HOME記事キャラクターモデルプラキット初の4段変形再現!「MODEROIDオーガス」をディテールアップ作例でキットレビュー!【超時空世紀オーガス】

プラキット初の4段変形再現!「MODEROIDオーガス」をディテールアップ作例でキットレビュー!【超時空世紀オーガス】

2024.02.08

オーガス【グッドスマイルカンパニー】 月刊ホビージャパン2024年3月号(1月25日発売)

オーガス イメージカット

驚異の4段変形キットをさらにディテールアップ

 2023年、TV放送40周年を迎えた「超時空」シリーズ第2弾『超時空世紀オーガス』より、主人公機オーガスが待望のMODEROID化。プラキットとしては初のフライヤー、ガウォーク、タンク、オーガロイドの4段変形を完全再現。差し替えパーツなしで4形態すべてにおいてベストプロポーションを実現した驚異のスーパーキットだ。作例は超良好なキットの素性をそのままに、変形機構により生じる隙間を解消。外装内部のチラ見えする隙間にもディテールを追加し、まさに隙のない仕上がりを目指している。

オーガス 正面
▲主人公・桂木 桂が「混乱時空」に持ち込んだ自由宇宙軍の戦闘ガウォーク、ブロンコIIとエマーンの重武装汎用機、モラーバーのジャンクパーツを組み合わせて作った戦闘用ドリファンド。人型形態のオーガロイドの他に、フライヤー、ガウォーク、タンクに変形し、さまざまな戦況に対応する

オーガロイド

オーガス 高機動戦闘形態
▲オーガスの高機動戦闘形態。右腕にミサイル・ガンを装備する。キットは握り拳と平手が付属し、さまざまなポージングに対応。完全変形機構を擁しつつもこれだけ派手なポージングを楽しめる
正面、背面1
正面、背面2
正面
側面
背面

▲オーガロイド形態の三面写真。オーガロイド形態でも完璧なプロポーションを実現している

フライヤー

高速巡航および航空戦闘形態 正面、背面
▲高速巡航および航空戦闘形態。キットではプロポーション優先用コクピットパーツを装着することで、より劇中に近い外観を再現可能

タンク

長距離高速巡航形態 正面、背面
▲地表付近における長距離高速巡航形態。ホバークラフト機能を搭載し、その速力はオーガロイドを上回る。哨戒活動時に有効な性能を発揮する

ガウォーク

オーガロイドとフライヤーの中間形態 正面、背面
▲オーガロイドとフライヤーの中間形態。混乱時空世界では使用頻度の高い形態といえる。運動性能は全形態のなかではもっとも優れている
高機動長距離ミサイルと推進ブースター アップ
▲高機動長距離ミサイルと推進ブースターは取り外し可能。推進ブースター先端のセンサーはクリアーグリーン成型となっている

【カラーリングデータ】

白部=C316番・ホワイトFS17875
黒部=C40番・ジャーマングレー+C2番・ブラック
赤部=UG04番・MSレッド→XC03番ルビーレッド
クリアー部=裏面にタミヤLP-48 スパークリングシルバー→表面にC46番・クリアー

ポージング画像1
頭部アップ
▲頭部はボールジョイントでフレキシブルに可動。メインカメラはクリアーグリーン成型で複雑に光を反射する
ふくらはぎのユニット アップ
▲タンク形態時に回転するふくらはぎのユニット内部にネオジム磁石を仕込み、非展開時にぐらつかないようにした
足裏アップ
▲メカニックデザイン・宮武一貴氏監修により細部のディテールもさらに進化。靴裏のディテールもMODEROIDシリーズならではの細かさ
腕部アップ
腕部パーツ
腕部パーツ 内部

▲ヒジは0.56mmのジュンフロン線を12本並べて瞬間接着剤で接着、S字に曲げてヒジ関節に差し込むことで、ヒジの動きに応じて前腕内部に滑り込むようにした。合わせて凹部にエバーグリーンのプラシート ドロップサイディング1.5mmピッチを貼り込みディテールを揃えている

ヒザ関節 アップ
太ももパーツ 内部

▲ヒザ関節は軸から放射状に、くるぶし関節は関節軸と同期する位置を設定して放射状に0.3mmプラ板を貼り込む。また、接続軸が見えやすいスネ正面は雄側に4mmプラパイプを被せで段差をなくし違和感を解消した

■桂木桂は特異点
 時空振動弾の暴走により時空は混乱し、世界は相剋界(そうこくかい)に包まれあらゆる多元世界の混じったパッチワークのような世界、「混乱時空」と化した。並行世界の人種が混在し、軌道エレベーターが存在する世界観はスタジオぬえ原作ならではでSF要素がてんこ盛りである。
 オーガスだが、桂木桂が所属していた自由宇宙軍での乗機 「AV-11D ブロンコ II」を改修する際、エマーンの標準的なドリファンド「モラーバー」の腕部を取り付け「オーガス」として再生した。慣性制御技術の応用もされ、フライヤー、ガウォーク、タンク、オーガロイドの4形態に変形可能。
 キットは一部差し替え箇所はあるものの4形態に変形する。肝となる胴体部分は「可動フレーム」と表現したくなる複雑な構造となっており、そのおかげで各形態に破綻なく変形できるのだ。各形態に対応するために各関節の可動範囲は広いのだが、脚部や腕部関節周辺に空間があり内側が丸見えなのはいささか寂しいので、ポイントを絞った改修を行う。

■腕部
 ヒジ関節の内側が丸見えで何とかしたいと考えあぐねていたのだが、きしめん状のケーブルを這わせたら上手くいくのでは? という妄想に基づき実験を重ね、結果0.56mmのジュンフロン線を12本並べて瞬間接着剤で接着し、S字に曲げてヒジ関節に差し込むことで前腕内部に滑り込むようにした。可動範囲を保ちつつ見映えも良くなった。それに伴い凹部にエバーグリーンのプラシート ドロップサイディング1.5mmピッチを貼り込みディテールの親和性を保つ。

■脚部
 スネ内部は空間があるぶん関節越しに内部がよく見えるので、内部壁面にディテールを追加する。ヒザ関節は軸から放射状に、くるぶし関節は関節軸と同期する位置を設定して、やはり放射状に0.3mmプラ板を縦に貼り込む。また、接続軸が見えやすいスネ正面では雄側に4mmプラパイプを被せることで段差をなくし違和感を解消。タンク形態時に回転するふくらはぎのユニット内部にネオジム磁石を仕込み、非展開時の安定を図った。

■塗装
 可変機構が肝なメカニックなので「茶」の部分専用のサーフェイサーを調色。ガイアノーツ サーフェイサーエヴォのオキサレッド+フレッシュにC43番・ウッドブラウンとC2番・ブラックを若干添加。これを主翼、関節、内部機構に使用し、それ以外の箇所にはガイアノーツのNAZCAメカサフ へヴィを使用した。
 塗り分けは極力マスキングで行い、エッジへの物理的チッピングとMr.ウェザリングカラー グランドブラウンによるスミ入れを施し完成させた。

グッドスマイルカンパニー ノンスケール プラスチックキット “MODEROID”

オーガス

製作・文/只野☆慶

MODEROID オーガス
●発売元/グッドスマイルカンパニー●7000円、1月予定●約16cm(オーガロイド時)●プラキット

ⓒ 1983 BIGWEST・TMS

このイベントが気に入ったらシェアしてください!

只野☆慶(タダノケイ)

オススメの書籍

月刊ホビージャパン2024年3月号

ご購入はこちら

ホビージャパン ヴィンテージ Vol.7

ご購入はこちら

MODEROID メカモデリングカンパニー

ご購入はこちら
PAGE TOP
メニュー