HOME記事ガールズプラモ立体感を重視した塗装!「ルミティア」の翼や衣装をディテールアップ、プラ棒を使用したヘアアレンジにも注目【アルカナディア】

立体感を重視した塗装!「ルミティア」の翼や衣装をディテールアップ、プラ棒を使用したヘアアレンジにも注目【アルカナディア】

2024.02.07

ガールズプラモスタイル #01(11月30日発売)

立体感を重視した塗装で翼や衣装をディテールアップ

ルミティアのメイン画像

 ファンタジーチックなビジュアルにSF設定を盛り込んだコトブキヤのガールズプラモシリーズ『アルカナディア』。

 ここでは第1弾のルミティアを形状はそのままに、専用クリアーパーツを用いつつディテールアップした作例をご紹介します。衣装や翼のパール感をより強調した塗装に加え、髪パーツを追加するなど見映えに注力するテクニックを詰めたものに仕上がりました。

ルミティアの画像
▲ キャラクターデザインにはゲームやVtuberで幅広く活躍するイラストレーターのnecömi氏が担当

アルカナディア ルミティア

●発売元/コトブキヤ●6930円、発売中●約17cm●プラキット


ルミティアの正面全身画像
▲ コトブキヤショップ購入特典として配布されたクリアーオレンジのパーツを使用した
ルミティアの背面全身画像
▲ ウィライズモード時の特徴である大きな翼。少ないパーツ数で組み立てられフレキシブルに可動する
ルミティアの正面アップの画像
▲ 白部分ライトグレーのシャドウに合わせ、強調した肌色を出すためにピンクサフから立ち上げを行っている
ルミティアの腰部のパーツの画像
▲ 腰部パーツD1、D7は合わせ目を消し、塗装後に上から取り付けができるよう後ハメ加工を施した。赤くマークした部分をカットすることにより後ハメ可能となる
ルミティアの脚部の画像
▲ ウィライズモードの脚部、太もものF19 レース部分の合わせ目を消すために赤くマークした部分をコの字にカット。塗装後に黒いパーツL3、L4を前方から差し込めるよう後ハメ加工を施した
剣を持っているルミティアの右手の画像
▲ 剣に見られる金色はチタンゴールドで寒色系の金色にして全体の雰囲気と合わせた
ルミティアの翼の画像
▲ 4段に見える翼は一体成型され、前後の2パーツで組み上がるので羽の分け目ごとにマスキングが必要
未武装のルミティアの画像
▲ 装備を変更して武装を外した状態を楽しめるのもアルカナディアシリーズのポイント
ルミティアのヒップの画像
▲ スカートの二重構造で内部のクリアーブルーはそのまま。インナーの金色は塗装済みパーツ。ここでは他に合わせチタンゴールド塗装
ルミティアのバストアップ画像
▲ ひと目ではわからないほど自然に毛束の節を追加。前と横にプラ棒で取り付けている

女の子プラモ専門誌刊行!
 私が2015年にホビージャパンエクストラにてFAガール轟雷の作例を製作させていただいてから8年、ガールズプラモというジャンルが浸透し専門誌が出るまでに大きくなりました。今回のルミティア、プライベートではなかなか製作できませんでしたので念願叶いました。ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

製作
 合わせ目消し中心のストレート組みを行っていますがアレンジとしてプラ素材による髪の追加にトライしています。パッケージを参考に0.5mm幅極細プラ棒を使用し顔まわりに4本髪の毛を追加。眉間近くに1本入れただけでかなり印象が変わります。

 サイド部分はゆるくウェーブした感じが理想で、クセをつけてみたのですが…戻ってしまいますね。エアブラシ塗装中も風圧で折れるのでは、と緊張していました。腰部は後ハメ加工していますが、やらずに組んで合わせ目を消し、黒インナー部分をマスキングして塗装でもよかったのかなと思います。

 ウィライズモードの太ももはレース部分の合わせ目消し→塗装→後ハメ効果により最後の組立てまで楽に作業ができました。ヒザの黒い三角部分は後ハメ加工はせず、塗装は筆塗りにて対応。エングレービングを跨いで合わせ目がありますので接着剤の塗布しすぎにご注意です。

塗装
 肌は影色となるピンクサフを完全発色させると少々キツい陰影になると感じ、吹きつけを控えめにして色味調整。混色したフレッシュ塗装後、ムーンストーンパール→フラットクリアープレミアムにて仕上げています。

 その他白部分の塗装手順は翼と同じ、黒部分はダークアイアン、首元リボンは筆塗り対応。金色はシャンパンゴールド、細部はエナメル塗料のチタンゴールドを筆塗りです。

天使型ディアーズ完成
 コトブキヤショップ購入特典の特別カラーランナーを入手できたのでこの機会に使用しました。轟雷製作時からずっと追っておりますが、参入メーカーも増えて可動構造、衣装や装備の再現度、顔も表情を含めますます可愛くなっています。

 アルカナディアは4人目のエレーナが控えております。この先ガールズプラモがどのように進化して、また新たなキャラクターが登場してくるのか楽しみにしております。

ルミティアの正面全身画像

コトブキヤ ノンスケールプラスチックキット “アルカナディア”

ルミティア

製作・文/吉村晃範(JUNE ART PLANNING)

アルカナディア ルミティア

●発売元/コトブキヤ●6930円、発売中●約17cm●プラキット

ガールズプラモスタイル#01
2,420円(税込)

掲載号のご購入はこちら


▲ 「ガールズプラモスタイル #01 特集:メガミデバイスの7年」の情報はこちらをチェック!
▲ 特設ページはこちらをクリック

Ⓒ KOTOBUKIYA

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

吉村 晃範(ヨシムラアキノリ)

オススメの書籍

ガールズプラモスタイル #01

ご購入はこちら

ホビージャパンエクストラ vol.25

ご購入はこちら

プロモデラー直伝!美少女プラモ上達の近道

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー