGENDBB”武者號斗丸他 使用

 武者七人衆シリーズが発売された当時に考えていた、フルアーマーガンダムの武者化を、当時発売されていたなかったガンプラのギミックやパーツ類を取り入れて製作しました。

武者全装甲頑駄無1
武者全装甲頑駄無2

■コンセプト、仕上げ、作品への愛! これはスゴイ物を見ました!(セイラ)
■尋常でない作業量を要求されるモチーフに対して最後まで愛を失うことなくハイレベルな作品に仕上げていることに驚くばかり。(関田)

この記事が気に入ったらシェアしてください!

ⓒ創通・サンライズ

関連記事

関連書籍

月刊ホビージャパン2022年1月号

ご購入はこちら

ガンプラ凄技テクニック 機動模型超級技術指南

ご購入はこちら

ガンダムフォワードVol.6

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー