HOME記事ガンダム「RGフォースインパルスガンダムSpecII」頭部サイズを調整し、劇中で装備したレールガンをスクラッチで再現!【ガンダムSEED FREEDOM】

「RGフォースインパルスガンダムSpecII」頭部サイズを調整し、劇中で装備したレールガンをスクラッチで再現!【ガンダムSEED FREEDOM】

2024.07.11

ZGMF-56E2/α フォースインパルスガンダム SpecII【BANDAI SPIRITS 1/144】 月刊ホビージャパン2024年8月号(6月25日発売)

キット未付属武装をスクラッチで再現

 核ミサイル爆発の衝撃でダメージを負ったゲルググメナースに代わり、ルナマリア・ホークが搭乗した「フォースインパルスガンダムSpecII」がRGキットとして発売。ややトーンダウンした機体カラーを成型色で再現し、新規のリアリスティックデカールが付属する。本機の製作はベテランモデラーのJUNIIIが担当。劇中クライマックスでブラックナイトスコードのフェムテク装甲に対抗すべく装備された「試製35式改レールガン」をスクラッチで追加製作している。

RG フォースインパルスガンダム SpecII
●発売元/BANDAI SPIRITS ホビーディビジョン クリエイション部●3410円、発売中●1/144、約13cm●プラキット

▲基本形状はZGMF-X56S インパルスガンダムから変わらないが、バッテリーを最新型に換装し、VPS装甲起動時にかかる電圧が変化したことで機体カラーが全体的にトーンダウンしている。作例ではキットに付属しないレールガンをプラ板ベースのスクラッチで再現した
▲頭部はアンテナ先端を若干削り込んでシャープ化。頬当てのダクトはタガネで丁寧に彫り直している

▲頭頂カメラ部はやや縦長に感じたので、赤く塗った箇所を削り込んでボリュームを抑えた

▲胴体は肩の可動フレームに肉抜きがあるので、瞬間接着パテで埋めている
▲腰サイドアーマーはフォールディングレイザー収納庫横の隙間に台形に切り出したプラ板を貼り付けて埋め、リアアーマーは下部ラインに沿った肉抜きを瞬間接着パテで埋めた

▲フォースシルエットを装備していない状態

▲右前腕のマウントラッチは使用しないので、キットのランナーを切り出したものにコトブキヤM.S.G「マイナスモールドII」を貼ったものでフタパーツを製作。そのままではややタイトだったので、若干周囲を削り込んだ
▲アンクルアーマーは後ろ側の内側に肉抜きがあるのでエポパテで埋めて整形
▲足首はアンクルアーマー接続パーツで若干左右のスイング可動が制限されてしまうので、軸受けと裾が干渉する部分を削り込んで可動範囲を広げている

ⓒ創通・サンライズ

1 2
このイベントが気に入ったらシェアしてください!

JUNIII(ジュンゾウ)

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年8月号

ご購入はこちら

ガンダムフォワードアーカイブ 機動戦士ガンダムSEED編

ご購入はこちら

ガンプラカタログ2024 MG&FULL MECHANICS編

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー